いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

tab

アローズ・タブ・ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム!!

先にメガネが折れた件を書いたが、正月からの不幸はまだ続く。
タブレットが死んだ(厳密には死亡診断を下した)。
前日まではちゃんと使えていたのに、朝電源を入れると、Xiロゴ→キャップ等をちゃんと閉じろ→電源落ちる→Xiロゴ→キャップ等ををちゃんと閉じろ→電源落ちるの無限ループに陥った。
電源が落ちたタイミングで充電しても、ちょっとするとまた上のループになってしまい、まともにできない状態だ。
電源と音量ボタンの−長押しで入るメニューから工場出荷状態に戻してみても同様だった。

BO5A5400

BO5A5403

そう、このタブレットが永遠に起動に到達することは決してない!!
終わりのないのが『終わり』 それがアローズ・タブ・ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム!!


調べてみると、どうもバッテリーがヘタってくると無限ループになるようだ。
富士通のホームページを見てみると、バッテリー交換は11000円よとなっているが、自慢じゃあないが私はドコモのユーザーではない。
修理に出したら、こういうのではお決まりの基盤交換となったりしたら、一体いくらになるのか想像がつかない。
自分でバッテリー交換をしようにも、情報が少ない上にそもそもバッテリー自体が売っていない。
お手上げである。


私の場合はカーナビとしても使っているので、ないと困る場合も想定される。
というわけで買っちゃうこととした。
買ったのはASUSのZen padの8インチのもの。
これの新しいやつがもう出ているので型遅れ品になるのだけども、カーナビと、レコーダーの番組を持ち出して見るくらいなので全く問題ない。


ただ、コピーガードが入っている番組を持ち出して見る場合、それに対応しているアプリが必要となる。
アローズにはプリインストールされていたので無料で使えたが、ASUSのこれには入っていないのでML Player DTVというアプリを買った(自慢じゃあないけども、お金を出してタブレットやスマホのアプリを買うのは初めてである)。
物によっては使えないなんてこともあるそうなので、とりあえず無料版で試しておいた方がいいかと思います。
https://www.alpha.co.jp/biz/products/dlna/mlplayer/dtv_android.shtml

アローズとZen padを使ってみて思ったのだけども、Zen padは今使っているZen fone5とアンドロイドのバージョンは違えど、メニューの作りがスマホと大体一緒なのでとても使いやすい。
ZenUI(ユーザーインターフェース)というやつだが、ほかと比べて絶対的に使いやすいかは分からないが、作りが共通していることがこんなにも楽なのだなと改めて思った。
アローズと比べると大きさや電池容量など見劣りするけども、そんなわけで、ASUSにしてよかったと思っている。
正月早々いろいろあるけども、このくらいにしてもらえると有り難いのだけどなあ。


余談だけども、ASUSのZen padやレノボのYOGA Tabletのように、付いている名前がなんとなくエキゾチックである。そこで私は考えた。
WABI(侘び)padとかSABI(寂び)padなんてどうだろうか。
寂びは錆びを連想させるからダメか。
でも私のイチオシはIKI(粋)padである。
どこかが製品化したら、命名料の振り込みお待ちしております。
イキすぎぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ナビの代わりにタブレットくっ付けたった

友達にタブレットを頂いた。
機種変更の際、下取りに出さずに取っておいてくれたのだ。
じゃあその分出すよということで、譲ってもらったものだ。
型遅れとはいえ、富士通はARROWSのタブレットである。
バッテリーは大容量だし、動作もサクサク動く。

IMG_6336

さすがの10インチオーバー。
ナビの代わりに鎮座するとけっこうデカイwwww


取り付けにはこちらを用い、空いている1DINサイズの所にくっ付けた。
タブレットはそれなりに重量があるので、ちゃんと付けた方が良いだろうと思ったからでもあるし、以前、オーディオデッキを交換した際に開きっぱなしだったというのもある(その時はタブレットを付ける考えは無かった)。
 


レビューではガタがあるなんて書いてあったがそんなことはなく、ガタつき防止用のテープも使わなかった。
タブレットを取り付けた状態で走ってみても何の問題もない。
ただ、ホルダーがオーディオデッキのボリュームのつまみ等を隠してしまい、操作しにくいのが難点だが、まあ、それは目を瞑ろう。


 結局ナビで一番困るのは、動作がモッサリするとか画面が小さいとかよりも、地図が古くなることである。
知っている土地なら問題ないが、知らない土地で山の中を走る羽目になるのは(ナビ上でね)ちょっと困る。
ましてや決まった時間までに到着しなければならないなんて状況だったら、焦ることこの上ない。
運転に支障をきたすようなストレスは事前にできるだけ排除しておいた方が良い。


ポータブルのナビも安くなったが、それでも地図の更新にはけっこうなお金がかかる(買ってから何年かは地図更新無料なんてのもあるが)。
そんなわけでタブレットに登場願った次第。
案内の方法は本チャンのナビの方が良いが、今まで使った限りではグーグルマップで問題ない(ヤフーの方が良いなんて話もあるので、今度試してみるつもり)。
それで不足を感じるようであれば、お金を出してアプリを買うつもりだが、恐らくそんなことにはならないだろう。
というわけで、流行りにのってタブレット持ちになった。
まあ、OSはAndroidだし、デッカイスマホには違いないわけだけども。


タブレットに差し込むSIMカードをどうしたかは、また後ほど報告致します。
というか、これを書いている時点でSIMカードは刺さってないのだけどもwww
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ