いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

値上げ

ドコモとKDDIが端末代を1~2万円値上げ。思ったより早かったな。

NTTドコモが主要スマートフォンの端末代を近く引き上げることが16日、分かった。新規の契約者にとって端末の購入費などが現行より1万~2万円程度増えることになる。総務省が「実質ゼロ円」といった過度な端末値引きを是正するよう求めたことに応じた。販売代理店に支払う販売奨励金を抑え、新規契約者への過剰な現金還元に一定の歯止めをかける。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160116-00000115-jij-bus_all


どうせ他社も追従するんだろと思っていたら、早速KDDIも値上げを発表した。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160119-OYT1T50052.html


思ったより早かったという印象だが、やはりこうなったか。
結局実質0円を辞めたというだけで、機種を頻繁に変える人にも、使い続ける人にもメリットは無い(一応ソフトバンクは1GBのプランを始めたが、結局高いままだし)。
しかも、iPhoneはもともと10万円くらいするものだから、それを1~2万円で売るにしても、結局値引きが中途半端になっただけである。
そして、端末を値上げした分はどこに消えるのか?おそらく最近始めた学割ではないかと思われる。
https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/gakuwari2016/

お金のない学生を割引するのは良いと思うけども、結局あまり使わない人が割を食うという状態は何も解決されていない辺り、経産省はどう考えるのだろうか。
まあ、文句があるならさっさと格安スマホに移れ、ということなのだろうか。


●スマホやタブレットの料金体系がワケガワカラナイヨ

先日友達に付き合ってドコモショップに行った。
その時にいくらくらいになるのかねえなんて料金を見てみたが、基本料金はともかくとして、サポート料だのなんちゃらオプションだのが入り、値引きを含めて結局月々いくらになるのか、よく分からなかった(所詮人事だから理解する気がないって言われれば確かにそうなのだけども)。
そしてよく分からん有料アプリまで強制的に付いてきて、結局そういうのが良く分からない人から金を取ろうとしているとしか思えない。
価格コムには、これこれこうやったら得をしたとかしないとか書いてあり、なんかもう知ってる人だけが得をする、税金か法律のようだ。
あまり使わない人が高いって言う前に、こういうことをやってるからいけないのではないだろうか。
まあ、既に格安スマホの私には関係ないのだけどもwwww

{悲報}銚子電鉄が利用者の低迷で初乗り30円の値上げへ

今日(10月1日)から、銚子電鉄は初乗り30円の値上げを行う。
ぬれ煎餅で一時盛り返したものの、東日本大震災以降利用者が減り、赤字基調となっていたという。
http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/news/30


私がこんなことを書くと、いかにも銚子電鉄に精通し、応援しているように見えるかもしれないが、恥ずかしながら一回も乗ったことがない。
銚子に行ったことも、多分2ケタ回数には満たないだろう。
ぬれ煎餅も、モチモチとした食感は好きだけども、味は私には少し塩っぱすぎてちょっと苦手である。
それでも宣伝はしておきますwwww



ただでさえクルマが移動の主体となっている現在で、それに輪をかけての少子高齢化だ。
黙って見ていれば、利用者は減ることはありこそすれ、増えることはまずないだろう。
まさに座して死を待つ状態である。


利用者を増やすためには、二番煎じながらもたま駅長のようなマスコットを置くとか、ドラマやアニメの聖地化という手もある。
それでもまあ、一時しのぎの感は拭えない。


そこで私は考えた。
撮り鉄の人たちにお金を落としてもらおう、と。
基本的に撮り鉄の人たちは、電車を撮ることには興味があるが、乗る方向には無い。
だからこそ、撮り鉄とか乗り鉄なんてジャンルが成立しているわけだ。


ではどうするか、まずは、撮影スポットに募金箱やぬれ煎餅の無人販売所を設置。
「銚子電鉄が存続の危機です。写真撮れなくなっちゃいます」と煽るwww


駅でない撮影スポットでの降車を可能とする特別便を増設して撮影会を開催(素人のブレインストーミングだと思って下さい)。
電車に乗ることに興味はなくても、撮影の為の乗車はすると思う。
もちろんたま駅長も撮り鉄魂をくすぐるように配置。


こんな案どうだろうか。
ダメかねえ。

電気料金値上げ拒否→再契約でさらに割高に?

企業向けの電気料金の値上げとなる4月が目の前に迫っている。
しかし、契約の合意に至ったのはわずか13%に過ぎない。
その他の企業はまだ値上げに対して拒否の姿勢を貫いている。


値上げに納得できずに料金が不払いとなった場合、検診から50日で電気の供給を停止できるルールはあるそうだが、ただちにそうするわけではないという。
契約がない状態は困るので、粘り強く交渉を続けていく姿勢だという。


●PPS(Power Producer and Supplier)=特定規模電気事業者という選択

東電との契約が成されない場合、PPSを進める場合があるという。
PPSとは電力の小売をする業者のことで、東日本大震災以降注目を集めている。
一般に、東電などの電気事業者と比較して2~5%ほどの電気料金を削減できると謳っている。
ならば皆がPPSにすれば良いと思えるが、実際には問題点も多い。


●送電網等の設備は電力会社に握られていること

電気を送る送電線を利用することでかかる料金を「託送料金」という。
電力自由化とは言っても送電網を抑えられている関係で電気料金を安くはできない。
電気料金に占める託送料金の割合は、アメリカでは10%未満であるのに対し、日本では20%を超えるという。


30分間における電力の需要量と供給量の誤差を3%以内に抑えよというのが「30分同時同量制度」だ。
これを達成するためにPPS会社は精緻な制御ができる負荷装置等を導入しなくてはならない。
また、この制度の為に、出力の安定しない風力や太陽電池等の自然由来の電力を導入しにくくなっている。


30分同時同量制度をが達成できなかった場合、「インバランス料金」という言わばペナルティを電力会社に支払わなければならない。



当然契約数が増え、扱う電気の量が増えれば増えるほど負荷装置などの設備は大規模になるし、同時にインバランス料金を支払うリスクも増える。
PPSを希望する企業の皆が契約できるかというと、設備投資には時間がかかる関係で無理であろう。


●再契約では20%増し!?

電力会社ともPPSとも契約できず、改めて電力会社と再契約となった場合は現行の電気料金の20%増しとなるという。
ちなみに、4月からの電気料金の値上げは17%を予定しているので、それを上回ることとなる。


非常に汚いやり方だと思う。
皆が契約できないことを知りつつ、値上げを要求、PPSでも良いですよと持ちかけつつ、契約できなければ20%増しとなります。
企業にとって電気を使わないという選択肢はあり得ない。
足元を見るとはこういうことかと思わざるを得ない。


正直こんな会社の電力は使いたくないというのが私の感情だ。
なんというか、ここに日本の縮図が見える気がする。


何はともあれ、急に変えることは難しいので、当面は節電しつつ徐々に使用電力を少なくしていくのが良いと思う。

【送料無料】節電・節約の...

【送料無料】節電・節約の...
価格:590円(税込、送料別)



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ