いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

仏教

先日、施餓鬼に行って来たんだが・・・

先日、施餓鬼に行って来た。
施餓鬼(せがき)とはその名の通り餓鬼に施す行為であり、餓鬼とは死んで餓鬼道へ生まれかわったものをさす。
餓鬼道はいわゆる地獄の一つであり、生前において強欲で嫉妬深く、物惜しく、常に貪りの心や行為をした人が死んで生まれ変わる世界とされる。
餓鬼にもいろいろあるようだが、最初に連想するのは以下の餓鬼だろう。

一切の飲食ができない餓鬼。
飲食しようとするも炎となり、常に貪欲に飢えている。唯一、施餓鬼供養されたものだけは食することができる。

ご先祖様の中には、もしかしたら餓鬼道へ落ちている人もいるかもしれない。
そういう人達を救うべく、善行を積む行為が施餓鬼だ。


●餓鬼は救えど・・・

やってて思ったのは、地獄の餓鬼は救うのに、当の生きている人間は救わんなあということだ。
罰当たりを覚悟して言えば、お坊さんにとってお盆は書き入れ時だ。
当然お金が動く。
そうしてもらったお金を何に使う?
生臭坊主はランボルギーニとか買うのかもしれないが・・・。


施餓鬼をするには、この世に生きる全てのものに食べ物を分け与えるというのも含まれる(多分)。
でも、できてないよなあ。


このままじゃあ、生きてる人間も餓鬼道へ落ちた人も救われないんだろうなあ。
そして、私の行き着く先はきっと餓鬼道なのだろう。

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]
価格:1,575円(税込、送料別)



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ

無宗教は世界では特殊なのかあ?

フェイスブックで徐々に海外の方とやり取りする機会が増えてきた。
友達になると人によるけれど、けっこうメッセージをくれたりする。
それが普通なのか、それとも神秘の国の日本人を構いたいのか分からないけれど、拙い英語をGoogle先生に補助してもらいながら何とかやり取りができている。
トルコ語からヘブライ語まで何でもござれだ(笑)


●日本人と宗教

フェイスブックでやり取りする上で、最初の方に聞かれるのが宗教は何ですか?という問いだ。
フェイスブックというと何となくアメリカやヨーロッパというイメージが強いが、アジア諸国の方も多く登録されていて、私は仏教徒ですという方が多い。
たぶん仏教徒であること(仏教だけに留まらず)に誇りを持っているのだと思う。
共通の話題をというのもあるかもしれない。
でも、遠い国の人達と同じ宗教について語るというのは、スゴイことではないのか。


日本で仏教というと、絢爛豪華な生臭坊主というイメージが強い(少なくとも自分の中では)。
もし、自分が仏教を信仰していたとして、そんなものを誇って他の国の人達に語れるだろうか。
もしかしたら、それは無宗教という立場から見た、非常に狭い見方なのかもしれないけれど。


絢爛豪華であることがいわゆる清廉潔癖であることと絶対的に相反するものではないのは確かだろう。
でも、それをなかなか受け入れることができないのは、お金が神様という意識に毒されれている結果なのかもしれない。
そうありたくないと思うのは、本当のところは自分がそうなっているからに他ならないのかもしれない。


私は無宗教です(I am no religion)と返信するとき、なんとも言えない違和感が襲う。

【送料無料】池上彰の宗教がわか...

【送料無料】池上彰の宗教がわか...
価格:840円(税込、送料別)




↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ