大きな地震が連続で来るなんて、こんな事が起きるとは思ってもいなかった。
一発でもキツイのにそれが連続で来るなんて、これだけの被害でよく済んでいるなと思ったのが正直なところ。


被害に遭われた方、お亡くなりになられた方にはお見舞いとお悔やみを申し上げます。
私もわずかではありますが寄付をしましたので、何かに役に立ってもらえば幸いです。


現状素人の個人レベルではそれしかできない。
物資は個人で送ってもたかが知れているし、ボランティアで現地入りしたところで、未だ余震が続き、建物の倒壊の危険がある以上、素人ははっきりいって邪魔にしかならない。
家の片付け等、マンパワーが必要になるのはもう少し後のことだから、もし行こうと思っている方がおられたら、その力を温存しておいて欲しいと思う。
熊本のアンテナショップが人気とのことだが、今はそうやって応援する方が助けになるだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/11422572/

早く普段の生活を取り戻せることを祈るばかりである。


川内原発の地震への備えは万全か?

ツイッターを見ていると、近くでこれだけ地震が頻発しているのだから鹿児島の川内原発をさっさと止めろとか、いやいや送電網を見ても止めたら九州はブラックアウトだぞ、といつものことながら極端な意見が発せられている。
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zuq0MY5FJ0C0.k5i05wTLyCbI&hl=en_US

川内原発の緊急停止は水平方向で260ガル(場所により異なるので、詳細は以下のリンクをどうぞ)とされており、マグニチュード7.3を記録した本震時の数値は12.6ガルとされている。
http://vox.hatenablog.com/entry/2016/04/16/185000

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000054-asahi-soci

確かにこれを見れば現状は止める必要はないことが分かる。
が、震度7を記録した益城町では、1580ガル、92カインを記録した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160415-OYT1T50146.html

カインは聞き慣れない単位だと思うのでこちらを参照願います。
http://www.geocities.jp/p_taka0227/0005.htm

原発の耐震設計の数値としてガルは聞くもののカインについては聞いたことがない(川内原発の耐震設計は620ガル)。
プラントはガルよりもカインの方が重要だと聞いたことがあるが、実際のところはどうなのだろか。
以下の長周期地震動の値が200カイン云々というのがそれに相当するのか、私にはよく分からない。
http://oshidori-makoken.com/?p=2199

地震動レベルについては以下に。
http://www.katoubox.gr.jp/jisin_level.html


単純に見ても、川内原発の耐震設計が620ガルで、今回の益城町では1580ガルが記録されたと見れば、設計甘いんじゃね?ってなるのが普通ではないだろうか。
いやいや原発で記録されたわけじゃないから大丈夫というけども、地震学者だって予測は困難と匙を投げてしまったものである。
それで大丈夫と言い張ることが不思議でならない。
原子力規制委員会は地震学者ですら予測困難と言わしめる地震を完璧に予知できるのだろう。
というより、もはや対応できないのではないかと思う。


ツイッターには、電力会社の人たちは電力の復旧の為に頑張ってるんだから文句いうんじゃねーなんてものもあった。で
も、そうやってなあなあでやっていて、何かあった時に一番面倒くさい思いをするのは電力会社の人たちであり、地元の人達である。
また、地震により電車は脱線し、道路は寸断された。
これは事がおきたら避難できないことを物語っているのではないだろうか。


 さあどうするのでしょうか。
とは言え、川内原発を止めたところで、燃料を移送しない限りは危険には変わりないのだけれども。