いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

自動車

軽自動車税の増額は、金持ちを優遇し低所得者からもっと金を搾り取ろうとしているだけ!

政府・与党は十一日、軽自動車を保有する人が毎年納める軽自動車税(年七千二百円)を二〇一六年度分の納税から現行の一・五倍の一万八百円に引き上げることで合意した。一方、企業や自営業者などが保有する営業用貨物車の軽自動車税(年三千円)の引き上げ幅は一・二五倍にとどめ、三千七百五十円にする。十二日にまとめる一四年度の税制改正大綱に盛り込む。


一方軽自動車取得税は、消費税が8%時で現行の3%→2%へ。
消費税が10%時にゼロとなる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013121102000231.html


●自動車取得税は既に賞味期限切れ

軽自動車取得税をなくしてやる代わりに軽自動車税を1.5倍にとは相当乱暴ではあるが、これは多分やりたくてウズウズしていたことだろうと思う。
それを消費税増税のタイミングに乗せてきたということだろう。
なぜなら、燃費の良い車が発売される昨今、国内で発売される80%近くが取得税や重量税が免税、もしくは減税の対象となっているからである。
消費者は取得税をなくしてやるなんて恩着せがましいことを言われる筋合いはなく、もう大体の場合においては払わなくて良い状態であるのだ。
また、減免の対象となっているのは燃費の良い車、つまり小型車や中型車が主であり、大型車や高性能車を買う層、つまりは高所得層の税金をなくしておいて低所得者から吸い上げるという、文字通りの弱いものイジメ構図なのだ。


本来であればこういう増税は無駄を削ってからやるべきである。
年度末の駆け込み工事、落札価格ギリギリで落札される工事等々、それこそ億単位で削れるだろう。
税源がないなんてもっともらしいことをいってはいるものの、本音は一度手にした既得権益を手放したくないだけのことである。
そりゃあこの世の春を一度味わってしまったら、それを手放したくないだろう。


●増税でCO2削減を

消費税の増税と軽自動車税の増税は、恐らく軽自動車の販売を落ち込ませる結果となるだろう。
だからといって軽自動車ユーザーが普通車へ移行するとは考えにくい。
そうなると、例えば家族一人一人が持っていたのを減らすとか、必須ではない人は完全に手放してしまったりするだろう。
それだけでもう車の所有台数は半分、3分の1である。


車から排出されるCO2は全体の約20%にあたる。
そのうち自家用車が占める割合は約50%となる。
仮に所有台数が半分になれば、全排出量の5%が減ることになる(もちろん一台当たりの稼働時間が増えたり、減るのが軽自動車だからそう簡単にはいかないけれども)。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/environment/sosei_environment_tk_000007.html

日本がCOP19で掲げた3.8%減なんて、車の台数が減ることで達成できてしまうのではないだろうか。
ただし不況となるだろうけども・・・。
少なくとも原発を動かさなければ電力が足りないなんて状況にはなるまい。


消費税もそうだが、軽自動車税も多くの人から少しづつ吸い上げるという王道は決して外さない。
ただ、もうそろそろ限界ではないだろうか。
金持ちは貧乏人から搾取しすぎた。
昔であれば、待っていたのは蜂起(一揆)である。
政府としては目立つところは共謀罪で引っ張る腹だろうが、ガス抜きすらできなくなった人たちがどういう行動を起こすだろうか。


政府は多分消費税を10%にしたときになんやかんやいって軽減税率はやらない。
書籍などの比較的簡単なところはやるかもしれないが、生活必需品については事務作業が膨大になるなどいって入れてこないと思われる。


たぶんそこが限界だろう。
そのとき、日本は一体どうなっているだろうか・・・。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ

ちょっwwwww違反者講習行って来たんだがwwwww

IMG.jpg

先日車の免許の更新に行ってきた。
堂々違反者講習なので免許センターへ行って来たのだけれど、いつ来ても混んでる。
免許の書き換えごときに4000円も払って1時間くらい並ばされた上に2時間も講習を受けるなんてどうなってるんだ。
やっぱりドイツみたいに書き換え不要の一生ものとすべきだ。


●初めての違反者講習、その内容は?

さて、前回は一般者講習だったし、違反者講習初めてだったのでちょっと楽しみだった。
善良な市民(町民)である私に犯罪者のレッテルを貼るくらいだから、さぞやありがたいお話が聞けるのかと思ったら・・・。


まず、「安全運転を確かなものにするために」という面白くもなんともなさそうな教本と「交通安全のために」という冊子を渡された。
そしてまず、質問、回答、結果がどうみてもそのまんまの安全運転自己診断をやらされた。
例えば、「前の車のブレーキランプに気づくのが遅れて、あわてることがある」という質問にはいと答えると、あなたは不注視ですとなる。
バカだろwww
運転しててそういうヒヤリハットに遭遇したことない人がどれだけいるだろうか。
むしろそういうことを気にせずに「いいえ」と答える方が問題ありだ。


次に千葉県の交通事故の傾向を説明。
死亡事故が多いので、現在「3ライト運動」なるものをやっているとのこと。
1.ライト(前照灯):早めのライト点灯、小まめな切り替え
2.ライト・アップ(目立つ):反射材、LEDライト等の活用
3.ライト(右):右からの横断者にも注意
を推奨しているとのこと。
ちなみに、ドイツのアウディなどに装着されているLEDのランニングランプは、日本では色の規定や光度が300カンデラを超えないことと言った規定がある。
スタビリティコントロール等の安全装備が欧州に比べて遅れるのはどうしてだろう。


また、ヘッドライト関連では、横断中の人を跳ねてしまう事故では、左からではなく右からの横断が圧倒的に多いとのこと。
これに関しては、ヘッドライトの構造(左側がより遠くまで照らすようになっている)によるものだとしていた。
だからこまめにハイビームとロービームを切り替えろとのこと。
まあ、この辺はごく当然のこと。
これも自動で切り替えを行うように技術が進んでいる(もちろん講習ではそんなこと言わなかったけれど)。


後は法規が改正されたことと、何年前に撮ったんだよというようなビデオを見て終了と相成った。


いかに文句付けてやろうかという姿勢で望まないと全くもって無駄な時間となるところだった。


●どうあっても人のせいにしたいのか!?

講習を受けていて感じたのは、事故の原因を全て人のせいにしようとしているのでは?ということだ。
確かに人が介在しているのだからそれは正しいのかもしれない。
でもそれを埋めるために技術を進化させてきたのではないか。
例えばヘッドライトのことに付いては、一部自動でハイビームとロービームを切り替えるクルマがあるとか、最新のトピックを教える必要があるのではないか。


また、交通事故については、少なくとも関越道のバス事故を過労と運転の関係などと絡めて話すべきではないだろうか。
ちなみに、関越道の事故は直接の原因は居眠りでも、事故を重篤化させてたのは道路の構造にあるとのこと(もちろん講習では一切触れないが)。


本気で交通事故を無くそうとしているとはとても思えない内容だった。


●飲酒運転が無くならない理由は?

これは持論であり、ちょっと無理やりな気もするが。


ハインリッヒの法則というものがある
労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというものだ。


飲酒運転による事故を1つの重大事故とするならば、29は飲酒運転をしたが何もなかったこととする。
そして300は軽微な違反(速度違反等)とする。
この法則の重要なところは、重大事故を防ぐには軽微なうちにその芽をつめということだ。
つまり、軽微な違反をつぶさないから飲酒運転が無くならないのではないだろうか。


今の交通事情では、その道の制限速度を守って走っていたらまず間違いなく邪魔者扱いだ。
そうならない為には速度を上げざるを得ない。
つまりは恒常的に違反を犯すことになる。
違反に慣れてしまうことが、後の飲酒運転へと発展するのではないだろうか。


現状軽微な違反で捕まるのは運が悪かったくらいの確率だ。
警察はそれを無くそうとしているようには思えない。
むしろ違反をさせてそれを取締り、罰金を召し上げることを目的としているようだ。


だから罰金を引き上げたて飲酒運転は無くならない・・・。


まあ、もし自分が教本を決められる立場にあったら、間違いなくコレにするでしょうねwww


↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ