いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

平和

この世界の片隅には萌アニメである

BO5A4137


話題のアニメ映画、「この世界の片隅に」を見に、テアトル新宿まで行ってきた。
公開されてから一ヶ月くらい経つしそんなに混んでないだろうと思っていたら、席は終日完売、当日は立ち見のみという具合で、凄まじい人気ぶりが伺えた。
私は念のためネットで予約をしていった。
わたしゃ映画とこちらの写真展を両立させる為に、朝5時の高速バス(その次は11時台になってしまう。これだから田舎は)に乗って来てるので、さすがにそこから2時間強の立ち見は辛い。
でもここまでとは思わなかった。


この世界の片隅にを萌アニメというと反論のある方もおられるかもしれないが、私はむしろそれ以外の要素を持ち込みたくないのである。
どうしても聞こえてくる前評判で、反戦や平和をを訴えないから良い映画だ、というものがあった。

http://lite-ra.com/2016/11/post-2722.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss


確かに劇中反戦を訴えるような場面はない。
ただただ、主人公のすずさんが日常を過ごしていく。
でもそこは戦時中だから、私達の日常とは大きく離れたものだ。
焼夷弾に備えたり、雑草を摘んできて少ない食料をやりくりしたりと、そんな生活を子や孫にさせたくなければ戦争はしない方がいい。
でも、そういうことを抜きにして、ポカをやらかすすずさんを見てひたすらニヤニヤするもよし。
すずさんの葛藤に自分の身を重ねるのもいいかもしれない。
すずさんを取り巻く人たちの温かさにほっこりするもよし。
こうやって映画を見て自由にあれこれいえるのも、平和な世なればこそである。
普通が普通ではなくなる戦争は御免こうむりたい。
私はすずさんを見て、ひたすらニヤニヤしていたいのであります。



というわけで、そのうち原作を買おうかなと思うとります。
今月はカメラ買っちゃったので、そのうち・・・ねwww

テロとの戦いってさあ、なんかイジメみたいじゃね・・・?

私は多分実情を知らないからこういうことが書けるのだと思う。


1月16日に発生したアルジェリア人質事件を受け、安倍総理大臣は、ドイツのメルケル首相と電話で会談し、アルジェリアで起きたイスラム武装勢力による人質事件に関連して、「テロに対しては国際社会が結束して戦い続けなければならない」と述べ、テロとの戦いに連携して取り組んでいくことを確認した。


本当にテロと戦い続けなければならないのか、私は疑問に思っている。
もちろん、先のアルジェリア人質事件は許されるものではない。
でも、事の発端は、先進国が彼らをそういう形でしか自分たちの意志を示せないように追い込んだからではないのか。


クラスの皆でいじめていた奴が、ある日突然武器を持って襲撃してきた。
クラスで話し合った結果、いじめてゴメンという対話ではなく、より強力な武器と人数を持って叩き潰すことに決定した。
そして泥沼の抗争へ・・・。
そんな構図ではないのだろうか。


いかにイスラム教過激派とは言え、同じ人間なのだから言葉が通じないわけではないだろう。
それを頭から悪と決め付け、問答無用で叩き潰す。
そんなことをやっているからテロは無くならない。
戦争も無くならない。
どうして人間はこうも愚かしい。


陰謀論や宗教対立については、また別の機会としたいと思います。


●どうぶつ会議

どうぶつ会議という絵本がある。
第二次大戦後、世界各国の首脳は集まって世界平和への会議を何度も開催するが決裂に終わってばかり。
そんな中、子どもたちの為にとどうぶつ達はどうぶつ会議を開く。
内容は読んでいただくとして、物事を単純化することで見えてくることは多い。
世の中って本当はスゴク単純なんだけど、複雑に見えているだけなのかもしれない。


テロとの戦いなんて絶対に子どものためにはならないし、自分たちの為にもならない。
そのうち本当に動物に子どもを拐われちゃいますよ。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ