いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

新東名高速道路

高速道路の最高速度を120km/hに段階的に引き上げってことだけども、時期尚早じゃないか?

IMG_6170


警察庁は3月24日、現行で時速100kmとしている高速道路の最高速度について、安全条件を満たす区間に限り120kmへの引き上げを認める方針を決めた。
最高速度の引き上げは、1963年に日本で最初の名神高速道路が開通して以来初めて。
大型トラックの最高速度は現行の80kmのままとする方向だ。
共同通信などが報じた。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/23/highway-120km_n_9537352.html


試験導入は新東名高速道路と東北自動車道の一部となっており、確かに新東名は道も綺麗だしカーブもなだらかで、100km/hだと退屈に感じるくらいだから120km/hでも何の問題もないだろう。
というより、ほとんどの高速道路が120km/hでも大丈夫だろう。
ハード的には問題はない。
問題はそこを使う人である。


以前コチラに書いたが、視界が100mも効かないくらいの大雨でもヘッドライトも点けず、車間詰め詰めで晴天時と同じようにぶっ飛ばしているのを見ると(もちろん晴天時でもそんな走り方をしたら危険)、正直生きた心地がしなかった。
滞り無く流れている分には問題ないだろうが、前を走っている車がブレーキをちょっと強めに踏んだら恐らく対応できまい。
そんな人達が走っているのだから、制限速度が80km/hだろうが120km/hだろうがきっと同じように走るのだろう。
当然事故の確率は上がるし被害も大きくなる。
制限速度を上げる前に、必要なのはドライバーへの教育なのではないだろうか。


一方で制限速度自体が信用ならないという側面もある。
制限速度以上で走っても何も問題ないし(逆に危なくて、とても制限速度なんて出せない道もある)、むしろほとんどの人がそうしている。
逆に制限速度でテレテレ走っていると、交通の流れを乱して危ない位だ。
制限速度は本当にそれ以上だと危ない速度とし(もちろん多少のマージンは取る)、その上でその道の推奨速度を設けても良いかもしれない。


以上2点を問題点とし、できることなら高速道路だけでなく、一般道の制限速度も見なおして欲しいと考えている。

新東名高速道路、設計は120km/hなのに制限は100km/h??

4月14日、御殿場JCTから三ヶ日JCTを結ぶ新東名高速道路が開通する。
従来の東名高速道路の渋滞緩和を狙ったものだ。


●設計速度は120km/h

新東名高速道路は旧東名高速道路と比べてカーブが少なく平坦にできている。
詳しく書くと、旧東名のカーブの最小半径が300mなのに対して新東名は3000m。
旧東名の最大勾配が5%なのに対して、新東名は2%となっている。


それもそのはず、新東名の設計速度は120km/hとなっている(当初は140km/hで設計運用が検討されていたという)。
それでも依然として制限速度は100km/hである。
そこに違和感を感じざるを得ない。



●規制速度を100km/h以上にすると事故が増加する?

設計が120km/hであるにも関わらず、制限を100km/hとする根拠は、規制を100km/h以上とすると事故が増加するというものだ。
本当にそうだろうか。


道路上で一番危ないのは、絶対的な速度よりも相対速度、つまり速度差である。
皆が一様に一定の速度で流れていれば、それほど危険はない。
しかし、一段遅い車がいると流れが乱れて危険度が増す。


その流れを一番乱しているものが実は料金所であるという。
実際料金所近辺での事故が多い。


料金所を除いて速度差を生みやすいとのトラックである。
今トラックは最大速度が90km/hに規制されている。
乗用車が120km/hで走る中でトラックは90km/hで走るのはかなり危険であるように感じる。


そういう状況であるから、100km/h規制は仕方がないだろう。
完全に車線を分ける等の対策が無い訳では無いけれど、それは無理だろう。


●居眠り運転を危惧する

速度無制限で知られるドイツのアウトバーン(実際無制限で走れる区間はかなり限られているそうだ)。
さぞや良い道なのだろうと思いきや、けっこうカーブが多い。
制限速度の看板は日本のもののように生易しいものではなく、それを守らないと本当に飛び出してしまうとか・・・。


実はアウトバーンは、居眠り防止の為にわざとカーブを設けている。
もちろん危なくないよよう、徐々に曲率がきつくなり、出口では逆に緩くなっていくクロソイド曲線を用いて設計されている。


そこで新東名に戻ると、曲率が緩くてアップダウンが少ないと聞くと良い道だと思う。
しかし、たぶん走る方にとっては退屈ではないだろうか。
特に風景の見えない夜走りなんかは。
そして100km/hという制限速度。


退屈すれば眠くなる。
ハンドル操作が少なくなれば尚更だ。


居眠り事故が起きないことを祈るばかりである。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ