いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

ロービーム

夜間、横断中の事故の96%って、随分と大雑把なデータだなあ・・・。

IMG_7637


歩行者が夜間に道路を横断中に車にはねられた昨年1年間の死亡事故、625件のうち、96%の車のヘッドライトがロービームだったことが警視庁の調査でわかった。
夜間の死亡事故625件ではロービームが597件、ハイビームが9件、補助灯が6件、無灯火が13件だったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-soci

補助灯と無灯火ってなんだよとつっこみたくなるが、ここでいう夜間が何時からか分からないので、もしかしたら夕方も含んでいるのかもしれない。


個人的には、これは他人事ではない。
というのも、先日まさにハイビームであれば防げたであろう事故をやらかしたからである。
一応、ロービームとハイビームの使い分けについてはこちらに書いたので、参照いただければ幸いです。
的確なコメントもつけていただけたので、参考になるかと思います。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/46139021.html


あれ以来、大丈夫だろうと過信はしない。
ハイビームでいけるところは必ずハイビームにすると決めた。
だからいうのだが、ロービームであった597件のうちハイビームであれば事故を起こさなかったといえるものが一体何件で、どんな状況だったのか明らかにすべきではないだろうか。
事故は一件一状況が異なる。
信号はあったのか?歩行者は車を認知していたのか?歩行者の服装は?時間帯は?道路状況は?ドライバーの健康状態は?
それらを検証せずして、96%がロービームだったとはあまりに大雑把である。


普段走るのは車通りがまばらな田舎道だからだと思うが、私の認識では、けっこう多くの人がロービームとハイビームを切り替えて使っている。
恐らくほとんどの人は状況に応じて切り替えているのではないだろうか(もちろん統計を取らないと分からないし、その上でないと上記の96%という数字もあまり意味はないと思うが)。


私は、何かあったらすべて車の責任という考えが間違いだと思う。
ロービームは40mしか届かないというが、それはあくまで車から見て障害物等をドライバーが認知できる距離であり、歩行者からは車の光源であるヘッドライトはもっと遠くから見える。
また、歩行者が反射材を身に着けていれば、例えロービームであっても40mよりも遠くから認知可能である(夜出歩くときはせめて白っぽい服を着てくれと思う。上下真っ黒い服なんて、轢かれたいとしか思えない)。
警察庁のサイトによると、反射材を着けている歩行者は、着けていない歩行者に比べて2倍以上手前から認知可能とある。
これはハイビームで認知できるとされる100mとほぼ同じである。https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/reflector/index.htm


ドライバーと歩行者(もちろん自転車も)が双方で気を付けることで、初めて事故は防げるのではないだろうか。
車、自転車、歩行者が混在している状況では(もちろんすべて分けられればそれが一番良い)、事故を防ぐにはそれしかないと思うのである。
事故を起こして悲しい思いをするのは、ドライバーも歩行者もないのだから。

(悲報)イノシシ轢いちまったよおおおおおお・・・。

IMG_4199


先日、イノシシを轢いてしまった。

夜、田舎道を快調に走っていると眼前に道を横断するイノシシの親子が飛び込んできた。

咄嗟にブレーキ!

ABS作動。

避け・・・否、イノシシは親を先頭に並んで横断していて避けるスペースはない。

ブレーキ!ブレーキ!

カコンと乗り上げるような感触があり、プギャッ!鳴き声が耳に届く・・・。



正直すぐにでも車を降りてどうなったか確認したかったが、親がいたのでこっちの身も危ない。

とりあえずその場はそのままとし、明るくなってから現場に行ってみると、イノシシの死体はなかった。

無事だったのかもしれないし、誰かが片付けたのかもしれない。

こちらの被害としては、ぶつかった時に少し右にハンドルを切っていたようで、フロントフェンダーが少し押されて、ドアの端が開閉の度にちょっと擦るようになっていた。

恐らく、本能的に大きな親を避けたのだと思われる。

親はほとんど道を渡り終えていたので直進していても大丈夫だったと思うが、ほとんど無意識にやったのだろう。

フロントフェンダーは手で引っ張ったら元に戻ったので、こちらの被害は実質的にゼロだった。

心の傷を除けば・・・。



それでも、横断していたのが人で無かったことと単独であったことが幸いだった。

田舎走りよろしく、後ろにペッタペタにくっつかれていたら、多分玉突き事故だっただろう。

後ろを気遣ってブレーキを緩めることを選択できる自信は私には無い。



衝突を避ける方法として、すぐにでもできることが2つある。



1.
速度を落とす。

ぶっちゃけて言うと、夜の田舎道は皆けっこうな速度で走る。

私だけ速度を落としてもいいのだけども、まずすぐに追いつかれて邪魔物扱いとなるだろう。

後続車は追い越しをかけようとして要らぬリスクを生む。

私の考えとして、他の車をリードできるくらいの速度で走る方が安全だと考えている。

もちろん場合によりけりだけども。



2.ヘッドライトをハイビームにする。

この場所はちょこちょこ対向車が来るし、まばらにではあるものの街灯があるのでロービームで走っていた。

多少面倒ではあるものの、対向車がいない場面ではちゃんとハイビームにしておけばイノシシとの衝突は避けられたことと思う。



よく聞く話として、走行中はハイビームでないと道路交通法違反になるというものがある。

しかし、条文を読む限りは、夜間は灯火を点灯し、すれ違い等では消すなり減光しろと書いてあるだけだ。



(車両等の灯火)

第五十二条  車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。



つまりは運転するものの責任で安全に留意しろということであり、走行中はハイビームでないと違反ということではないと思う(私の認識違いでしたら申し訳ありません)。

ちなみに、免許書き換え時の違反者講習でも同様に、走行時はハイビームですれ違いの時などにロービームに切り替えろと教えられるが、どこから出てきた話なのだろうか。

多分JAFのホームページにあるように、道路運送車両法等では、ハイビームは走行用前照灯、ロービームはすれ違い用前照灯とされているという、この名称から来ているのかもしれない。



ただ、正直この一件で、自動でハイビームやロービームはおろか配光も制御する、いわゆるアダプティブヘッドライトがスゲー羨ましいと思った。

早くもっと下の方に降りて来い!!

BMWのアダプティブヘッドライトの動画があったのでご紹介。




個人的にはアウディのレーザーを使ったものに惹かれる。



こっちで偉そうなことを書いておきながら恥ずかしい限りだが、動物を轢くのはやっぱり嫌である。


今でも不思議に思うのは、車検に通るか通らないかのギリギリの照度しかなかったフィアット・バルケッタで、一度も動物を轢かなかったことだ。

避けたこともある。

シックス・センスが衰えてきたか。

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ