いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

恐竜

ツノガイ、わずか数週間で化石に。化石ってこんなに短期間でできちゃうのか。

千万年前に海底で死んだツノガイと呼ばれる貝がわずか数週間で化石になったことを、名古屋大などの研究グループが突き止め、15日付の英科学誌電子版に発表した。化石はこれまで、数十万~数百万年かかって形成されると考えられていた。海に生息した首長竜やアンモナイトも同様に短期間で化石になった可能性があるという。

http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160027-n1.html



一般に知られている化石の出来は以下のリンクのように、死骸に土や泥が積もり、近く変動により地上に運ばれ、人間に発見されるというものだ。

つまりは水辺でないとダメだということだ。

確か、私が小さい頃は、地上に死んで腐敗するか食べられるかで骨だけとなった恐竜が、そのまま土に埋もれるってなっていたと記憶しているが、そう都合よく土に埋もれるわけはないし、長期間吹きっさらしなら風化するだけだ。

http://kids.gakken.co.jp/kagaku/nandemo/0802.html



実は私は、化石は一般に言われているよりも短期間で出来、かつそれは泥中に埋もれなければならないことも知っていた。

でも、ここまで短期間で化石ができるとは思わなかった。



恐竜が絶滅したとされるのは6500万年前、ユカタン半島に落ちた、直径10kmの隕石によるものだとされているが、本当はもっと最近まで生きていたのではないかという説がある。

紀元前2500年頃に起きたとされるノアの洪水である。

ノアの洪水により、恐竜は水に押し流され、一瞬で泥中に埋まったとされるものである(一応話半分位にしておいて下さい)。

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/yomemasu.htm



個人的には、恐竜絶滅の原因がノアの洪水の方が楽しいから好きなのだけども、果たして真相や如何に。

信じるか信じないかはあなた次第(これが言いたかったwww

フタバスズキリュウはどんな泳ぎ方をしたのか

日本で発見された水棲の首長竜に「フタバスズキリュウ」というものがある。
双葉層群玉山層入間沢部層から鈴木さんが発見したから、フタバスズキリュウというわけだ。


前回のぶらぶら美術・博物館で、国立科学博物館に展示してあるフタバスズキリュウの骨格標本を紹介していた。
その時、どんな風に泳ぐんだろうなあと考えていた。


思い出してもらえると、ああ、そうだなと思ってもらえるかと思うが、一般的に魚類やワニなどの爬虫類は尾を横にくねらせて泳ぐ。
例えば海蛇なんかもそうだ。


対して、イルカやジュゴン、マナティーなどの哺乳類は尾を縦に動かして泳ぐ。
人間だって例外ではない。


そこで世界で目撃される水棲のUMA(未確認動物:Unidentified Mysterious Animal)には縦にくねらせて泳いでいたという例が少なくない。
http://nsmysteryconnection.com/blog/2012/01/post-76.html


最近の研究では、恐竜には羽毛があり、爬虫類ではなく哺乳類だったという説もある。


というわけで、フタバスズキリュウがどんな泳ぎ方をしていたのか興味があるわです。





↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ