いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

格安スマホ

Jアラートって案外有用じゃあないか

29日06:00前、北朝鮮がミサイルを発射した。
その後Jアラート(全国瞬時警報)が作動、避難を呼びかけた。
ミサイルは北海道上空を通過、2700キロ余りを飛行し、襟裳岬沖1180km東の太平洋上へと落下した。
高度は550kmと見られる。
発射されたミサイルは、中距離弾道ミサイル、火星12と見られている。
https://news.infoseek.co.jp/article/20170829jcast20172307067/


時系列は以下に。
05:58:北朝鮮ミサイル発射。
06:02:Jアラート作動し、避難を呼びかける。
06:06:北海道上空を通過(推定)。
06:12:襟裳岬の東方1180kmの太平洋上に落下。


ここから分かるのは、北海道の「550km上空(というか宇宙だけど)の通過4分前にはアラートが作動し、とりあえずの避難する時間は稼ぐことができたということである。
こういうと語弊があるかもしれないが、突発的な破壊的事象としては、北朝鮮のミサイル自然災害のようなものである。
もちろん国レベルでは全然話が違ってくるが、市井のレベルとして自然災害と考えて大差あるまい。
であるならば、緊急地震速報では数十秒前の警告だが、4分稼げるのであれば相当な余裕が生まれる。
それこそ近くの建物に駆け込む、物陰に隠れるくらいはできるかもしれない。
そんなの意味がない?かもしれない。
だが、広島、長崎の原爆投下時、爆心地近くの壊滅的状況であっても、奇跡的に物陰にいて助かったという人もいるそうだ。
逆に物陰にいたが為に下敷きになってしまった方もおられるだろう。
万に一つかもしれないが、無意味ではないのだと私は考えている。
ミサイルが予定の軌道に乗らなければ落ちてくる可能性だってある。


北朝鮮にミサイルを打たせてしまうのはもちろん国の失策である(日本だけではないが)。
それは別として、市井レベルとしてできるのはミサイルが飛来した時に少しでも被害が少なくできるように対処するだけであろう。
そんなもの恐怖心を煽るだけだといわれるかもしれないが、PAC3の命中精度は今ひとつと聞くし、イージスアショアの整備もまだである現在、国としても結局はそれしかできないのだろう。

IMG_8506

2009年、某所で撮影した建設途中のガメラレーダー。
弾道ミサイルの捜索、探知機能を有する。


追伸
格安スマホ(私もそうですが)の場合Jアラートを受信できないものもあるようなので、とりあえずヤフー防災速報等の防災アプリを入れておいた方がいいようです。
私もアプリでミサイル発射を知りました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011117791000.html

{朗報}楽天モバイルが3日間の通信速度制限を撤廃へ

3月1日から3日間の通信量が規定量を超えた場合の通信速度制限を撤廃する旨のメールが届いた。
ようやくである。
https://mobile.rakuten.co.jp/news/speed_limits/


私は月10GBで契約しているので、月の通信料が10GBを超えると速度規制を食らうのはいうまでもないが(実際は繰越分があるので10GBより多いのだけども)、3日間の使用量が1.7GBを超えるとやはり速度制限されるというものがくっ付いていた。
一月で10GBを超えたことはないものの、3日で1.7GBというのは、たまにアップデートや検索することが重なった場合に超えそうになることがあった。
だから今回の撤廃は非常にありがたい。
とはいえ、調子に乗って使いすぎては本末転倒なので、まあ、いつも通りやっていれば問題はないと思われる。


ようやくこれで他の格安スマホのプランに肩を並べられるようになったと思う。あとは、大手から格安スマホに移る人が増えてきて速度が遅くなるなんてことがなければいいのだけども。大手を使う人がいてこその格安スマホですのでwww

【悲報】Zenfone、還らず

スマホを落っことしたら電源が入らなくなった。
実をいうと、落として電源が入らなくなったのはこれで2回目である。
1回目は中を開けて端子をつなぎ直したら復活した。
が、今回はうんともすんともいわない。
ご臨終です。
前に落とした時、もっとちゃんと電池等を固定しておけばよかったんだろうな。


もうこうなっては仕方がないので新しく買うことにした。
新しく買ったのはZenfone3である。


Zenfone3廉価版であるlaserと迷ったのだが(正直いって、画面が5.5インチとちょっと大きいのが気に食わなかったが、どうせ私はゲームはやらないのでスペック的には問題なかった)、laserにはない、キャリアアグリゲーションを取ってZenfone3を選択した。


一応参考価格としてリンクを貼ったけども、実際は楽天モバイルの端末買い増しにて購入した。
3000円くらい安かった。


アグリケーションとは集約するなどの意味があり、キャリアアグリゲーションは2本の回線を束ねて通信速度を上げる技術となる。
私はテザリングを使うので、回線は速いに越したことはない。
また、混雑時には制約を受けやすい(私は意識したことはないけども)格安スマホであるから、それで少しでも底上げできたらと考えた次第。
アグってる(そんな言葉はないwww)のかは分からないが、テザリングをして通信速度を測ってみたら、夜中ではあるものの14.98Mbpsと出た。
以前がどんなものだったか忘れたけども、田舎でこれだけ出れば十分だ。
また、早いのは通信速度なのか処理速度なのかはたまたその両方かはわからないけども、スマホ本体でHPを見る場合でも以前より表示が早くて至極快適だ。


そして今回は前回の反省を踏まえ、ちゃんとケースに入れて画面にはフィルムを貼ることとした。
いささか不格好にはなるが、落として壊すよりはいいだろう。
というより、裸だと確かにキラキラして綺麗ではあるものの、いかんせん表面がツルツルで絶対に落とす。
もう裸で使うことを考慮してないんじゃないかと思うくらいツルツルだwwww

BO5A5684

BO5A5679

フィルムを貼ったらちょっとズレて空気が入ってしまった。
まあ、そのうちにまた貼り替えるのだろうし、まあよしとしよう。


前機種であるZenfone5を使って思ったのは、多少OSが古くなっても、壊れさえしなければ十分使えるということだ。
大手キャリアならば使っても2年だろうしどうでも良かったが、格安スマホの場合別に割引があるわけではないので、機種変更のタイミングはいつでも良い。
だから、できるだけ通信費(機種代含む)を安くあげようとおもったら、とにかく壊さずに長く使い続けることが重要だ。
格好なんかにこだわる必要はない。
そもそも格安スマホを使っている時点で格好なんてどうでも良いのだ。
スマホをぶっ壊してみて、そのことにようやく気づくことができた。
というわけで、Zenfone3は最低4年は使っちゃろうと思っている(一度バッテリー交換は必要となろう)。
不慮の事故がなければ良いのだけども・・・。

楽天モバイルが容量シェアプランを発表。じゃあ、恩恵を受けさせていただきましょうwww

楽天モバイルでようやく容量のシェアプランをやると発表された。http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/1027_02.html

1回線100円という。
私はこれを待っていた。


現在私はスマホが通話SIMで10ギガ、タブレットを5ギガで契約している。
使用量としてはあまり余裕はないので、このままではシェアプランの恩恵は受けられない。
というのも、タブレットの5ギガは外でHDDレコーダーに録ったものを見るためにやっているのだけども、いくらカーナビでの使用でも低速のプランでは遅く、高速通信を使う為に無理やりそのプランにしているといる面もある。
HDDとかレコーダーに録ったものは持ち出し(レコーダーからタブレットに番組を移せる。
もちろんダビング10は1つ消費するが)してしまえば外で通信を使う必要はない。
カーナビとして使う分でも、通信量なんてたかが知れているから、10ギガをスマホとタブレットでシェアしようと考えている。
せっかくなので恩恵を受けてやろうという腹だ。
その場合は、2960円+100円で3060円になると思うのだけども、本当にそれでいいのかな?


ところで、楽天のシェアプランのお値段だが、格安SIMといっても、最近値段を下げてきた大手と比べて安いことは安いが、スゲー安いとはいえない。
20ギガで4750円、30ギガで6150円となっているので、大手と比べても3割ほど安いだけである。
もちろん強制的に電話かけ放題に入れられることはないので、トータルではもうちょっと値差はあるものの、純粋に通信料で見ればそんなに安くは感じない。
なんか微妙な値段設定だなと思って見てみると、このシェアプランは自分で複数枚のSIMを使う場合や家族だけでなく、友達ともシェアできるというのだ。
例えば、20ギガを二人でシェアすると、10ギガを一人で契約するよりも安くなる。
それを考えれば、けっこう絶妙な値段設定ともいえる。
シェアは5人(5SIMカード?)までできるというので、自分の契約を見直すいい機会かもしれない。
ただ、あんまりボッチにはやさしくないプランではあるけどもwwww

格安スマホにしないのは違約金が高いからという読売新聞の社説は間違い

読売新聞の社説に、携帯大手3社は端末の過剰値引きをやめ、通信料を下げて家計負担を下げろ、違約金が高いから格安スマホへの転換が進まない、とあった。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161017-OYT1T50010.html

大間違いである。
格安スマホへの転換が進まない最大の理由は、今の携帯会社の方が安心だからである(高くないと思っている人と、電話をたくさん使う人は除く)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1503/30/news154.html

読売新聞は違約金が高いというが、大体1万円位であり、格安スマホに乗り換えれば(端末代を除けば)2,3ヶ月でペイできる。
というか、今の携帯会社の方が安心だというのだから、違約金を取ろうが取るまいが(法外な値段だったら話しは別だけども)結果はあまり変わらないだろう。
上に端末代を除くと書いたが、同じ回線を利用する会社(ドコモならドコモの。auならau。)にすれば端末を使いまわすこともできる。
どうしても違約金を払うのが嫌なのであれば、解約月に乗り換えれば良い。


また、通信料を下げて家計の負担を減らせとあるが、ちゃんと端末の料金を引いて家計の負担を下げているではないか。
総務省が文句を付けてどうなったか?
端末代だけ上がって(一応容量の大きい新しいプランはできたけども)家計の負担は逆に増えたではないか。
同じ端末を使い続けている人にとって不公平だというならば、端末を値引く等して機種変更を促せば良い(私のところには値引きのクーポンが届いた)。
それでもしないのであれば、それはもう放っておけばいいのではないだろか。


ちょっと前のように大手3社くらいしかなく、値段横並びの独占状態であったなら、是正措置を求めることは必要だろう。
しかし、今は乗り換えようと思ったらいくらでもある。
大手が格安スマホ各社に回線を開放した時点で、自分たちのビジネスモデルは変える気がないと思っているのだろうし、実際そうなのだろう。
だからもしもっとちゃんと説明せよというのならば、それは格安スマホ各社の方である。
いくら大手といえど、自分たちの顧客を手放すようなことはしたくあるまい。


仮に大手3社の値段が下がる時が来るならば、それは国が相当に圧力を掛けた場合か、予想以上に格安スマホへの転換が進み、尻に火がついたときではないだろうか。
高いと思うのであれば自ら調べ、さっさと乗り換えればいいだけのことである。
分からないことを分からないままにしておくとか、面倒くさいと思って放っておくならば搾取されるだけである。
悲しいかな、現代はそうなっている。

一応私の使っている楽天モバイルのバナーを貼っておくので、よろしければどうぞ。
回し者じゃないですよwwww
格安スマホは他にもいろいろあるので、自分の使用形態に合わせて調べてみて下さい。
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ