いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

ダイハツ

お次のタイヤはブリジストンのブレイズに。良いタイヤです。

ボチボチタイヤ変えないとなあとコチラに書いた
そして、次のシューズはブリジストンのプレイズとした。
http://tire.bridgestone.co.jp/playz/

BO5A6539


疲れにくいタイヤということで、本当に疲れにくいのか興味があったのだ。
結論としては、タイヤを変えるとここまで変わるのかと思うくらい変わった。
今まで私は、いわるゆコンフォートとかエコタイヤばかり選んできた。
それでも多少は静かになったかなあくらいの変化はあったのだけども、ここまで変わったと思えたのは、今回が初めてだ。

BO5A6535

最近のタイヤにしては、水が少なくスポーティーなパターン。
溝が少なければスポーティーという、私の一昔前の価値観によるものwww


●コーナリングの安定性

所詮足回りどころか何もいじっていない軽自動車なので、コーナリングのスピードといってもたかが知れているのだけども、今までと同じように曲がっても横Gのかかり方がまるで少ない。
これは一転がり、というか、一カーブではっきりと分かるレベルだ。
恐らく、サイドウォールの剛性を強化した「パワーサイド構造」により、ロール(傾き)が少ないからだと思われる。
ふらつきが少なく、舵角修正が少なくて済むというのもうなずける。


●直進安定性の向上

ダイハツのミラ・イースはもともと直進安定性の悪いクルマではないのだが、今までの状態よりも一本芯が通ったように直進安定性は向上した。
理由は、サイドウォールの剛性アップによって、外乱を受けてもたわみが少ないからだろう。
コーナリングほど明確に分かるものではないけども、ちょっと得した気分になった。


●乗り心地はちょっと固いか

「パワーサイド構造」と偏摩耗を防止するという「高剛性ショルダーブロック」による弊害だろう、乗り心地は明確に固いと思った。
エナセーブでやっていた、指定空気圧2.6キロを3.0キロにするのを躊躇したほどだ。
でもまあものは試しということでやってみたら、意外や2.6キロのときよりも乗り心地は良くなった。
正確には、乗り心地自体は固いのだが、ショックの角が取れたような感じになり、サイドウォールのいなし感が生きてきた。


これは推測だけども、2.6キロの時は、ショルダー部が強く当たっていたのだと思われる。
それが3.0キロとなってちゃんと中央も接地するようになり、ショックの角が取れたのだと思われる。
ある程度距離を乗ってみないと確かなことはいえないけども、恐らく2.6キロではショルダー部が真っ先に減っただろう(ショルダー部を強化したとはいえ、そこが強く当たっていれば減るだろう)。
エナセーブではいい感じに摩耗してくれたが、果たしてプレイズはどうなるだろうか。

●ロードノイズ

全体的に音量は下がったように思えるが、高めのシャーッという音だけがほとんど変わらないので、そこだけ耳に付くようになった。
ロードノイズについては謳っていないものの、そこそこ静かに感じる。
どうしても静かな方がいいというのであれば、レグノの行くしかないのだろう。


●総括

総括として、プレイズはとてもいいタイヤだと思う。
もし私が助手席専門だとしたら、間違いなくプレイズを勧める。
ロールが少なく外乱にも強いとなれば、乗っていてこれほど楽なことはない。


ではなぜ助手席専門ならばと付け加えるのかというと、あまりに安定しすぎて運転する側からするとちょっとつまらないのである。
今までと同じようにロールを起こすには(別に起こす必要はないのだけども)、どうしてもスピードを上げなくてはならない。
正直ミライースにはオーバースペックだと感じた。
ミライースにはもっとクソなタイヤ(失礼www)の方が合っていると思う。
とはいえ、エコピアと比べるとそこまで値差はないので、どっちか選べといわれたら、プレイズを選ぶと思う。


追伸

重心が高く外乱も受けやすい背の高いクルマには、プレイズはドンピシャだと思う。
ただ、エコピアに「TYPE H」という、プレイズのようにサイドウォールを強化したものがある。
http://tire.bridgestone.co.jp/ecopia/ex20_c_type-h/index.html

TYPE Hとプレイズは一体何が違うんだ??と思わなくもないが、きっと試すことはないのだろうな。

そろそろタイヤが交換時期だぞい

さて、スリップサインが露出するまで1mm弱。
そろそろ交換時期である。
コチラでダンロップのエナセーブを履いており空気圧も適正にしているが、ショルダー減りが激しいというコメントがあったので、良い機会だと思い私も同じ銘柄(私はエナセーブのEC203を履いていたが、もしかしたら型は違うかもしれない)のものを履いていた。

BO5A6318

BO5A6320

ここまで来るのに約3万キロ。
特に片減りもなく、きれいな減り方をしている。
これならば及第点ではないだろうか。
ちなみに指定圧2.6キロのところ3.0キロ入れていた。
ただ、指定圧での検証はしていないので、それで特に問題なければ高くする必要はないでしょう。
仮に高くして何かあっても私は責任は取りません(というか取れません)。
空気圧の変更はあくまで自己責任でお願いします。

BO5A6323

ただ、写真のように左の前輪だけは外側のショルダー部が他より減っており、溝が潰れてしまっている。
一応ローテーションはしているので、ここだけ減っているのはちょっと解せない。
左前輪に何かしらの問題(アライメントの狂い等)があるのであれば左前を経由した他のタイヤも同様に減っていないといけないのだけども、減っているのはここだけである。
このタイヤが今の位置にに回ってきた後に何かやったかだけども(ぶつけたとか)、ちょっと記憶にない。
パンクしたのは別のタイヤだ(パンクした時は後輪だったが、今は右前輪にきている)。
なので、とりあえずこれは保留とし、新しいタイヤでどうなるか観察してみたいと思う。
というわけで、次のタイヤは何にすんべかな。

ミライースのシートをレカロに変えたった

昨年末のことだが、ミライースたんのシートをレカロに変えた。
純正のシートで長く乗っていると、腰が痛くなるからだが、さすがに我慢できなくなってきた。
レカロに思い入れがあるわけではなく、可能であればフォルクスワーゲン辺りのシートを引っぺがして来てポン付けできれば一番良いのだけども、それはできないので。


交換自体は2時間ちょっとで終わった。
と書くと簡単そうだが、分かりにくい説明書で、んだよこれ、どこに付けるんだよと悪態を付きながらやった。
ここを外してこう付けるんだよ、なんて写真を撮りたかったのだけども、日が暮れてくるわ疲れるわで、それはもう早々にやめた。


シートは中古で、シートレール(ベースフレーム)と合わせて、金額は約45000円で済んだ。
車検が絡んでくるのでベースフレームは新品を買ったが、シート本体とほぼ同じ値段なのはちと納得いかない(シートは中古だけども)。



中古のシートは、リクライニングさせるダイヤルの片方が無く、もう一つの方はなにやらネバネバする。
ラッカーの薄め液で拭いてみたが、もうダイヤル自体が柔らなくなっており、表面のネバネバは落とせても、その下から更にネバネバした所が出てくるのでキリがない。
なので、それは放置することとした(別にシートとしての機能に不具合があるわけではないので)。

IMG_5572

結果こうなった。
正直もっとイタイ感じになるかと思ったけども、色味の関係かあまり違和感がない。
取り付け後に試乗してみる。
レカロは腰の下部、骨盤あたりをキッチリサポートしてくれるが、肩付近がちょっと前に出ているので、ちょっと猫背気味になり変に疲れる。
ミライースはハンドルが固定なので(チルトもテレスコピックも無い)、人間側が調整してやる必要がある。
そのせいもあるのだろうが、どうにも落ち着かない。
どうしたもんかと試行錯誤してるうちに3ヶ月経ってしまったわけだが、結果としてエアランバーサポートを腰の後ろ辺りに差し込み、わずかに膨らませた。
これにより湾曲を平にし、猫背を解消したわけだ。もちろん完璧ではないものの、最初よりはだいぶマシになった。


とりあえずはまあ、これで長距離運転もこなせそうである。

ナビの代わりにタブレットくっ付けたった

友達にタブレットを頂いた。
機種変更の際、下取りに出さずに取っておいてくれたのだ。
じゃあその分出すよということで、譲ってもらったものだ。
型遅れとはいえ、富士通はARROWSのタブレットである。
バッテリーは大容量だし、動作もサクサク動く。

IMG_6336

さすがの10インチオーバー。
ナビの代わりに鎮座するとけっこうデカイwwww


取り付けにはこちらを用い、空いている1DINサイズの所にくっ付けた。
タブレットはそれなりに重量があるので、ちゃんと付けた方が良いだろうと思ったからでもあるし、以前、オーディオデッキを交換した際に開きっぱなしだったというのもある(その時はタブレットを付ける考えは無かった)。
 


レビューではガタがあるなんて書いてあったがそんなことはなく、ガタつき防止用のテープも使わなかった。
タブレットを取り付けた状態で走ってみても何の問題もない。
ただ、ホルダーがオーディオデッキのボリュームのつまみ等を隠してしまい、操作しにくいのが難点だが、まあ、それは目を瞑ろう。


 結局ナビで一番困るのは、動作がモッサリするとか画面が小さいとかよりも、地図が古くなることである。
知っている土地なら問題ないが、知らない土地で山の中を走る羽目になるのは(ナビ上でね)ちょっと困る。
ましてや決まった時間までに到着しなければならないなんて状況だったら、焦ることこの上ない。
運転に支障をきたすようなストレスは事前にできるだけ排除しておいた方が良い。


ポータブルのナビも安くなったが、それでも地図の更新にはけっこうなお金がかかる(買ってから何年かは地図更新無料なんてのもあるが)。
そんなわけでタブレットに登場願った次第。
案内の方法は本チャンのナビの方が良いが、今まで使った限りではグーグルマップで問題ない(ヤフーの方が良いなんて話もあるので、今度試してみるつもり)。
それで不足を感じるようであれば、お金を出してアプリを買うつもりだが、恐らくそんなことにはならないだろう。
というわけで、流行りにのってタブレット持ちになった。
まあ、OSはAndroidだし、デッカイスマホには違いないわけだけども。


タブレットに差し込むSIMカードをどうしたかは、また後ほど報告致します。
というか、これを書いている時点でSIMカードは刺さってないのだけどもwww

ミライースの車検で、代車に新車のミライースが来たったwwww

先日、うちのミライースたんが車検だった。

その代車に来たのがなんと総距離9kmの新車のミライースだった。

最初それがオドメーターだと気づかず、燃費の表示かと思った。

せっかくなので、どのくらい経年劣化しているのが自分の車と比べてみた。



まず気づいたのが、乗り心地がマイルドになっていることだ。

路面からの突き上げがかなり柔らかい。
自分の車は既にショックアブソーバーがヘタってきているのかと思ったが、なんのことはない、タイヤの空気圧がいつも自分が入れている値よりだいぶ低かっただけであった。
自分の車じゃないし、フラレて挙動が不安定になるでもなし、そのままとした。



また、シフトレバーやダイヤル類等を操作したときの節度感がちょっと良いと感じた。

新車はコクコクという感じなのに、自分のはガチャガチャという感じになる。
分かりにくいかwww
この辺りは部品の変更なんかも絡んでくるだろうし、なんとも言えないところではあるけども。


総じて、あんまり変わらないといった印象となる。

まあ、自分の車の走行距離はまだ40000km弱なので、100000km以下は新車という世の定説は正しいことになる(そんなこと誰が言った?私ですwww

IMG_5184

ところで、今回の代車には衝突回避支援システムが付いていた。

代車を受け取る時には、前車に近づくスピードが早いと警告音が鳴るよ、と説明を受けた。

そんなこと言われたらやってみたくなるじゃないかwww

意図的に、ちょっと早いかなと思う速度で前車に近づいたら、ピピピッと警告音を発してくれた。

オオオオオッとちょっと感動した。

430kmで走行中、前方20m以内に車両があると警告してくれるとのこと。

スバルのアイサイトの自動ブレーキも体験したこともあるのだけども、その時は後ろに乗っていただけだったし、やっぱり自分の運転でそれをやると感動もひとしおだ(もちろん意図的にやる場合だけども)。

ミライースも、ホームページを見る限りはどうも自動ブレーキまでやってくれるみたいだ。

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/detail.htm#section_07



自動ブレーキまでやってくれるのは後で知ったことだけども、事前に知っていたとしてもさすがに試す勇気は無かっただろう。
もちろんこういう装置のお世話にはならないに越したことはないが、人間の集中力は長くは続かずすぐに散漫になる。
こういう人間の意識の外を補助してくれる装置は素晴らしいと思う。
衝突回避支援システム付きの車が欲しくなってしまったところを見ると、ダイハツの思惑にハマってしまったようだ。


また、誤発信抑制制御機能なんてのもある。

前方約4m以内に障害物があると、必要以上にアクセルを踏んだ時にエンジンの出力を落とすとのこと。
たまにある、ブレーキとアクセルを踏み間違えることの防止だ。
個人的には、そういう場合にはスロットルが開かないようにしてしまえば良いと思うのだけども、まったく動かないというのも問題があるのだろうか。
私は、ブレーキは左足で踏むので踏み間違えは起こさないと思うが、以前夢の中でアクセルとブレーキを踏み間違えたことがあって焦ったことがある。
ブレーキを踏んでいるつもりが、車が全然止まらないので更に踏み込む。
もしかして踏み間違えた時の感覚ってこんな感じなのかなと思うと、これは自分もやるかもしれないと不安になったことがある。

人間の思い込みもまた、安全にとっては脅威になることがある。



その他には
VCSvehicle stability conrol)やTRCtraction control)と言った、横滑りやタイヤの空転を防ぐシステムも付いていたが、借り物の車でそれを作動させるほど非常識ではないwww


今後自動運転になっていくのだろうけども、それまでのつなぎとして人間の認知能力を補佐するシステムは非常に有効だ。


脇見運転やうっかりをやらない自信は私には無い(もちろん注意はするけども)。

もちろん頼るのは論外だけども、それで救える命や回避できる怪我は少なくないはずだ。


IMG_5180

代車での帰り道。

珍しく小湊鉄道の踏切に捕まった。
場所は知る人ぞ知る「玉屋」さんの横。

IMG_5189_1

燃費計算のアルゴリズムが違うのか、起点が違っているのか平均燃費はじわじわ上がっていってはいたものの、ついぞ
20km/lに届かなかった。
最後にガソリンを入れた時に大雑把に計算したら25km/lだったので、恐らく起点が違っていたのだろう。

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ