先日BDレコーダーを買い換えた。

前のものはまだ使えるのだけれども、かなり古い機種なのでレスポンスも悪く、なにより録画予約が32個までしかできない。

それだけできれば十分じゃないかと思われるかもしれないが、見たいものを毎週予約しているとすぐにいっぱいになってしまう。

ましてや5分、10分のちょい番組に割ける枠はない。

予約した時に、「予約がいっぱいです」と言われて弾かれるのは正直腹が立つ。

何を見て何を切るか、番組改編のこの時期はなんとも悩ましい思いをしてきた。

世界水紀行とか、極上のクルーズ紀行とか、吉田類の酒場放浪記とか、ヨーロッパ空中散歩とか見たいじゃあないか。

そんな思いにようやく終止符が打たれた。



買ったのはこちら、パナソニックのブルーレイ・ディーガ
DMR-BRZ2000という機種(全く関係ないけども、でぃーがって言うと、どことなく奄美大島の方言のような響きがあるwww)。

BW800という機種から買い換えた。
HDD
容量は2TB3番組同時録画で、件の予約件数は128件となっている。

さすがにこれだけ枠があればいっぱいになることはあるまいて。

1TBのものと迷ったが、値差が1万円くらいなので、足りなくて後で外付けするくらいならばと思い2TBのものとした。



IMG_4648_1

使ってみた感想はさすがにレスポンス良く快適だ。

番組部分とCM部分でチャプターを切ってくれるのも良い。
機種は新しくなっても同じディーガであるから、メニュー等多少の違いはあっても基本同じだから使いやすい。
また、性能は格段に上がっているにもかかわらず、本体のサイズが以前の物と比べて半分くらいしかない。

機械の進化はスゲーなあと思った(上が新型、下が旧型)。


ところで、今の機械はアナログの入力(赤とか黄色のやつ)はあっても出力は無いのね。

アナログのスピーカーへの入力をどうしようか迷ったじゃあないか。
仕方がないので、HDMIで入力しているディスプレイ(チューナーもスピーカーも無い、本当に映像を写すだけものも)のイヤホンから出力するハメになった。
手持ちのものでなんとかなったので別に良いのだけども、ちょっと迷っちゃったじゃないか。


正直今回は衝動買いに近い。

某ラジオを聞いていたところ、某森永卓郎さんが、9月は決算期月であることと、メーカー側の機種の更新が重なる事が多いので家電が安く買えると仰っていた(店にもよるけども)。

レコーダーは機能に不満があったのは昨日今日のことではなかったのでいずれ買い換えようとは思っていたものの、その言葉が私の背中を押した。

価格コムの値段推移で見てみても、10月に入ったとたんにポコンと値段が上がっているので、恐らくは森永卓郎さん仰ることは正しいのだろう。

http://kakaku.com/item/K0000697878/pricehistory/



おかげで実に快適でございます。