いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

地獄

鬼灯の冷徹で地獄の予習しとかなくっちゃ!!

鬼灯の冷徹のOAD(オリジナル・アニメ・DVD)付き単行本の2巻目(単行本は18巻目)が届いた。
去年だったかアニメが面白くて、その流れで予約しておいたものだ。

IMG_3246


現在は3巻目(単行本は19巻目)が予約中だけども、1巻目と2巻目を買った人はとっくに予約してるんじゃないだろうか。
予約限定生産じゃなくて皆に行き渡るようにすればいいと思うのだけども、いっぱい作って在庫抱えたらシャレにならないのでそれはできないのだろう。
世知辛い・・・。


それはともかく、アニメ2期目やらないかな・・・。


鬼灯の冷徹は、閻魔大王の第一補佐官の鬼灯を主人公に、地獄の獄卒達の活躍(獄卒が活躍ってことは、人間の成れの果ての亡者に責め苦を与えるってことだけどもwww)を描いたものだ。
言ってしまえば地獄をパロったものなのだけども、史実(地獄の設定を史実というのはちょっとおかしな気もするが)に基づいたもので、知的好奇心旺盛も存分に満たしてくれる。
妙に世間擦れした地獄と、その地獄から見ても尚地獄に見える現世を皮肉るところなど、若干の毒を持ちつつのユーモアが実に面白い。


まあ、私は地獄行きだろうから、その前にちょっと予習をしとこうと思う次第だ。
それでも、地獄の最下層にある阿鼻地獄は嫌だなあ・・・。
阿鼻地獄:地獄の最下層に位置し、全ての責め苦を足して1000倍にしたものを気の遠くなるような長期間に渡って受け続けるという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E7%8D%84
地獄の設定を考えた人は絶対中二病だろうwww


それにしても、地獄のサービスの行き届いたことか。
窃盗や殺生、横領等およそ人間が犯すであろう罪に対してどの地獄に落ちるのかきめ細かく決められている(どの地獄に落ちるか決定するのが閻魔大王)。
基本的には罰金と懲役の長さで決まる刑法とは比べ物にならないくらいのきめ細かさである。


ところで、作者の江口夏実さんは地獄をパロった罪で地獄行きだろうか?
それとも、地獄を世間に広めた功績で極楽行きだろうか?


では私も、マンガの注意書きを引用して。
この漫画はフィクションですが、地獄はあるかもしれません。
現世での行いには十分ご注意下さい。

死を考えることは生について考えることに他ならない

会社の先輩が亡くなった件についてこちらに書いた。
http://takanobu.me/?p=1842
否応無しに、死について考えることになった。


●地獄や天国などの死後の世界はあるか

今、地獄がブームであるという。
親が子供のしつけに使うのだとか。
悪いことをすると地獄に落ちるよ、というわけだ。
こんな本を見せながらやるそうだ。

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]
価格:1,575円(税込、送料別)




子供が悪いことを止めるのは死後の恐怖の為である。
悪いことをするなと抑制をかけるだけであり、進んで良いことするということではない。


個人的には死後の世界というものはあると思っている。
人は死ぬときに21グラム軽くなるという(本当かどうか知らないけども)。
こんな映画もあるくらいだ。

21グラム(Blu−ray Disc)

21グラム(Blu−ray Disc)
価格:2,283円(税込、送料別)



それが何に起因するものなのか。
魂や霊魂と呼ばれるものは本当にあるのか。
人類はいずれ解き明かす時が来るだろう。


神が自分達に似せて人間を作ったのであれば、それが解けない理由は無いからだ。
人智を超えたものはたくさんあるが、まだそれは人智が追いついていないだけである。
追いついた時に必要とされるのが倫理であって、その話はまた別に譲る。


●生と死は表裏一体

生があるから死があり、死があるから生がある。
それは逃れることのできない宿命だ。
死について考えることは生について考えることに他ならない。
死に方を考えることを生き方を考えることである。
分かることは死ぬ瞬間までであり、その後のこと(死後の世界)について考えたって仕方がない。
後は残された者の心配をすることくらいだろう。


花は散るから美しいのではない。
精一杯咲くから美しいのである。
美しく咲くから、散り際も美しいのだ。


良い死を迎えたいのであれば、良く生きるしかない。
至極単純なことである。
だから難しいのだけれども。


先日、施餓鬼に行って来たんだが・・・

先日、施餓鬼に行って来た。
施餓鬼(せがき)とはその名の通り餓鬼に施す行為であり、餓鬼とは死んで餓鬼道へ生まれかわったものをさす。
餓鬼道はいわゆる地獄の一つであり、生前において強欲で嫉妬深く、物惜しく、常に貪りの心や行為をした人が死んで生まれ変わる世界とされる。
餓鬼にもいろいろあるようだが、最初に連想するのは以下の餓鬼だろう。

一切の飲食ができない餓鬼。
飲食しようとするも炎となり、常に貪欲に飢えている。唯一、施餓鬼供養されたものだけは食することができる。

ご先祖様の中には、もしかしたら餓鬼道へ落ちている人もいるかもしれない。
そういう人達を救うべく、善行を積む行為が施餓鬼だ。


●餓鬼は救えど・・・

やってて思ったのは、地獄の餓鬼は救うのに、当の生きている人間は救わんなあということだ。
罰当たりを覚悟して言えば、お坊さんにとってお盆は書き入れ時だ。
当然お金が動く。
そうしてもらったお金を何に使う?
生臭坊主はランボルギーニとか買うのかもしれないが・・・。


施餓鬼をするには、この世に生きる全てのものに食べ物を分け与えるというのも含まれる(多分)。
でも、できてないよなあ。


このままじゃあ、生きてる人間も餓鬼道へ落ちた人も救われないんだろうなあ。
そして、私の行き着く先はきっと餓鬼道なのだろう。

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]
価格:1,575円(税込、送料別)



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ