いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

コーヒー

本当に今さらながら、ラッセルホブスのコーヒーミルのMAXに気がついた

先日のこと、いつも通りにコーヒー豆を挽こうと思い、コーヒーミルにザザッと入れると、ふと何やら文字が書いてあることに気がついた。

BO5A6390

XAM??
それがMAXを意味することにはすぐに気がついたのだけども、そういう表記があることに全く気が付かなかった。
表記がある方を表とすると、表記があるのはそこだけで、裏にも横にも表記はない。

BO5A0803


内側はこうやってちゃんとMAXとなっているので、それが自分から見える位置にあればいいのだけども、買って1年くらいなるのに全く気が付かなかった。
だもん、ちょっと挽いて粗挽きくらいになると上の方の壁面に張り付いて落ちてこなくなるので、挽き方にバラツキができるわけだ。
量が多いのかなと思って少し少なめに入れたりしてたのだけども、元来性格が大雑把なので、その時は良くてもその次は適当に入れて挽き方がバラツクことがよくあった。


MAX表示は一箇所でいいとしても、線をぐるっと一周させるとかなんとか考えなかったのだろうか。
これだからイギリスのコーヒーは不味いのだ(全くの偏見です。本場のイギリスでコーヒーを飲んだことはございません)。
ちなみにラッセルホブスはイギリスの家電メーカー。
http://russellhobbs.jp/


じゃあ買うなよといわれそうだけども、ぼっち専用コーヒーメーカーの方は実に重宝しているので、それに合わせたのだ。
表記のMAXを守るようにしたら、たまに刃が当たらなかったのか豆の形を維持したものが混じることがなくはないものの、壁の上の方に張り付くことはなく、だいたい均一な挽き加減になったではないか。
そうだよこれでいいんだよ。
これからも頼みますよ、ラッセルホブスさん!!


節電でまさかの水出しコーヒーブームが!?

夏の電力不足が叫ばれる中、喫茶店では水出しコーヒーが人気だそうだ。


●水出しコーヒーとアイスコーヒーの違い

水出しコーヒーとアイスコーヒーは何が違うかというと、アイスコーヒーは一度熱湯で入れたものを冷やしたものだが、水出しコーヒーは熱湯は使わずに水で入れたもの。
水出しコーヒーは淹れるのに時間がかかるものの、苦味や雑味などが少なく、スッキリとした味わいに入るという(自分では適当に淹れたものしか飲んだことないので・・・)。


アイスコーヒーを淹れるにはお湯を沸かしたり、コーヒーメーカーでは電気を食って熱を出す。
それが嫌われてそれらが不要な水出しコーヒーがウケているとのこと。


美味しいからではなく、節電目的で流行ろうとは、「風が吹けば桶屋が儲かる」は未だ健在のようだ。


一度こういう本格的なもので淹れたものを飲んでみたい。



こういう簡易的なものもある。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ