いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

タイヤ

ワイ初体験。うまくできたがチョー不安(T_T)

キツキツだ!
体重を思い切りかけるようにしてようやく根元まで押し込む。
半分くらいまで抜き、また押し込む・・・・・・・・


先日、初めてのパンクを食らった。
自転車では何度もあるが、車では初めてである。
いつものように空気圧をチェックしたら、右後輪だけ他より低かった。
一輪だけ低いということは何かあると思いタイヤをよく見てみると、トレッド面(地面と接する溝が刻んである所)に釘が刺さっており、ツバを付けるとわずかに泡が立った。
ついてはいないが、パンクの原因がトレッド面に刺さった釘であり、かつ早く気がつけたことは運がよかった。
これがサイドウォールだったり、空気が抜けている状態で走っていたら、有無をいわさず交換となっていたからだ。
※サイドウォールがやられていると修理はできない。また、空気が抜けている状態で走ってしまうと、教習所で習ったスタンディングウェーブ現象によりタイヤの内面がやられてしまう。


こんなこともあろうかと、パンクの修理キットを車に積んである。
白くてドロドロしたものwww を突っ込む応急用の補修材ではなく、ラバースティックを突っ込む修理キットである。
それを試す機会がやってきた。
こんなに早いとは思わなかったけども。


手順は、タイヤを車から外し、釘などのパンクの原因となっているものが刺さっている所にチョーク等で目印を付け、引っこ抜く。
次にローショ・・・ではなく、のりみたいなラバーセメントを付属のドリルみたいな器具(スクリュードライバー)塗り、釘を抜いた穴n右に回しながらにぶっ刺す。
が、キツキツでなかなか入らない。
体重をかけるようにして思い切り押し込み、ようやく根本まで入れることができた。
入れた器具を右に回しながら半分くらいまでズルリと引き抜きまた根元まで入れを何回か繰り返す。
これもキツキツで骨が折れる。
最後に半分くらいまで引き抜き、金属部分にラバーセメント塗る。
それを根元まで入れ、次の作業までそのままにしておく。


先に穴が空いている器具(インサートドライバー)にラバースティックをセットし、ラバースティックの部分にラバーセメントを塗る。
タイヤに刺したままにしておいたスクリュードライバーを引き抜き、インサートドライバーをそこに突っ込む。
が、これもキツイ。
全然入っていかない。
これ本当に合ってるのかと不安になり、一度インサートドライバーを引き抜き、スクリュードライバーで穴を整えてからもう一度やってみたが全然変わらない。
スクリュードライバーで貫通させた穴が相変わらずのキツキツである。
こういうものなどだと思い、ラバースティックをインサートドライバーにセットし再度挿入。
体重を思い切りかけてグイグイ突っ込む、突っ込む、突っ込む。
やっとのことで根元まで入れることができた。
やっとのことで入れたインサートドライバーを今度はそのまま引き抜く。
空気を入れ、漏れていないことを確認後車に取り付けて作業は完了。


やってみなければ分からないとはいえ、こんなにも力の要る作業なのか?
後で手のひらに違和感を覚えて見てみると、インサートドライバーの柄が当たっていたところが水ぶくれになっていた。

IMG_8796


何日かした後に空気圧を見てみても抜けはないようなので、とりあえずは成功のようである。
修理したところはガムでも踏んづけたようになっているけども、かさぶたが剥がれるみたいにポロッと取れないだろうな・・・。


一応私が使った修理キットはこれ。


ラバーセメントを使わないタイプもあるが、まずい腕を多少はカバーしてくれると思い、ラバーセメント付きのものをチョイスした。
これでいつでもパンクできるぜ!!したくないけどねwwww

ダンロップがやりおった!タイヤの両サイド減り(ショルダー摩耗)の原因ってご存知ですか?

IMG_0001




























ダンロップのカタログをペラペラめくっていたら以下のような記載を見つけた。

IMG_0002










タイヤの偏磨耗についての記述だが、ショルダー摩耗とセンター摩耗について、リム幅が広い、もしくは狭いと書いてある。
リム幅とはホイールに取り付ける所の幅のことだ。
つまり、タイヤの幅が一定であれば、ホイールの幅が広ければリム幅は広く、逆にホイールの幅が狭ければリム幅は狭いことになる。


知っている人は知っているのだけれど、これは画期的なことだと思う。
今までこのような記載がされているものは見たことがない。
以前タイヤメーカーに勤めている人に同じ事を聞いたら、空気圧、もしくはリム幅だという回答は返って来なかった。
アライメントの狂いやセッティングによるという回答だった。


街行くクルマを見ていると、ショルダー摩耗をしている固体が非常に多い。
もしかしたらあなたのクルマもなっているかもしれませんよ。


カタログには、空気圧が不適切な場合が4割とされているが、見かける割合は正直4割どころではない。
空気圧が適性で、アライメントが狂っていないのであれば(タイヤの偏磨耗を生じるほどのアライメント狂いなんてそう簡単に生じるものではない)、考えられる回答は一つ、最初から設定されているリム幅がおかしいということだ。
要はタイヤとホイールの設定が間違っているということだ。
特に軽自動車とミニバンに多い。


噂だがこんな話がある。
フォルクスワーゲンのゴルフだったかポロだったかは、日本仕様は本国よりも太いタイヤが付いているという。
なぜか。
売れないからである。
あまりに細いタイヤだと不安に感じるのか、売れないというのだ。
この話は話半分ではあるものの、現状を見るとあながち噂でもないのかなと思える。


ちなみに、ショルダー摩耗とセンター摩耗のリム幅についての記述は逆だと思う。
私の認識では、リム幅が広ければセンター摩耗を生じ、リム幅が狭ければショルダー摩耗の傾向にある。
と思い、お客様相談センターに問い合わせたところ、カタログに記載されている内容は、100%現実に合致するものではないという回答だった。
濁したような回答だけれど、まあそういうことにしておこうwwww


●最適は設定は?

ここまでくれば当然最適な設定はどうなるのか気になるところだが、残念ながらカタログではそこまでは記載してくれていない。
摩耗の原因だけ提示しておいてなんとも無責任だが、最初から狂っているものが付いている以上書けないこともあるのだろう。


では、最適な設定とは如何に。
ここで注意が必要なのは、単純にタイヤとホイールの幅を合わせるのではなく、「タイヤの接地幅とホイールの幅を合わせる」必要があるということだ。
空気が入って車重が乗りった時のタイヤの設置幅は、カタログ値よりも若干狭くなる。
扁平率や銘柄、空気圧等によっても違ってくるのだけれど、超大雑把に言ってカタログ値に0.9を掛けたくらいになる。


私が以前乗っていたフィアット・バルケッタに付けていたたいやは、195-60-15であった。
195×0.9=175.5
175.5÷25.4(1インチ=25.4mm)=6.9・・・・・・となる。
つまり、最適なホイール幅は約7インチとなる。
ちなみに、バルケッタの純正鉄チンは6.5インチであったので、若干細い。
また、扁平率の高い(サイドウォールの分厚い)タイヤほど、幅の許容幅は広い(多少違っていも問題ない)。
だからまあ、6.5インチでも問題なかったと思う(買ってからすぐにホイールを変えたので、偏磨耗を確かめられなかった。その当時そんな知識が無かったもので)。


だが、こういうふうにやってみると、純正で付いてくるホイールは0.5~1インチくらい細いことが分かるはずだ。
また、ショルダー摩耗をしているクルマが多いのは、最近低扁平のペッタンペッタンのタイヤが多いことも一因であると思う。


●ショルダー摩耗の弊害

ショルダー摩耗について追ってきたが、実際の弊害はショルダーが速攻で減ることでタイヤの寿命が短くなることだけではない。
両サイドが強く当たるということは、真ん中がきちんと接地していないことになる。
雨天時、ここに水を抱える為に、ハイドロプレーニング現象を起こし易くなる。
雨の日に、盛大に水しぶきを後ろに上げているクルマは危険だ。
きちんと設定したタイヤだと水しぶきの量は少なくなる(本当ですよ)。


ミニバンのユラユラした乗り心地は正直好きではない。
気持ち悪くなる。
サスペンションのセッティングもあるが、実はタイヤが関与している部分も多いのだ。
荷重が外側へ逃げていることでサイドウォールの踏ん張りが効かずに、ロールに対して弱くなる。
タイヤの設定で車酔いも防止できる(クルマに強い弱いの個人差はあるけれど)。


もちろんタイヤは長寿命になる。


もし、売らんかなの為におかしなセッティングをしているとしたら、ちょっと許せない。
特にハイドロプレーニングは命に関わることだ。
この問題に中途半端とは言え一石を投じたダンロップは敬意を評したい(私が見ていないだけで、他のカタログにも書いてあるかもしれないけれど)。


↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ