いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

自民党

政治的中立をいうのは簡単だが、現実には非常に困難なことである

自民党が「子どもたちを戦場に送るな」と、中立を逸脱する教育をしている教師を通報するよう入力フォームを作成していたことが話題になっている。
その後「安保法案を廃止にすべき」と、文面を変更したことも姑息だと話題だ。
http://lite-ra.com/2016/07/post-2403.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss


確かに「子どもたちを戦場に送るな」や「安保法案を廃止にすべき」は中立とはいえないだろう。
しかし、その逆(子どもたちを戦場に送ること、安保法案に賛成)も中立とはいえない。
反対意見だけを取り上げて中立ではないと安易に断ずることは、明らかに自民党の望むことから逸脱する教育していることを問題とし、そうした教師を密告せよとしているようにしか見えないし、事実そうなのだろう。
このことから、自民党もけっこう焦っている(単に頭が悪いだけなのかもしれないが)のではないかと思うが、それは今回の主題ではない。
いかに政治的中立を保つかということだ。


●物事に対して中立を保つには

政治的にせよその他の物事に対して中立を保つには、結局のところ両方かつ、その間にある様々な意見を知った上で自分で考えなければならない。
子どもたち戦場に送る云々に対しては、送るなという意見、送れという意見、その考えに至る背景、歴史的な側面等様々な意見を考慮した上でなければなされない。
それは簡単な道ではないし、恐らく正解は数数多存在することだろう。
ということは、中立とはけっこうあいまいだともいえる。


そういう過程をすっ飛ばしてある一方の意見を取り上げて中立でないとする行為は、結局何も教えるなといっていることに等しい(今回の件は積極的に戦場に送れと教育しろという意味かもしれないが)。
清濁を併せ呑まない中立なんて、単なる事なかれ主義でしかないと私は思う。

日本はこれで民主主義を辞めました。安全保障関連法案が衆院本会議で可決、成立。

法案についての文句はコチラに書きましたので、よろしければご覧下さい。
http://yukyu.seesaa.net/article/422493361.html


19日未明、安全保障関連法案が衆院本会議で自民、公明党などの賛成多数で可決、成立した。
http://mainichi.jp/select/news/20150919k0000m010170000c.html

今国会で成立させる必要がないと考える人が68%にも及ぶ中、参院平和安全法制特別委員会で強行採決する等、いろいろとおかしかった。


http://www.asahi.com/articles/ASH9F659TH9FUZPS569.html


http://mainichi.jp/select/news/20150919k0000m010145000c.html


ツイッターでは、強行採決は民主主義において合法だという意見や、読売新聞社説では、審議が尽くされた法案を粛々と採決するのは、民主主義の基本原則に合致している、としている。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150917-OYT1T50110.html


しかし、審議は無駄に時間を費やしただけで議論が尽くされた感はない(更に時間を掛ければどんどんボロが失言が出てきたことだろう)。
また、強行採決は民主主義において合法という意見においても、それはあくまで採決の方法が合法なのであって、その前提となる審議が中途半端な状態での採決は、民主主義ではアウトだろう。
しかも、憲法違反とされているものをである。
つまり、日本は法治国家であることも、民主主義であることも辞めたと言っても過言ではない。
戦争ができる云々よりも、そっちの方の意味が大きいと私は考えている。


こちらのまとめがどの程度信用に足るものかは分からないが、「日本は民主主義国家だって?笑っちゃうね。」はまさしくその通りである。
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51902005.html


日本の中では大した変化は無いかもしれないが、これを外に向けて発信してしまった意味はとても大きいだろう。
法治国家であることも民主主義であることも辞めた日本は果たしてどこに向かうのだろうか。

自民党の憲法改正マンガ、「ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?」がいろいろとヒドイwwwww

先自民党の出した、改憲について分かりやすく書いたというマンガがいろいろとヒドイ。
憲法は戦後アメリカに押し付けられたものだとか、憲法が変わらなければ敗戦国のままだとか、現代にはそぐわないもので時代遅れであるとか、あくまで改憲ありきの視点で進む。
マンガはコチラにて入手かのう。
ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?(PDF)




確かに改憲はその時代時代で必要に応じてされるべきものだと私は思う。
だが、それは内容次第であり、権力を施行する側を助長するような方向への改憲は絶対にしてはならない。
マンガでは、憲法は国の在り方であると説く。
確かにそれは間違ってはいないが、憲法の目的、一番効力を発揮するのは、権力を縛ることにおいてである。
自民党の改憲案を見ると、明らかに権力の及ぶ範囲を拡大したいように読める。
現行憲法と自民党改正案との比較。





憲法改正というと憲法第九条が真っ先に挙がるが、それを視野に入れつつも、本当の狙いは人権の及ぶ範囲を縮小することではないだろうか。
恐らくそれは間違いではないのだろう。
マンガには、憲法は権力を縛る為にあるなんてことは一切書かれていない。




●徴兵について
現状、徴兵は憲法が定めるところによる、本人の望まない苦役に該当すると解釈されているためにその制度は無い。
今後憲法が改正されて徴兵制度が復活しても、兵役に召されることはないという考えがある。
曰く、昔ならばいざ知らず、現代の兵役は情報処理や銃火器の取り扱いについても高度な知識が要求されるため、素人を徴兵したところで足手まといになるからという。
確かにその通りだと思う。
だが、戦闘に参加するだけが戦争ではなく、膨大な裏方の作業がある。
戦時中は学校が軍需工場となり、皆が働かされた。
人手なんか猫の手も借りたいほどに必要となろう。
果たしてそれらを含めての徴兵や、それに準じた強制労働もないと言い切れるだろうか。




●国民投票を18才からにする狙い
私は、国民投票を18才以上からにする目的について分からないでいた。
正直子供は(大人だってそうだけども)選挙や憲法に興味はないだろうから、せいぜい投票率を下げるくらいだと思っていた。
が、このマンガで合点がいった。
中高での憲法教育なんて、せいぜいテストの穴埋め問題対策の暗記くらいであり、まともな教育なんてやらない。
そんな状態でこういうマンガを見せられたらどう思うだろうか。
現代に合わない、アメリカに押し付けられたもの、なんて考えて賛成票を投じるのではないだろうか。
たぶんほとんどの人は改憲案なんてじっくりと読まないだろうから、あっという間に人権なんてあってないものになってしまうだろう。
強制労働が可能な国になってしまうだろう。
それは実に恐ろしいことである。




今回のマンガで唯一得られる教訓は、皆でもっと考えろということだけである。
改憲は2年後を目処にとしているが、果たしてその時の世界情勢はどうなっているだろうか。
ただ一つ言えるのは、その時の投票は、いつもの選挙のように誰に入れても変わらない(本当はけっこう変わるけども)ものではなく、自分たちの普段の生活の根幹から変わるものとなろう。
平和だの平穏だの日常だのを維持するのって、けっこう大変なことなのだと思う。



非正規雇用の皆さん、あなた達には一生不安定で低賃金の生活を強いることに決定しました。by厚生労働省。

厚生労働省は、どんな仕事でも派遣労働者にずっと任せられるように労働派遣法を改正する方針を固めた。
現状これが可能なのは通訳や秘書など「専門26業務」に限られるが、その縛りが廃止され企業は働き手を変えれば長く派遣を使えるようになる。


また、人材派遣会社が派遣労働者を無期雇用している場合は、同じ人が3年を超えて働けるようにもするという。
ただ、派遣の8割が派遣会社と有期雇用契約であり、結局は最長3年で交代という状況はほとんどの人で変わらないことになる。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311280114.html


派遣の期間に3年という縛りがあるのは、基本的にはそれを超えた場合は正社員として雇用しないさいという意図の為である。
しかし、現実はそうしないように3年が来ればクビを切る。
この法案の次の段階では、最長3年で交代という縛りも取っ払うことだろう。
3年でクビ切りはなくなるかもしれないが、派遣は一生派遣、一生不安定な状況が続くことになる。
会社が正社員で雇用する意図がない限り、今でもその状況は変わらないのだけれども。


厚労省の調査では、2011年6月時点で派遣労働者は137万人。
労働者全体の1/3超えるに至っている。
しかも若年層で増加していることから、年寄りが若者を食い物にしている、という認識は正しいことになる。


にも関わらず、車離れだ酒離れだ結婚しないだと好き勝手なことをいっている。
趣味の多様化なんていってはいるが、本当の理由である余裕がないは決して口にしない。
今の段階でそうなっているのだから、これがさらに増大、続けば日本の内需は崩壊するだろう。
でも、派遣を使って金を貯めこんでいる人達にとってはそれで良いのである。
誰もこの国がこの先何百年も続くなんて考えてはいない。
自分の生きている間だけ好き勝手できれば、ツケは後の世代に回してやれば良いと考えている。


国破れて山河在り、は案外目前に迫っているのかもしれない・・・。
人を搾取することでしか成り立たない文明なんてさっさと滅びてしまった方が、文字通り世のため人のためなのかもしれないが・・・。

命など 陽と地と詩とで満たされるほどのものなのに、か。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ

ねじれ解消で今こそ労働者派遣法の改悪を急げ!!

こういうのを見てしまうと、自民党とそれに連なる経団連などの団体は本当に節操がなく下品だなと思う。
先の参議院選挙で自民党が圧勝しねじれが解消された。
それを好機とばかりに、労働者派遣法の改定をしようとしているのだ。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-05/2013080501_02_1.html


派遣適正化プランとは、実際は違う業務をしていても派遣期間の無い26業務と称して雇用し続けることをやめろと言うものである。
今までなあなあでやっていたものがきちんと区別されることで退職させられる事例もあるそうだが、本来はきちんと区別されるべきである。
そもそも派遣期間が過ぎたらクビにして良いというわけではなく、きちんと正社員として雇用しなさいというのが前提だ。
もうこれに文句を言う前提からして間違っているのだ。


日雇い派遣の原則禁止については、直接雇用の日雇いはOKだが、派遣はダメというものだ。
派遣では、30日以内の場合は日雇いとみなされる。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/haken-shoukai/kaisei/05.html


上記2件を撤廃する目的は明らかである。
なあなあで26業務のグレーゾーンで派遣として使い続けること。
不安定極まりない日雇いで使うことを是とすることだ。


「民間人材ビジネスの活用」、「雇用維持型から労働支援型への転換」耳障りの良い言葉が並んでいるが、結局やろうとしているのは人を使い捨てることであり、派遣業として賃金をピンはね、助成金をくすねるだけのことである。
なんかもう奴隷を連れてきて強制労働させるのとそんなに変わらなくなってきたように思える。
現状そこまでは行っていないけれど、やりたいのは結局それなのだろう。


人とはその欲の為にどこまで愚かで、汚らしく、下品になれるのだろうか・・・。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ