メンディングテープをご存知だろうか。
テープ自体はセロハンテープのように透明ではなく白濁しており、貼ると目立たなくなり、その上に字が書ける。


あまり使う機会は多くないとは言え、愛用しているのがメインディングテープのハンドカッターである。
銃のような形をしていて、引き金を引くと一定の長さ(13mm)テープが出てくる。
そして上部のつまみを手前に引くと、テープをカットできる。



テープの長さを一定にできることと、片手で引き出しからカットまで可能なので非常に便利だ。
また、よくあるセロハンテープのテープ台にについているカッターのように、端がギザギザになることがない。
見た目がきれいなだけでなく、はがれにくくなる。

こんなに便利で気に入っているのにもかかわらず、製造中止のようだ。
詰め替え用のテープも店頭では見たことがない(今持っているものは何かのついでに通販で買った)。
どこかにはあるかも知れないが、もうネットでも買えないようだ。
これも品切れ。



ニチバンさん、復活できませんかねえ。

仕方がないので、今店頭で買えるものを試してみた。
こういう、別のものに使う替えテープね。




テープ幅は同じだが、芯の部分が少し厚いようだ。
1mmくらい削ればちゃんとはまりそうだ。
ベルトサンダーでもあればちょっと削るのだけれど。
紙やすりで、手動で削るのはめんどい。
ちなみに、ベルトサンダーってこれです(笑)



上蓋が完全にははまらず、テープをカットするたびに少し浮く。
なので、自分のテープで先っちょを止めてみた。
 

IMG_8565

















どこかに無理がかかっているような手応えがないでもないけれど、使えるじゃん(笑)
これで当分は安泰だ!!



↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」