いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

料金

楽天モバイルのシェアプランに早速申し込んだった

20日より申込みの始まった楽天モバイルのシェアプランに早速申し込んだ。
他社ではもうやっているところもあるが、契約しているプランの通信容量を複数回線でシェアできるというものだ。
同じ容量でもシェアした方が安い。


私はスマホとタブレットを持っているが、さすがにSIMカードの入れ替えやスマホでのテザリングをするのは面倒なので、もう一つの回線を契約していた。
タブレットの方はカーナビとして使う時くらいしか通信しないのだけれど、そういう使用上ないと困るので契約はしていたが大部分は無駄になっていた。
それを今回スマホ側(私の場合はスマホ側が親でタブレットが子となる)に乗せることができた。


シェアの申込みは簡単だ。
親になる回線のメンバーステーションにログインし、シェアプランを選択し。
子になる回線の電話番号を入力する。
今度は子になる回線のメンバーステーションにログインすると、シェアプランを申請が来ているので承認しろと出ているので、承認して終了(楽天モバイルのメールサービスは使っていない上に、子側の方はショートメールも使えないデータ通信のみのプランだったので承認はどうやってするのかと思ったが、この方法で問題なかった。)
これで来月から適応となるはずだ。
http://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/datashare/?l-id=top_carousel_pc_big_campaign_0106_datashare


これで通話SIM10GB(2960円)+シェアプラン☓2(100円☓2)で月々3160円(通話は別)となる。
タブレットは一応データSIMの3.1GB(900円)で契約していたので、それが200円ですむことになる。さすがに大手から格安SIMにしたときみたいに数千円単位で安くはならないけども、それでも年間8400円が浮く。
固定費を見直して削るのは節約の王道であります!
ちなみにデータシェアの月額料金は7月まで無料となっている。
ジュース一本しか買えないが、それでもありがたい限りである。

〔朗報?〕ソフトバンクが1GB、月額4900円からのプランを発表

IMG_6016


携帯大手ソフトバンクは、1GBまでのプランを発表した。
料金は月額4900円からとなり、導入は4月を予定しているという。 http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160107_02/


もちろんこれは携帯料金を下げろという政府の要請を受けたものであり、新規の顧客や頻繁に端末を変える顧客を優遇し、一つの端末を長く使う人、あまりデータ通信を使用しない人は冷遇されるというゆがみを是正する為である。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/216643

私がauを使用していた時、データ通信2GBと電話カケホーダイ(2700円)の最安プランだったが、なんだかんだで7000円強であった。
ソフトバンクの1GBとのプランも、大体6000円といったところだろう。
これを高いと見るか安いと見るかは個々人によると思うが、私からすれば高いと思う。


私が使っている楽天モバイルでは、通話SIM、10GBで2960円となっている。
http://mobile.rakuten.co.jp/fee/?l-id=header_pc_fee

通信量1/10で料金は2倍。将来的に実質0円も無くす方向なのだろうし、果たして大手ブランドを使うことにこれだけの対価を払う価値があるのかどうか・・・。
電話をいっぱい使う人以外にメリットがあるとはとても思えないのだけども・・・。
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ