BO5A0853


自動ブレーキが付いた車がだんだん普及してきており、現在販売されている車の約半数に装着されているという。
政府も義務化を検討している。
これで衝突事故は減るだろうし、おおいにけっこうなことだと私は思うのだけども、世間はそうではないようなのである。


●自動ブレーキ、半数は誤解?

世間一般のウケが悪い理由として、一つは誤解があるという。
自動ブレーキは各社によって作動条件にバラツキがあり、一律でこういう条件の場合は作動しないとはいえない。
速度や天候など、各社使っているデバイスが違うので、得意不得意がある為だ(当然設定の違いもある)。
でも、それなんかはまだマシで、自動運転と勘違いして、自動でブレーキを掛けてくれる車(ブレーキを車に任せてしまっていいと勘違い)と思っている人も少なくないという。
https://trafficnews.jp/post/52660/



もう一つは誤作動の問題だ。
降雪時やピカピカしたタンクローリーのタンクなど、センサーが誤検知を起こして走行中に勝手にブレーキを掛けるというもの。
正直これは怖い。
意図しないところで急ブレーキを掛けられると、車間距離を多めに取っている場合は対処できるかもしれないが、衝突の危険がある。
これはセンサーやカメラの進化やAIの導入、によって少なくはなってくるのだと思うが、誤作動は早めに対処していただきたい。
事故を防ぐ装置で事故が起こっては元も子もない。
https://matome.naver.jp/odai/2142357519173581801


自動ブレーキが付いているとブレーキが下手になるからいらないという、誤解にしてはヒドイ意見も聞いたことがあるが、誤作動を除けばこのシステムは人間のうっかりなどのミスを救ってくれるものなので、付いていて困ることはない。
というか、エアバッグのように、できれば作動しない状況の方が望ましいものである。
それによって多少コストが上がることは否めないが、人を轢くよりはマシだろう。


新しい技術が普及してくると誤解もつきものである。
誤解を解くには地道に伝えていくしかないわけであるが、こと自動ブレーキについては現状誤作動もあり得るので、勝手に付けておくわけにもいかないのだろう。
今はとにかく技術の向上によって誤作動を少なくしていくしかないのだと思う。


とりあえず私は、次のクルマには付いているやつにしようと思う。
クルマを運転していると、ヒヤッとしたことがないわけではない。
それを救ってくれるのなら、付けない手はないではないか。