いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

パナソニック

BDレコーダーを買い換えたった

先日BDレコーダーを買い換えた。

前のものはまだ使えるのだけれども、かなり古い機種なのでレスポンスも悪く、なにより録画予約が32個までしかできない。

それだけできれば十分じゃないかと思われるかもしれないが、見たいものを毎週予約しているとすぐにいっぱいになってしまう。

ましてや5分、10分のちょい番組に割ける枠はない。

予約した時に、「予約がいっぱいです」と言われて弾かれるのは正直腹が立つ。

何を見て何を切るか、番組改編のこの時期はなんとも悩ましい思いをしてきた。

世界水紀行とか、極上のクルーズ紀行とか、吉田類の酒場放浪記とか、ヨーロッパ空中散歩とか見たいじゃあないか。

そんな思いにようやく終止符が打たれた。



買ったのはこちら、パナソニックのブルーレイ・ディーガ
DMR-BRZ2000という機種(全く関係ないけども、でぃーがって言うと、どことなく奄美大島の方言のような響きがあるwww)。

BW800という機種から買い換えた。
HDD
容量は2TB3番組同時録画で、件の予約件数は128件となっている。

さすがにこれだけ枠があればいっぱいになることはあるまいて。

1TBのものと迷ったが、値差が1万円くらいなので、足りなくて後で外付けするくらいならばと思い2TBのものとした。



IMG_4648_1

使ってみた感想はさすがにレスポンス良く快適だ。

番組部分とCM部分でチャプターを切ってくれるのも良い。
機種は新しくなっても同じディーガであるから、メニュー等多少の違いはあっても基本同じだから使いやすい。
また、性能は格段に上がっているにもかかわらず、本体のサイズが以前の物と比べて半分くらいしかない。

機械の進化はスゲーなあと思った(上が新型、下が旧型)。


ところで、今の機械はアナログの入力(赤とか黄色のやつ)はあっても出力は無いのね。

アナログのスピーカーへの入力をどうしようか迷ったじゃあないか。
仕方がないので、HDMIで入力しているディスプレイ(チューナーもスピーカーも無い、本当に映像を写すだけものも)のイヤホンから出力するハメになった。
手持ちのものでなんとかなったので別に良いのだけども、ちょっと迷っちゃったじゃないか。


正直今回は衝動買いに近い。

某ラジオを聞いていたところ、某森永卓郎さんが、9月は決算期月であることと、メーカー側の機種の更新が重なる事が多いので家電が安く買えると仰っていた(店にもよるけども)。

レコーダーは機能に不満があったのは昨日今日のことではなかったのでいずれ買い換えようとは思っていたものの、その言葉が私の背中を押した。

価格コムの値段推移で見てみても、10月に入ったとたんにポコンと値段が上がっているので、恐らくは森永卓郎さん仰ることは正しいのだろう。

http://kakaku.com/item/K0000697878/pricehistory/



おかげで実に快適でございます。


以前買った電池式では心許ないないので、ちゃんとしたモバイルバッテリー買ったったwwww

以前電池式のモバイルバッテリーを買った事を報告したが、電池3本を使ってiPhone5を6割くらいしか充電できないのではやはり心許ないので、リチウムイオン式のちゃんとしたものを買うことにした。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/22690040.html


買ったのはこちら。
電池では定評のあるパナソニック(サンヨー)製のものだ。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=QE-PL203


電池の容量は5,800mAh/3.7V。
1400mAhのスマホに2.5回充電できる容量という。
外寸は約高さ24×幅90×奥行64mm (USBコードアタッチメント含む)とある。
電池容量、携帯性共に申し分ない。


というわけで、買ってから適当に使ってみた。
私は性格が適当なので、適当に放電して適当に100%まで補充しただけである。
温度や湿度等外的要因は考慮していない。
また、充電開始は0%ではなく、それも適当なところからである。
正確なデータが欲しいという方は他のブログでも参考にしてみて下さい。
尚、充電した対象はiPhone5である。
一応、iPhone5の電池容量は1434mAhとのこと。


1回目:43%(iPhone5の残り電池)→100% 緑(モバイルバッテリーの残電池表示)
2回目:44%→100% 橙
3回目:52%→100% 橙
4回目:70%→100% 赤
緑(60%以上)橙(30~60%)赤(30%以下)。

IMG_8957


















このようにバッテリー残量はランプの色の変化で表示される。


%表示で191%分を充電し、残りは30%くらいなので、まあスペック表示に偽りは無かったわけである。
iPhone5で2回とちょっと充電できることになる。


●ACアダプタは別売りですが・・・


一応こちらの製品はACアダプタが別売りとなっている。
一見不親切に見えるが、モバイルバッテリーの充電の受け口はMicroUSBとなっているので、Androidのスマホを使っている人であればそのアダプタをそのまま使える。
IMG_8953


















私はAndroidからiPhoneへの乗り換えなので、以前買った別売りのアダプタが残してあったのでそれを使っている。
こういうのね。



IMG_8961


















充電コードのアタッチメントは取り外し可能。
USBで接続されている。

IMG_8964


















アタッチメントの先端はMicroUSBである。
iPhone5へ充電する場合はLightningへと変換が必要になる。
本当に変換するだけだけれど、それ以外何も付いていないこれがなかなかよろしい。
 

そのアダプタでiPhoneを充電するには、MicroUSBからLightningに変換しなければならないけれど。
ちなみに私はこれを使っている。


●モバイルバッテリーの常用はしないけれど。


たまに電車に乗るとモバイルバッテリーを繋ぎながらパズドラ(パズドラに限らないけど)をやっている人を見かける。
そこまでしてやりたいのか?と思うが、まあやりたいのだから仕方がない。
私の場合はゲームはやらないので、モバイルバッテリーを上記の人みたいに常用することは。
停電等のいざという時の為と、TwitterなりFacebookなりfoursquareなりを気兼ねなく使う為である(あんまり外で使いまくることないけどwww)。
いざという時はあると思って備えておくのが肝要だと思っている。



改めて思うのは、iPhone5はバッテリーに関しては非常に優秀だということだ。
当初、あまりの使いにくさにぶん投げようと思ったiPhoneだが(もう慣れたけど)、電池食いのAndroidは倍くらいの容量のバッテリーを積んでようやく同等の稼働時間を確保している。
燃費が悪いからガソリンタンク大きくしようぜ、というのはやはり時代に合わないと思う。



モバイルバッテリーで充電しようと思ったら、電池の容量は非常に重要だ。
今のAndroidのスマホは3000mAh超えのものもある。
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/shl22/



その場合だと、このモバイルバッテリーでは1回のフル充電がやっとというところだろう。
この差は非常に大きい。
私はアップル信者ではないけれど、こういう点では先見性を認めざるを得ない。


もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」 
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ