いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

コーヒーメーカー

本当に今さらながら、ラッセルホブスのコーヒーミルのMAXに気がついた

先日のこと、いつも通りにコーヒー豆を挽こうと思い、コーヒーミルにザザッと入れると、ふと何やら文字が書いてあることに気がついた。

BO5A6390

XAM??
それがMAXを意味することにはすぐに気がついたのだけども、そういう表記があることに全く気が付かなかった。
表記がある方を表とすると、表記があるのはそこだけで、裏にも横にも表記はない。

BO5A0803


内側はこうやってちゃんとMAXとなっているので、それが自分から見える位置にあればいいのだけども、買って1年くらいなるのに全く気が付かなかった。
だもん、ちょっと挽いて粗挽きくらいになると上の方の壁面に張り付いて落ちてこなくなるので、挽き方にバラツキができるわけだ。
量が多いのかなと思って少し少なめに入れたりしてたのだけども、元来性格が大雑把なので、その時は良くてもその次は適当に入れて挽き方がバラツクことがよくあった。


MAX表示は一箇所でいいとしても、線をぐるっと一周させるとかなんとか考えなかったのだろうか。
これだからイギリスのコーヒーは不味いのだ(全くの偏見です。本場のイギリスでコーヒーを飲んだことはございません)。
ちなみにラッセルホブスはイギリスの家電メーカー。
http://russellhobbs.jp/


じゃあ買うなよといわれそうだけども、ぼっち専用コーヒーメーカーの方は実に重宝しているので、それに合わせたのだ。
表記のMAXを守るようにしたら、たまに刃が当たらなかったのか豆の形を維持したものが混じることがなくはないものの、壁の上の方に張り付くことはなく、だいたい均一な挽き加減になったではないか。
そうだよこれでいいんだよ。
これからも頼みますよ、ラッセルホブスさん!!


Russell Hobbs(ラッセルホブス)のパーソナルコーヒーメーカーはソロプレイヤー御用達!?

コーヒーを常識的な範囲内において一番不味くする方法って何だろうか?
豆?ドリップ?いやいや私は保温だと思っている。



一度淹れたコーヒーをだらだらと保温する。
香りはすっかり飛んで、味は酸化して酸っぱいだけになる。
プレミアムを打ち出して今ではちょっとはマシになったのかもしれないが、某ファーストフード店の味を思い出していただければ大体そんな感じである。



ほとんどのコーヒーメーカーは1杯分だけ抽出するようにはなっていない。
できなくはないけれど、適量は2~3杯からだ。
そうすると、ソロプレイヤーにとっては、一杯目以降は上記の不味いコーヒーを飲まなければならなくなるわけだ。
手動で淹れと言われそうだが、それはそれで面倒なのであるwww



もう何年も前になるのだけれど、一杯だけ出すような商品を探していた。
そうしたら見つかった。
それがこちら、Russell Hobbs(ラッセルホブス)のパーソナルコーヒーメーカーである。


 パーソナルというとカッコイイが、明らかにソロプレイヤー御用達だ。
ラッセルホブスというメーカー名からすると何だがお高そうだが、ステンレス製のマグカップがついているのに2000円くらいと非常にお手頃だ。
機能はコーヒー一杯分をドリップするだけである。
保温はなし。
この潔い割り切りに好感が持てる。



もう一つ私が嫌いなことがある。
それは使い減りだ。
多くのコーヒーメーカーは紙製で使い捨てのフィルターを使用する。
大した値段では無いのだけれど、どうにももったいないと思ってしまってダメなのだ。
そこいくとこれは繰り返し使えるフィルターがついてくる。
実に分かっている!



そんなこんなで、買ってから毎日のようにコーヒーを飲んでいる次第だ。
ただ、お友達の分も淹れるとなった場合には、何回も何回も抽出行為を行わなければならないので面倒となる。
なのでコイツは、わたモテにグッとくるようなソロプレイヤー専用と言っても過言ではないのである。


↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ