いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

交通事故

夜間、横断中の事故の96%って、随分と大雑把なデータだなあ・・・。

IMG_7637


歩行者が夜間に道路を横断中に車にはねられた昨年1年間の死亡事故、625件のうち、96%の車のヘッドライトがロービームだったことが警視庁の調査でわかった。
夜間の死亡事故625件ではロービームが597件、ハイビームが9件、補助灯が6件、無灯火が13件だったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-soci

補助灯と無灯火ってなんだよとつっこみたくなるが、ここでいう夜間が何時からか分からないので、もしかしたら夕方も含んでいるのかもしれない。


個人的には、これは他人事ではない。
というのも、先日まさにハイビームであれば防げたであろう事故をやらかしたからである。
一応、ロービームとハイビームの使い分けについてはこちらに書いたので、参照いただければ幸いです。
的確なコメントもつけていただけたので、参考になるかと思います。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/46139021.html


あれ以来、大丈夫だろうと過信はしない。
ハイビームでいけるところは必ずハイビームにすると決めた。
だからいうのだが、ロービームであった597件のうちハイビームであれば事故を起こさなかったといえるものが一体何件で、どんな状況だったのか明らかにすべきではないだろうか。
事故は一件一状況が異なる。
信号はあったのか?歩行者は車を認知していたのか?歩行者の服装は?時間帯は?道路状況は?ドライバーの健康状態は?
それらを検証せずして、96%がロービームだったとはあまりに大雑把である。


普段走るのは車通りがまばらな田舎道だからだと思うが、私の認識では、けっこう多くの人がロービームとハイビームを切り替えて使っている。
恐らくほとんどの人は状況に応じて切り替えているのではないだろうか(もちろん統計を取らないと分からないし、その上でないと上記の96%という数字もあまり意味はないと思うが)。


私は、何かあったらすべて車の責任という考えが間違いだと思う。
ロービームは40mしか届かないというが、それはあくまで車から見て障害物等をドライバーが認知できる距離であり、歩行者からは車の光源であるヘッドライトはもっと遠くから見える。
また、歩行者が反射材を身に着けていれば、例えロービームであっても40mよりも遠くから認知可能である(夜出歩くときはせめて白っぽい服を着てくれと思う。上下真っ黒い服なんて、轢かれたいとしか思えない)。
警察庁のサイトによると、反射材を着けている歩行者は、着けていない歩行者に比べて2倍以上手前から認知可能とある。
これはハイビームで認知できるとされる100mとほぼ同じである。https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/reflector/index.htm


ドライバーと歩行者(もちろん自転車も)が双方で気を付けることで、初めて事故は防げるのではないだろうか。
車、自転車、歩行者が混在している状況では(もちろんすべて分けられればそれが一番良い)、事故を防ぐにはそれしかないと思うのである。
事故を起こして悲しい思いをするのは、ドライバーも歩行者もないのだから。

怖いと話題の、ニュージーランド政府作成の交通安全啓蒙ビデオが本当に怖かった。

ニュージーランド政府制作の交通事故の悲惨さを訴えるビデオは悲惨だと聞いてみたら、本当に悲惨だった。
幹線道路を飛ばす車と横道から出てくる車。衝突は不可避で、事故の1秒前に時間が止まる。双方の運転手が降りてきて、言葉を交わす。
「すまない、行けると思ってしまった。」
「俺ももってゆっくり走っていれば・・・」
「お願いだ。息子が乗っているんだ」
「速すぎてどうしようもできない」
その言葉を聞き、運転席へと戻る運転手の顔が忘れられない。そして時間が動き出し・・・。

 

事故のきっかけは本当にささいなことである。
ちょっとスピードが出過ぎた。
ちょっと何かに気を取られた。
逆に集中しすぎると周りが見えなくなったり。
運転しているとどうしても起こり得ることだ。あまりに脇見運転がヒドイとか、無謀運転が過ぎるとかだと直さなければならないが、人間である以上は恐らく100%やらないのは無理だろう。
人間とはそういうものだと、ある程度はそう思うしかないのだと思う。


 いい加減な人間というものを受け入れた上で私が自己対策として有効だと思うのは、自分は事故を起こす可能性があると常に認識しておくことだと思う。
シートを水平近くまで倒し、肩肘を立てて運転したり、サンダルやハイヒール、クロックスなどでペダル操作を行う等、確かに平常時であればそれでも問題ないのかもしれないが、それを逸脱した時にとても対処できるようには思えない。
車が誰でも簡単に運転できるようになった副作用なのだと思うが、動いている車は、銃の弾丸なんかとは比べものにならないほどの運動エネルギーを持っている。
エネルギーの比較


車が人の列に突っ込むという悲惨な事故は枚挙に暇がない。
車は危険であり、自分が運転をミスすれば簡単に人を殺せるものであることを改めて認識した次第だ。
日本の交通事故の啓発ビデオは、大体が事故後のグチャグチャになった車の写真かなにかで悲惨さを伝えるが、紹介したニュージーランドのビデオのようなエネルギー感は正直感じない。
誤解を承知で言えば、日本のものは現実感が薄い。
自分の運転する車が凄まじい運動エネルギーを持ち、人や物に突っ込む。
そんな生の感覚のようなものが伝わる、とても良いビデオだと思った。
絶対にやりたくないけども・・・。
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ