いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

スマホ

キーボードに続いて今度はBluetoothマウスを買ってみたった。

55111


スマホ快適か計画の第二弾として、キーボードに続いて今度はマウスを買ってみた。
買ったのはコチラ。
 

大きさは携帯性を重視して小さいものとし、読み取りは場所を選ばないレーザーとした。
さて、これで快適になるだろうか。
 Bluetoothでマウスとスマホを接続すると、パソコンのようにカーソルが出てくる。
そしてPCと同じようにアイコンをクリックしてアプリを開いたり、文章を書く場合であれば場所の指定や、反転させての選択ができる。
こりゃ便利だぞと思ったが、文書を反転させられたとしても、そこから先の右クリックをしてのコピー(クリップボードへのコピー)ができない。
それができることを期待してかったのだけども、ちょっと残念だ(ちなみに右クリックをすると、アプリが一個間の状態に戻る。アプリを開いた直後であれば、ホーム画面に戻るといった具合)。
なので、キーボードと連携した方が使いやすいと思う。
マウスで反転選択し、Ctrl+Cとか Ctrl+Vとか使うと快適度がグッと増す。
マウスそのものの操作に若干の違いがあるものの、これはこれで使えると思った。
 また、文章を書くときだけでなく、ブラウザソフトでもカーソルが出てくると選択しやすいことが分かった。
というのは、スマホに表示されているリンクに対して指の方が太い為、正確に選択するには一旦文字を拡大してやらなくてはならない。
カーソルは小さいので、ほぼ正確にその場所を選択できる。
これは嬉しい誤算だった。


一方で弱点もある。私は文章を書く時には画面を横にして、横に長くして書いている。
だが、その状態で、横にしても回転しない場所(ホーム画面など)に行くと、マウスの移動方向はそのままで、画面だけが縦位置に回転する。
すると、マウスの方向が90度回転した状態となってしまう。マウスを上に移動すると、画面上は縦位置での上方向、つまり画面を横にしたままだと左へ移動することになる。
不具合ではないが、こういうこともあるのだなと思った。
スマホのタッチパネルは、限られたスペースの中で最大限の画面を確保できる素晴らしい技術であるが、逆にそれが弱点となり得ることもある。
技術は一長一短適材適所だなと改めて思った次第。

スマホ用にBluetoothキーボード買ったら、思った以上に捗ったwwwwww

IMG_3617



以前ポメラ買ったよと報告したが、microSDカードをSDカードに変換するアダプタをどこかになくしてしまい、仕方なく直接USBで繋いでデータ移行をした際、動かしちゃいけないファイルまで動かしてしまったようで(これは推測なで原因は不明)動きがおかしくなってしまった。
日本語入力ができなくなったり、メニューも開かなくなってしまった。
メーカーに問い合わせたら、送ってくれとのこと。でも、結局面倒で送らず終いになっている。


なぜなら、その前に今回紹介するエレコムのブルートゥースキーボードを買ってしまっていたからだ。
なぜブルートゥースのキーボードを買ったのかというと、結局ポメラの漢字変換の辞書が今ひとつ使いにくかったのと、いちいちmicroSDカードを引っこ抜いてデータを移すのが面倒になったからだ。
辞書については、変換がうまくいかない言葉はその都度登録してやればいいのだが、たまに変な言葉で登録してしまったりで、その度の変更が面倒だった。
結局、元からそれなりに使えるものでないと面倒だということだ。


ブルートゥースのキーボードはスマホの変換辞書に依存するので不満はない。
ただ、iPhoneの辞書は頭悪かったが、現在Androidのスマホになり、グーグルの日本語入力を使えるので非常に使い勝手がよろしい。
現在使っているASUSのZenfone5にはJTOKがインストールされているが、正直グーグルの日本語入力の方が私は使いやすい。
キーボード入力時の変換や学習もそうだが、スマホで使った際も、タッチキーボードの幅が広くて使いやすい。
microSDでのデータ移行も、そもそも画面はスマホなので、作った文章はそのままメールで送ってしまえば良い。


最初は何か使い勝手の良い文章入力アプリがあればいいなと思っていたが、今ではG-mailで文章を書いてそのまま送ってしまっている。
結局それが一番手間がかからなくて良かった。
キーボード自体も、さすがにパソコン用のものと比べれば小さいものの特段の不満はない。
また、キーはきちんとストロークは確保されているし、スマホのタッチキーボードで入力するよりは格段に早い。
最初からこっち買っとけば良かったwwwwww そうするとタブレットも視野に入ってくるわけだが、そこまでは必要ないかなと思う。
一応スマホの機能の延長という位置づけとしている。
 

以前買った電池式では心許ないないので、ちゃんとしたモバイルバッテリー買ったったwwww

以前電池式のモバイルバッテリーを買った事を報告したが、電池3本を使ってiPhone5を6割くらいしか充電できないのではやはり心許ないので、リチウムイオン式のちゃんとしたものを買うことにした。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/22690040.html


買ったのはこちら。
電池では定評のあるパナソニック(サンヨー)製のものだ。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=QE-PL203


電池の容量は5,800mAh/3.7V。
1400mAhのスマホに2.5回充電できる容量という。
外寸は約高さ24×幅90×奥行64mm (USBコードアタッチメント含む)とある。
電池容量、携帯性共に申し分ない。


というわけで、買ってから適当に使ってみた。
私は性格が適当なので、適当に放電して適当に100%まで補充しただけである。
温度や湿度等外的要因は考慮していない。
また、充電開始は0%ではなく、それも適当なところからである。
正確なデータが欲しいという方は他のブログでも参考にしてみて下さい。
尚、充電した対象はiPhone5である。
一応、iPhone5の電池容量は1434mAhとのこと。


1回目:43%(iPhone5の残り電池)→100% 緑(モバイルバッテリーの残電池表示)
2回目:44%→100% 橙
3回目:52%→100% 橙
4回目:70%→100% 赤
緑(60%以上)橙(30~60%)赤(30%以下)。

IMG_8957


















このようにバッテリー残量はランプの色の変化で表示される。


%表示で191%分を充電し、残りは30%くらいなので、まあスペック表示に偽りは無かったわけである。
iPhone5で2回とちょっと充電できることになる。


●ACアダプタは別売りですが・・・


一応こちらの製品はACアダプタが別売りとなっている。
一見不親切に見えるが、モバイルバッテリーの充電の受け口はMicroUSBとなっているので、Androidのスマホを使っている人であればそのアダプタをそのまま使える。
IMG_8953


















私はAndroidからiPhoneへの乗り換えなので、以前買った別売りのアダプタが残してあったのでそれを使っている。
こういうのね。



IMG_8961


















充電コードのアタッチメントは取り外し可能。
USBで接続されている。

IMG_8964


















アタッチメントの先端はMicroUSBである。
iPhone5へ充電する場合はLightningへと変換が必要になる。
本当に変換するだけだけれど、それ以外何も付いていないこれがなかなかよろしい。
 

そのアダプタでiPhoneを充電するには、MicroUSBからLightningに変換しなければならないけれど。
ちなみに私はこれを使っている。


●モバイルバッテリーの常用はしないけれど。


たまに電車に乗るとモバイルバッテリーを繋ぎながらパズドラ(パズドラに限らないけど)をやっている人を見かける。
そこまでしてやりたいのか?と思うが、まあやりたいのだから仕方がない。
私の場合はゲームはやらないので、モバイルバッテリーを上記の人みたいに常用することは。
停電等のいざという時の為と、TwitterなりFacebookなりfoursquareなりを気兼ねなく使う為である(あんまり外で使いまくることないけどwww)。
いざという時はあると思って備えておくのが肝要だと思っている。



改めて思うのは、iPhone5はバッテリーに関しては非常に優秀だということだ。
当初、あまりの使いにくさにぶん投げようと思ったiPhoneだが(もう慣れたけど)、電池食いのAndroidは倍くらいの容量のバッテリーを積んでようやく同等の稼働時間を確保している。
燃費が悪いからガソリンタンク大きくしようぜ、というのはやはり時代に合わないと思う。



モバイルバッテリーで充電しようと思ったら、電池の容量は非常に重要だ。
今のAndroidのスマホは3000mAh超えのものもある。
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/shl22/



その場合だと、このモバイルバッテリーでは1回のフル充電がやっとというところだろう。
この差は非常に大きい。
私はアップル信者ではないけれど、こういう点では先見性を認めざるを得ない。


もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」 

iPhone5でテザリングやってみたった

IMG_8909


















せっかくiPhone5買ったのだからと思い、初めてテザリングをやってみた。
テザリングとは、スマホをWi-Fiルーターとして使うことができる機能である。
http://www.softbank.jp/mobile/iphone/network/tethering/

私の場合はノートパソコンでメールのチェックやネットをツラツラ見る為に使う。



使った結果としては、約一時間30分、メール、ネット、そしてラジコをつけっぱなしにしての結果、バッテリーは30%使用し、通信料はダウンロードで250MBであった。
LTE圏内での通信速度で23Mbpsくらい出ているのでストレスなく使用できた。
動画ほどではないにせよ、ラジコでずっと通信している状況だったのでiPhoneにとっては過酷な状況だったとは思うが、本体は熱を持つこともなく変な作動をすることもなかった。
もちろんラジコを使わなければバッテリーの消費はもっと抑えられるだろうから(メールやネットはずっと通信しているわけではない為)、これは使えると結論するに至った。



あと留意すべきは、一ヶ月当たりの使用量が7GBと縛りがあることだ。
できればラジコを使いたいので、追加料金を払って限定解除をしようかなと思ったが、それで使い放題になるわけではないのでやめた。
私はauなのだが、7GB超過後、2GBごとに2625円という追加料金が発生する。
http://www.au.kddi.com/iphone/service/tethering.html



それならWiMAXや他のLTEが使えるものにしてしまった方が精神衛生上よろしい。
なのでエクストラオプションはやめた。
ラジコを使わなければ100MBくらいで済むので、それならば7GBを超えることはない。
スマホ自体の通信量はたかが知れているし、家ではwifiなので積算されることはない。
まあ、追加料金で使い放題になれば固定回線なんていらないから、電話会社だってそこまでバカじゃないということかwww



あと、実用には耐えうるとしてももう少しバッテリーは持って欲しい(もう際限ないけれど)。
また、今持っているA4サイズのノーパソは嵩張るので、できればウルトラブックが欲しい。
格好やスペック的にはソニーの新しいやつが欲しいけれど、正直日本のメーカーのパソコンは余計なソフトが入っていて好きではないし、高い。
http://www.sony.jp/vaio/rededition/


そうやって見ていくと、結局デルになっちゃうのかなあと思う次第。
デルは余計なものが入っていないし、同じスペックで見ても日本のメーカーよりかなり安い。

【Windows8】DELL XPS 13 プレミアム・フルHD液晶

【Windows8】DELL XPS 13 プレミアム・フルHD液晶
価格:124,980円(税込、送料込)




改めて思うけれど、私は物欲の塊なのであるwww


↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」 

今度は本当にiPhone5買ったったwwww

IMG_7374



























虚偽報告はこちらにした(笑)
http://takanobu.me/?p=1747


やっとこさ2年のお勤めが終わった。
フルHD画面を採用したhtcのやつはいつ出るか分からないので、最初はLGのoptimas Gを買うつもりで電気屋に行った。
買う気はなかったけれど、iPhone5とoptimasを持ち比べてしまったのが運の尽き。
iPhone5のアルミの筐体にやられてしまった。
そう、間が差したんだ、きっと。


iPhone5をいじくりながら衝動買いを肯定するような思考が頭をよぎる。
考えてみれば俺、インフラレッドデータコミュニケーション(赤外線)もエレクトロマグネティックペイメントシステム(お財布ケータイ)も使わないんだよなあ、と。


そして、何よりもアンドロイドについてまわるバッテリーの持ちという問題だ。
電池の持ちには定評のあるiPhoneだ。
安心だろうと。


そして、私はスマホでゲームはやらないから、optimasが謳っているような高性能は必要ない。
ツイッターやフェイスブック、ネットが快適に見られれば良い。
でもかといって、電池の持ちは良いけれどスペックは見劣りするAQUOS PHONEを買って、もっさりした動作(これは偏見だけど)にイライラするのは嫌だ。


てなことをつらつら考え、結果iPhone5とした。
その後、電池の持ちやもっさりした動作以上にイライラするとは知らずに・・・。


●iPhoneの痒い所に手が届かなさは異常

iPhoneとアンドロイドはこうも違うものかと少なからずショックを受けた。
設定をしたいけどメニューが呼び出せない、若しくはない。
アンドロイドにあったウィジェットがないので、WiFiやGPSのオンオフが設定に入っていかないとできない。
横持ちで入力したいのに、画面が回転しない(私はフリックではなくローマ字キーボードで入力するので、各ボタンが広く使える横持ちの方が良い)。
アプリが終了できない。
日本語入力キーボードの句読点は、いちいち数字の側に切り替えないといけない。
なんというか、右クリックでメニューを呼び出したいが、ボタンが無いという感じで、とにかくもどかしい。


これは一体どういうことだ?
筐体の質感に騙されて失敗した!?
解決するには脱獄しかないのか!?
と、これから2年面倒だなあと非常に落胆した。



少し調べてみると、ウィジェットはできないが、画面の回転はアプリに準拠するものだと知った。
ツイッタークライアントは回転するものを入れることで解決。
でも、横持ちできないものは縦位置で使わざるをえない。
アプリの終了は、ホームボタンのダブルクリックで解決。


解決する手立てはあるものの、アンドロイドとは随分と考え方が違う印象だ。
また、アンドロイドと比べると、機能が限定されている印象を受ける。
スマホでこうなんだから、私にはMacは使えなさそうだ。
正直こんなものを並んでまで買おうという気がしれない。


●動作は非常に快適、電池の持ちも上々

機能面で不満は多々あれど、動作は非常に快適だ。
特にLTEの圏内に入ればものすごく早い。
そうそう、こういうのが欲しかったんだよ、と、独り言を言ってしまったくらいだ。


そして電池の持ちが以前使っていたIS03とは比べ物にならないくらい良い。
充電のタイミングをどうするか迷うくらいだ。
これなら使いまくっても問題はない。


そしてやっぱりアルミの筐体が良い。
きっと放熱にも一役買っていることだろう。
アルミの熱伝導率については、アルミのスプーンで考察。
よろしかったら見てみて下さい。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/19144502.html


アンドロイドからiPhoneに変え、考え方の違いというのは面白いものだと改めて思っている。
あとはアクセサリー類の充実を待ちたい。
充電器も、最初に付属してるものしか無いのだから。
USBへの変換プラグはあっても、ケーブルが無いんだよ!!


ちなみに、上記のことはiPhoneに変えてまだ3日目の人間が書いております。
散々文句言いましたが、暖かく見守っていただければ幸いです。


使い方を解説したムック本買わにゃダメだろうか・・・。

【送料無料】iPhone5完全ガイド

【送料無料】iPhone5完全ガイド
価格:1,050円(税込、送料別)


⇓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ