いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

差別

なぜ未だに放射能は穢のごとき扱いを受けるのか

IMG_7868
(写真は六ケ所村の再処理工場のものです)


中学生の作文コンクールのツイートが流れていた。
福島から来たということで、偏見を受けたということと、一方では共感されたという話である。
許可は取っていないけども、引用させていただきます。
https://twitter.com/TukikoH/status/805646518778662912/photo/1


未だにそういう偏見があるのだなと思ったのが正直なところだ。
でも、放射能の知識が更新されていなければ、何年経っても一緒なのかもしれない。
作文には共感し手を差し伸べたい等あるが、その大前提となるのが正しい知識である。


例えば、エボラ出血熱の患者に共感をしたとして、防護服無しで看護に当たるのはただの自殺行為である。
逆に、放射能は感染らないという知識がなければ、援助物資お断りみたいな話になるし、仮に共感したとしてもわだかまりは残るだろう。


先日起きた、福島県から避難した子供へのいじめや、担任教師が菌呼ばわりしたことの原因はメディアのデマを広げたせいだとされているが、私はちょっと違うと思う。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161125/Bizjournal_mixi201611_post-8503.html


私たちに放射能の知識があれば、仮メディアがデマを広げても信じることはあるまい。
結局のところ、日本各地にこれだけ原発がバカスカ建っていながら、まともな放射能の教育をしなかったことに要因があると思う。
なぜか、原発の安全神話が崩れるからである。


原発の安全神話は、一言で言って嘘っぱちである。
が、日本国民はそれを信じた。
原発はそもそもの出発点からして嘘である。
その嘘が露呈すれば、建設から40年で廃炉にしてまた建てるという、延々と続く甘い汁が吸えなくなってしまうからである。
で、原発に対する風当たりが強くなって来れば、40年での廃炉は科学的根拠がないからもっと使えとした。


今のような現状は、都合の悪いことを隠してきたツケである。
何十年と続けてきたことを数年で更新することは容易なことではない。
差別や偏見、いじめの理由は様々であるが、こと放射能に関するものについてはもう少し続くのではないだろうか。
本当にアホみたいなことだけども、人間一度信じたことを疑うことは非常に難しい。
もちろん自分も人のことはいえないけども。

難民キャンプ少女のイラストは芸術でも表現の自由でもない

ちょっと前、難民キャンプの少女の写真をイラスト化し、「他人の金で、そうだ難民しよう」という画像が話題となった。

単なる炎上騒ぎでは収まらず、BBCも取り上げて国際問題になりかけた。

経緯についてはコチラのまとめを参照下さい。

http://matome.naver.jp/odai/2144454476563655201?&page=1



こんなのは単なる誹謗中傷であり、芸術でも表現の自由でもない、終了。

で終わりたいのだけども、一応ちゃんと間違いを検証してみた。



1.    難民は止むに止まれぬ事情で自国を離れる人たちであり、そうだ○○しようなんて軽いノリで今よりいい状況を目指すのは、難民ではなく移民である(もちろん移民の人も軽いノリでは行けないだろうけども)。

2.    そもそも子供が自分の金で移民も難民もできるわけがなく、ましてや他人の金で難民しようなんて考えるわけがない(もっといい国に生まれたかった、みたいなことは思うかもしれないが)。

3.    元の写真の著作権の侵害。



もちろんそれらを言わせているのは、背景にいるであろう大人であると想定しているのだろう。

確かに、そのように考えている人もいないとは言わない。

それでも、難民と移民を間違えているのだから、そうした人もいる、という指摘には当たらない。



芸術や表現の自由は、あくまで他人の権利を侵害しない場合において有効である。

それでも意図せず侵害してしまう場合も少なからずあるが、その場合はごめんなさいで大抵は収まるだろう(裁判や金銭が発生する場合もあるけども)。

でも、今回のイラストは明らかに誹謗中傷と差別であり、これで元の写真を撮ったカメラマンや難民の人たちの権利を侵害するとは思わなかった、というのはちょっと無理があるのではないだろうか。

表現の自由=何をやっても良いでは、下手をすれば他人の権利の侵害合戦となってしまい、結果として非常に殺伐をしたものとなってしまうだろう。

それは逆に表現の自由の幅を極端に狭めるものであり、自分で自分の首を締める行為である。

だからそこ、表現者はそれなりに気を使わなければならない。



とまあ、一応表現者の端くれとしては、そう思うわけであります。

日本人は難民の人たちのことをそんな目で見ているのかって思われたら嫌ですからね。



●日本は難民を受け入れるべきか?


私は以前、現状難民は受け入れるべきではないと書いた。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476825.html


それはもちろん、他人の金で難民しようとしている人がいるからなんてことではなく、日本の側に受け入れ体制ができていないという理由からだ。



先日、安倍総理は国連総会の一般討論演説で難民の受け入れについて質問を受けた際、難民を受け入れる前に女性や高齢者の活躍、出生率の上昇が先だと答えた。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8277.html

難民問題と人口や経済の問題をゴッチャにして誤魔化した(本気で思っていたら救いがないので、誤魔化したとしておきます)。

国のトップがそうなのだ。

日本に受け入れ体制ができていないという私の意見は、残念ながら当たっているようだ。



翻って、日本は難民を受け入れるべきか否かと問われたら、受け入れるべきだと私は思う。

あの場、安倍総理は受け入れ体制を整えていくと応えるべきであった。



自分の住んでいる国がそんなチンケな所だとは思いたくないけども、悲しいかなそういう所なのである。

嗚呼・・・。

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ