月々の返済額を年収に応じて減らしたり、増やしたりできる。
文部科学省が、そんな新たな仕組みの奨学金の導入を検討している。「所得連動返還型」と呼ばれ、来年1月に運用が始まるマイナンバー制度によって個人の収入が把握しやすくなるため実現の見通しが立った。
 機構によると、平成17年度に約99万人、約7400億円だった貸与人数と金額は、27年度に約134万人、約1兆1139億円にまで膨らんだ。
大学生らの2・6人に1人が借りていることになる。
未回収額(1日以上延滞)は26年度で計約5千億円に上っている。
http://www.sankei.com/life/news/151106/lif1511060006-n1.html


こんなところにもマイナンバーと思ったが、今回の趣旨はそれではなく、奨学金の返済に関してである。
現在奨学金の返済を滞納している人が急増しており、33万人にのぼるという。
額にして876億円。
奨学金はもちろん借金であり、それが後の人生に影を落とす例も少なくない。
奨学金の月々の返済額は固定で、上記のように収入に応じての変動は無い。 
http://www.shogakukin.jp/34syumi/


収入に応じて返済額が変動すれば、確かに返しやすくはなると思う。
しかし、それは返済期間が伸びるだけであって、根本的な解決には程遠い。
以前のように正規で長期雇用が基本であれば、きちんと返済することも可能だろう。
しかし、不安定な正規雇用が4割にものぼる現状では、自分で借りた奨学金を返すシステムは破綻していると言える。
それでも延滞率自体はあまり変わらないという。
実際自分では返せずに親が払っているケースも多く、それでもダメな場合は祖父母の年金でという例もあるそうだ。
自分の奨学金の返済の為に自分の子供の奨学金をたくさん借りさせる例もあるとのこと。
 http://www.nhk.or.jp/hitokoto/


なぜこんなことになるのか。
経済状況が悪化しているにもかかわらず、かかるお金は増える一方という現状にある。 http://allabout.co.jp/gm/gc/420182/


では大学に行かなければ良いと思えるが、皆が進学している中で自分だけしないと、就職は極めて不利になる。
地域によっては全く無いとか、劣悪な環境なものしかないものもあるとか。
 頑張って無利子第一種奨学金や給付型のものを受ければ良いという意見もあるが、それは非常に狭き門となっている。
http://www.nikkei.com/money/features/77.aspx?g=DGXKZO8826382019062015W06001


奨学金は確かにあまり収入の多くない世帯の人に学びの機会を与えてはいると思うが、結局借金の連鎖を生んでいる現状だ。
奨学金を普通の借金だと考えると、返済能力のない人に貸しているようなものなのだから破綻して当然だ(学生の時点で将来の年収を予想するのは非常に難しい)。
9割以上の人が返しているとは言っても、借金が連鎖していけばそれも早晩破綻するだろう。
行き着く先は経済的徴兵制だろうか。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150723dde012010004000c.html