いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

方法

楽天モバイルのシェアプランに早速申し込んだった

20日より申込みの始まった楽天モバイルのシェアプランに早速申し込んだ。
他社ではもうやっているところもあるが、契約しているプランの通信容量を複数回線でシェアできるというものだ。
同じ容量でもシェアした方が安い。


私はスマホとタブレットを持っているが、さすがにSIMカードの入れ替えやスマホでのテザリングをするのは面倒なので、もう一つの回線を契約していた。
タブレットの方はカーナビとして使う時くらいしか通信しないのだけれど、そういう使用上ないと困るので契約はしていたが大部分は無駄になっていた。
それを今回スマホ側(私の場合はスマホ側が親でタブレットが子となる)に乗せることができた。


シェアの申込みは簡単だ。
親になる回線のメンバーステーションにログインし、シェアプランを選択し。
子になる回線の電話番号を入力する。
今度は子になる回線のメンバーステーションにログインすると、シェアプランを申請が来ているので承認しろと出ているので、承認して終了(楽天モバイルのメールサービスは使っていない上に、子側の方はショートメールも使えないデータ通信のみのプランだったので承認はどうやってするのかと思ったが、この方法で問題なかった。)
これで来月から適応となるはずだ。
http://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/datashare/?l-id=top_carousel_pc_big_campaign_0106_datashare


これで通話SIM10GB(2960円)+シェアプラン☓2(100円☓2)で月々3160円(通話は別)となる。
タブレットは一応データSIMの3.1GB(900円)で契約していたので、それが200円ですむことになる。さすがに大手から格安SIMにしたときみたいに数千円単位で安くはならないけども、それでも年間8400円が浮く。
固定費を見直して削るのは節約の王道であります!
ちなみにデータシェアの月額料金は7月まで無料となっている。
ジュース一本しか買えないが、それでもありがたい限りである。

ワイ初体験。うまくできたがチョー不安(T_T)

キツキツだ!
体重を思い切りかけるようにしてようやく根元まで押し込む。
半分くらいまで抜き、また押し込む・・・・・・・・


先日、初めてのパンクを食らった。
自転車では何度もあるが、車では初めてである。
いつものように空気圧をチェックしたら、右後輪だけ他より低かった。
一輪だけ低いということは何かあると思いタイヤをよく見てみると、トレッド面(地面と接する溝が刻んである所)に釘が刺さっており、ツバを付けるとわずかに泡が立った。
ついてはいないが、パンクの原因がトレッド面に刺さった釘であり、かつ早く気がつけたことは運がよかった。
これがサイドウォールだったり、空気が抜けている状態で走っていたら、有無をいわさず交換となっていたからだ。
※サイドウォールがやられていると修理はできない。また、空気が抜けている状態で走ってしまうと、教習所で習ったスタンディングウェーブ現象によりタイヤの内面がやられてしまう。


こんなこともあろうかと、パンクの修理キットを車に積んである。
白くてドロドロしたものwww を突っ込む応急用の補修材ではなく、ラバースティックを突っ込む修理キットである。
それを試す機会がやってきた。
こんなに早いとは思わなかったけども。


手順は、タイヤを車から外し、釘などのパンクの原因となっているものが刺さっている所にチョーク等で目印を付け、引っこ抜く。
次にローショ・・・ではなく、のりみたいなラバーセメントを付属のドリルみたいな器具(スクリュードライバー)塗り、釘を抜いた穴n右に回しながらにぶっ刺す。
が、キツキツでなかなか入らない。
体重をかけるようにして思い切り押し込み、ようやく根本まで入れることができた。
入れた器具を右に回しながら半分くらいまでズルリと引き抜きまた根元まで入れを何回か繰り返す。
これもキツキツで骨が折れる。
最後に半分くらいまで引き抜き、金属部分にラバーセメント塗る。
それを根元まで入れ、次の作業までそのままにしておく。


先に穴が空いている器具(インサートドライバー)にラバースティックをセットし、ラバースティックの部分にラバーセメントを塗る。
タイヤに刺したままにしておいたスクリュードライバーを引き抜き、インサートドライバーをそこに突っ込む。
が、これもキツイ。
全然入っていかない。
これ本当に合ってるのかと不安になり、一度インサートドライバーを引き抜き、スクリュードライバーで穴を整えてからもう一度やってみたが全然変わらない。
スクリュードライバーで貫通させた穴が相変わらずのキツキツである。
こういうものなどだと思い、ラバースティックをインサートドライバーにセットし再度挿入。
体重を思い切りかけてグイグイ突っ込む、突っ込む、突っ込む。
やっとのことで根元まで入れることができた。
やっとのことで入れたインサートドライバーを今度はそのまま引き抜く。
空気を入れ、漏れていないことを確認後車に取り付けて作業は完了。


やってみなければ分からないとはいえ、こんなにも力の要る作業なのか?
後で手のひらに違和感を覚えて見てみると、インサートドライバーの柄が当たっていたところが水ぶくれになっていた。

IMG_8796


何日かした後に空気圧を見てみても抜けはないようなので、とりあえずは成功のようである。
修理したところはガムでも踏んづけたようになっているけども、かさぶたが剥がれるみたいにポロッと取れないだろうな・・・。


一応私が使った修理キットはこれ。


ラバーセメントを使わないタイプもあるが、まずい腕を多少はカバーしてくれると思い、ラバーセメント付きのものをチョイスした。
これでいつでもパンクできるぜ!!したくないけどねwwww

ASUS Zenfone5のバッテリー交換したった

格安スマホ、ASUSのZenfone5のバッテリー交換をした。
買ってから約1年半。使える時間が短くなったような感じはしないのだけども、充電回数は500回を超えているし、新品から比べると、7~8割位に性能は低下していると思われる。
いざというときにまともに使えないと困るわけだし、こういうものはちょっと早めに交換しておく方が良いと考えている。


バッテリーはアマゾンで調達した。
 
画像だと何個かツールが付いているような感じだけども、ドライバーが一本付いてきただけだったwww
まあいいけども。

IMG_9183

裏蓋を外して、ネジを全部外す。
結果として精密ドライバーで十分イケたけども、付いてきたドライバーはそれよりも一回り小さいもので、せっかくなのでそれを使った。

IMG_9186

IMG_9187

ネジを取って中蓋を外したところ。
バッテリーは下半分、SIMカードを入れる所の裏に付いているので、そこにくっついている端子3つと電源の計4つを外す。
一応この為にyoutubeにアップされている動画を見て予習しておいたのだけども、外し方がちょっと違っていた。
動画は普通に引っこ抜いているようだったが、自分のものは端子が刺さっている所の白い押さえを起こして外すタイプだった。
ロットなのか国なのかちょっとずつ変えているのか分からないけども、もしかしたら他の人のものはまた違うのかもしれない。

IMG_9190

下半分を外してひっくり返したところ。
ちなみに新しいバッテリーの製造年月日はごく最近のものである。

IMG_9191

バッテリーはケースに両面テープで止まっているので、使っていないカードを突っ込んでグイグイ引っぺがす。
ケースは非常に柔いが、変形したら修正すれば良いと考えて、グイグイ突っ込む。最初カードを突っ込む取っ掛かりを作ろうとマイナスドライバーを突っ込んだら、バッテリーの被覆を破いてドライバーに通電しちゃったらしく、煙が出てきたのはご愛嬌。
本当はちょっと焦って、なん・・・だと!ってなったwwww


さて、無事にバッテリー交換も終わり、端子や電源を繋いで元に戻して電源を入れ・・・・入れ・・・入らない・・・だと!!
そうだ、放電しちゃっているだな、と思い、電源をつなぐと無事に・・・うんともすんともいわない・・・。
うそ・・・だろ!!
背筋に嫌なものが走った。
まさか端子を外す時に断線させちゃったか??
とりあえずまたケースを外し、端子をもう一回抜き差ししたら、今度はちゃんと電源が入った。
良かった。端子といってもペラペラの薄いプラスチック板みたいなものなので、押し込みが足りなかったようだ。
波乱はあったが、一応無事にバッテリー交換は終了し、ちゃんと使えている。
バッテリーの寿命は、気持ち伸びたような気がしなくもない。
次機種変更するとしたらモトローラのこれかなと思っているけども、Zenfone5の寿命が伸びたのでいつ変えるかは不明。
どうしようかな。


ところで、今回バッテリーを変えて思ったのだけども、Zenfone5自体は販売が終了してけっこう経つのに、バッテリーの製造年月日は最近だった。
推測だけども、バッテリー自体は他のものにも使える汎用品なのではないだろうか。
もっと簡単にバッテリーを交換できれば良いのにと思っていたのだけども、その為に専用のバッテリーを作るか、バッテリーに合わせて本体を設計するとなると、どうしてもコストが上ってしまう。
格安スマホの利益率なんてたかが知れているのだろうから、コストは絶対にかけられない。
となると、そこら辺の汎用バッテリーを持ってきてくっつけてしまった方が、バッテリー周りの設計を簡略化できるからコストは下がる。
てな感じで、基本的にバッテリー交換は不可としているのかなと思った。私はスマホの設計はやったことがないので分からないけども、そんなに的外れではないと思う。
物を作るというのは苦労の連続だ。
それをやっている人たちを、心から尊敬する。

緊張した時は手のひらに人を書くのではなく、ノートに感情を書き出す!?

先日の地球ドラマチックが面白かった。
「人間はどこまで賢くなれるか?」と題し、アインシュタインの脳の特異性や、サヴァン症候群(言語や学習能力などに障害を持っているが、ある分野において特異な才能を発揮する人々)の人たちの脳の使い方、今よりも賢くなる方法やプレッシャー克服法まで、脳に起因する現象を解説していた。
http://www4.nhk.or.jp/dramatic/x/2015-11-28/31/13562/2340417/

なかでも役に立つと思ったのはプレッシャー克服法だ。
 多くの人は、テスト前や面接、大事な仕事の前には緊張するものだ。
適度なストレスは持てる力を引き出すが、過度になれば体の硬直や紅潮、ど忘れなどの良くない作用を及ぼす。


その時脳内では、感情を司る扁桃体が活発となり、作業記憶を司る前頭前野の明晰な思考が妨げるという。
ストレスがかかると、不安な感情が伝達され、その対応に前頭前野の処理能力が使われることにより、いつもの作業ができなくなってしまうという。
ストレスにうまく対応できる人は、前頭前野と扁桃体の情報交換を減らし、不安な感情が思考能力に悪影響を与えないようにしていたという。
それは訓練で身につけられるそうだ。


このような状態の克服方法として、人という字を手のひらに3回書いて飲み込む・・・ではなく、心の奥にある感情や考えをノートに書き出すのだそうだ。
実験では、テストの直前にノートに書着だしたグループと何もしなかったグループとでは、前者の方が結果が良かった。
これはノートに感情を書き出すことで、余計なアプリケーションを終了させ、脳の負荷を減らすようなものと例えていた。


もちろん前提条件としてちゃんと勉強しておく必要はあるが、持てる力を発揮できなくて試験を落とす思いは誰しもしたくはないはずだ。
この後センター試験や資格試験、面接等を受けなければならない人は試してみたらいかがだろうか。


 余談だが、頭を良くする方法としては、新しいことをやることだという。
それによって脳の神経細胞やネットワークが増える。
まあ、頭を良くするのに近道はないってことでしょうかねwww
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ