いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

違約金

格安スマホにしないのは違約金が高いからという読売新聞の社説は間違い

読売新聞の社説に、携帯大手3社は端末の過剰値引きをやめ、通信料を下げて家計負担を下げろ、違約金が高いから格安スマホへの転換が進まない、とあった。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161017-OYT1T50010.html

大間違いである。
格安スマホへの転換が進まない最大の理由は、今の携帯会社の方が安心だからである(高くないと思っている人と、電話をたくさん使う人は除く)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1503/30/news154.html

読売新聞は違約金が高いというが、大体1万円位であり、格安スマホに乗り換えれば(端末代を除けば)2,3ヶ月でペイできる。
というか、今の携帯会社の方が安心だというのだから、違約金を取ろうが取るまいが(法外な値段だったら話しは別だけども)結果はあまり変わらないだろう。
上に端末代を除くと書いたが、同じ回線を利用する会社(ドコモならドコモの。auならau。)にすれば端末を使いまわすこともできる。
どうしても違約金を払うのが嫌なのであれば、解約月に乗り換えれば良い。


また、通信料を下げて家計の負担を減らせとあるが、ちゃんと端末の料金を引いて家計の負担を下げているではないか。
総務省が文句を付けてどうなったか?
端末代だけ上がって(一応容量の大きい新しいプランはできたけども)家計の負担は逆に増えたではないか。
同じ端末を使い続けている人にとって不公平だというならば、端末を値引く等して機種変更を促せば良い(私のところには値引きのクーポンが届いた)。
それでもしないのであれば、それはもう放っておけばいいのではないだろか。


ちょっと前のように大手3社くらいしかなく、値段横並びの独占状態であったなら、是正措置を求めることは必要だろう。
しかし、今は乗り換えようと思ったらいくらでもある。
大手が格安スマホ各社に回線を開放した時点で、自分たちのビジネスモデルは変える気がないと思っているのだろうし、実際そうなのだろう。
だからもしもっとちゃんと説明せよというのならば、それは格安スマホ各社の方である。
いくら大手といえど、自分たちの顧客を手放すようなことはしたくあるまい。


仮に大手3社の値段が下がる時が来るならば、それは国が相当に圧力を掛けた場合か、予想以上に格安スマホへの転換が進み、尻に火がついたときではないだろうか。
高いと思うのであれば自ら調べ、さっさと乗り換えればいいだけのことである。
分からないことを分からないままにしておくとか、面倒くさいと思って放っておくならば搾取されるだけである。
悲しいかな、現代はそうなっている。

一応私の使っている楽天モバイルのバナーを貼っておくので、よろしければどうぞ。
回し者じゃないですよwwww
格安スマホは他にもいろいろあるので、自分の使用形態に合わせて調べてみて下さい。

auとソフトバンクの違約金なしの新プランが予想の斜め上だった件wwww

IMG_6795


auとソフトバンクが違約金なしの新プランを発表した。
ソフトバンクはソフトバンクが3年目(25ヶ月目)以降は違約金不要でいつでも解約できる「新しい2年契約プラン」を6月1日から開始する。
auは「カケホ」「スーパーカケホ」に月プラス300円で3年目以降の解約で違約金がかからないという。
http://japanese.engadget.com/2016/03/16/au-2-300-6/


おもしろいのは、ソフトバンクがいくらで新プランを打ち出してくるかは分からないものの、auの月300円をプラスするプランだと、2年8ヶ月で解約した場合、違約金の9500円より割高になってしまうことだ。


??
正直意味が分からない。
このプランにした直後に解約できるのであれば有用だが、そんな美味しい話はないだろう。
恐らくは、ある程度の期間は入っていないといけないのだろう。
新プランなんて耳触りの良いことを言っておいて、結局のところ違約金の分割払いである。


なんでこんなケチ臭くて詐欺みたいなことをするのだろう。
2年縛りはしないけど、違約金と遜色ない位のお金は取ります、では、何の解決にもなりゃしない。
アホか!!

2年縛りの見直しで携帯料金は安くなるのか??

SIMロック解除でスマホの料金は安くなるのか?なんてことを書いてしまった手前、料金体系の推移は今後も追って行きたいと思う。



昨日の読売新聞に、2年縛りの見直しが急務だという社説が載った。

2年縛りとは、大手の携帯電話会社が、2年以上契約を結ぶことで毎月の使用料金を割り引くというものだ。

読売新聞によれば、2年縛りによる囲い込みで格安スマホへの移行が進まず、結果として高い高いと言われている携帯料金が下がらないというものだ。



確かに2年縛を違約金無しで解約できるのは解約月の1ヶ月間だけであり、それを過ぎれば何の通告も無しに自動更新されてしまう。

確かに通告無しの更新はフェアじゃないと思うが、その分毎月の料金を割り引いているのだし(実質的にそれしか選びようが無いとしても)、会社としても長期で顧客を囲っておきたいというのも分かる(やり方がえげつなくてセンスが感じられないとしても)。

これがあるから他社への移行が進まないというが、一時的なものとは言え、違約金を負担するよ、という格安スマホの会社があったことも知っている。

私の使っている楽天モバイルは、現在はポイントで返しているようだ。


それに、端末代を除けば(SIMロックが解除されれば、今使っているスマホのSIMカードだけ付け替えて使うことも可能)、23ヶ月も使えば違約金分浮く計算となる(私個人として、大手と楽天モバイルとの比較で月々6000円くらい違ったので)。

それを考えると、果たして本当に格安スマホへの移行を躊躇させているのは2年縛りによる違約金なのだろうか?



●他社への移行を踏みとどまらせているのは手間の本体代?



私は、他社への移行を踏みとどまらせているのは、結局のところ手続きの手間とスマホ本体代ではないかと考えてる。

手間については、今どき携帯ショップは年中やっているのが、休日に出かけて手続きをというとやはり手間である。

また、お目当ての格安スマホをどこで取り扱っているのか、いわゆるリアル店舗が分かりにくい。

都会ならばいいのかもしれないが、否かであれば尚更である。

ちなみに私は、楽天モバイルがサービスを始めてすぐだったので、本体と一緒だと時間が掛かったので、本体だけを先に別の所で頼んでおき、後の手続きは電話で行った。

ことの顛末はこちら


上記の事を書いた時には料金がどう乗ってくるか分からなかったので載せていないが、ナンバーポータビリティの手続きが1日だか2日で完了しないと(解約手続きはすぐにできても、楽天モバイル側の契約手続きにちょっと時間がかかった)、2年縛りの割引無しの料金が上乗せされるのでご注意を(私はそれを食らった)。

私の場合は解約月だったので違約金は無かったが、違約金と通話料等を取られたら目も当てられない。

なので、契約手続きがその日のうちか翌日には終わることを確認してからの方がいいと思う(リアル店舗じゃないとできないかもしれないが)




もう一つの要因はスマホ本体の料金である。

毎月の料金を高く感じている人が、大手で扱っているようなスマホを一括で払えるとは思えない(iPhoneとか10万円近い)。

もちろんSIMロックを解除して今のものをそのまま使うこともできるが、バッテリーはヘタっているだろうし、なにより新しい機種が出ている。

果たしてその誘惑に勝てるだろうか。

スマホなんてなんでもいいやという御仁は、中古やそれこそ格安スマホという選択肢がある。




●そもそも大手の
MVNO(仮想移動体通信事業者)大手を競争させるのが間違い


私はそもそも大手
3社の間で競争がないのが間違いだと思う。

料金を見てみても、まるで談合でもやってるんじゃないかと思うばかりに3社横並びである。

それでは下がりようが無い。

また、あまりにも格安スマホに移行されてしまっては、それはそれで問題だろう。

なぜなら、格安スマホの格安たる所以は通信網を敷設する必要がないからであり、皆が大手から離れてしまえば通信インフラの整備が進まないことになってしまう。

それに、あまりに通信が集中してしまえば落ちることもあり得るだろう。

通常時でそうなってしまえば、災害時にはもう全く使えないということもあり得る。




正直大手
3社がちゃんと競争をしていれば格安スマホなんていらないのではないだろうか。

料金は安ければ良いわけではない。

適正であることが重要である。

まずはどこからどこまでが本体代なのか通信料かよく分からない料金体系を改め、大手3社の競争を促すことが必要だと思う。

 

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ