いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

エコ

鬼怒川の堤防越水は設置方法がマズイのであって、ソーラーパネル自体が悪いわけではない。

今回の豪雨で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

今回の鬼怒川の堤防越水の一因が、ソーラーパネルの設置業者が自然堤防を削ったことにあるというニュースが流れた。
デマだデマじゃないと二転三転したが、いずれ事実関係は明らかになるだろう。
というか、今後の事もあるし、他にも同様の事例はあるかもしれないから、きちんと明らかにしてもらわないと困るわけだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00000050-nksports-soci

http://www.j-cast.com/2015/09/11245048.html

http://togetter.com/li/871923

http://togetter.com/li/872100

今回の件で、ソーラーパネルはエコじゃなかった等、ツイートが流れているのを見て、短絡的だなあと思った。
どう見ても悪いのは(一応越水の原因が堤防を削った事にあるとしています)設置方法であってソーラーパネル本体ではない。


原発事故の時もそうだったが、一旦事故があるとそれそのものが全部悪いとしてしまう風潮はいい加減やめたらどうだろうか。
福島第一原発は原発そのものではなく全電源喪失を想定していなかったことが悪いのだ(そもそもウランやMOX燃料を使う現在の原発自体が危険とうい話もありますが、それとは分けて考えて下さい。現在のいわゆる反原発は、原発のどこが危険だから是正しろというものではなく、技術そのものを否定するものだからです。)。
技術そのものを否定してしまえば、否定したそのものもそうだが、その他の技術に応用もできないので進歩はない。


それと同様に、ソーラーパネルもそれ自体には特段害はないが、堤防を削るとか、土台をケチる等すれば被害を拡大してしまう。
土台をケチったせいかは不明だが、突風で吹き飛んだ事例はある。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000052687.html

せっかく設置したソーラーパネルなのだから、長く使えるように行政も含めてキッチリと対応策を決めてもらいたい。


ちなみに、現状事故が起きたらまともに避難もできない原発の運用には反対だ。
福島第一原発の時は屋内に留まった方が良かったという話もあるが、それは逃げるか留まるが選択できて初めて良かったと言えるものだ。
過去の事例では留まった方が良かったかもしれないが、次はどうなるか分からない。
避難か待機か、避難ならどのルートか等、きちんと選択できるようにしておくことが重要だ。
それができないのに稼働(稼働していようがいまいが危険だという話もあるが、それは稼働の根拠にはならない。止まっていても危険なら廃炉しかない)させるということは、結局事故を想定していないということなのだから。
このままでは原発はおろか、ソーラーパネルだって使えなくなってしまう可能性だってあるのだから。

コースティングモードでどこまでも

最近のデュアルクラッチ式のトランスミッション等、いわゆるセミATと分類されるクルマにはコースティングモードなるモードが付いているものがある。
コースティングモードとはなんぞやというと、アクセルオフ時にエンジンとトランスミッションを切り離し、惰性で走るモードである。
簡単に言えば、走ってる最中にギアをN(ニュートラル)に入れるようなものだ。
そんなことをする理由はもちろん燃費を稼ぐ為である。



最初これを聞いた時に???と思った。
なぜなら、一般的にはニュートラルの惰性で走るよりも、どこかしらのギアに入れておいてエンジンブレーキを効かせながらの方が燃費が良いとされてきたからだ。
ギアがニュートラルに入ってる時はエンジンはアイドリング中であり、回しておくだけの燃料を吹く必要がある。
しかし、ギアが入っていればエンジンを回しているのはタイヤからの動力であり、燃料はほとんど使用しない。
そういう理由で、ニュートラルに入れることは推奨されなかった。
エンジンブレーキが効かないから危ないよ、という理由もある。
しかしどうだろう、名だたる外国車連中は積極的にニュートラルに入れてきたではないか。



で、実際比べてみるとどうかと言うと、上手く走ればコースティングモードの方が燃費は良いそうだ。
なぜなら、エンジンブレーキが効いている状態では確かに燃料消費はほぼ無いのだけれど、エンジンの抵抗があるだけ走れる距離は短い。
対してコースティングモードでは惰性で長距離を走ることができる。
例えば、100mを走行するのに、コースティングモードではドーンと惰性で走れてしまうのに対し、エンジンブレーキを効かせている状態では、惰性では50mしか走れず、残り50mはアクセルオンでとなる感じだろうか。



もちろんコースティングモードではエンジンブレーキは効かないので相当にうまく走る必要がある。
先読みをしなければ、せっかく惰性で走れるものを無駄にしてしまう。
車間を詰めてパカパカブレーキを踏んでるような人には、コースティングモードで燃費を稼ぐのは無理だろう。
なるほど外国車は積極的に走らせるように作ってるなあと思った次第だ。



私はコースティングモードつきのクルマには乗っていませんので、詳しく知りたい方はこちらを参考願います。
http://autoc-one.jp/word/1122334/



余談だが、これを見て、へ~、ギアをニュートラルに入れると燃費稼げるんだ、と思われた方もいるかもしれな
い。
いわゆる手動コースティングモードだwww
MT(マニュアルトランスミッション)では問題ないようだ。



しかし、日本車の大多数を占めるトルコン(トルクコンバーター)式のAT(オートマチックトランスミッション)の場合は注意が必要だ。
ATで走行中にN(ニュートラル)に入れると、ミッション内のメインシャフトは回転しているがエンジンはアイドリングなので油圧が不足して焼き付くとのこと。
一応現代の日本車は対策がなされていて大丈夫らしいのだけれど、推奨はしないそうだ。
推奨しないということは、構造上あまりよろしくないということなのだろう。
なので、トルコン式のATではやめておいた方がベターでしょう。



クルマ一つ取っても、常識なんて当てにならんなあと思った次第だ。
 




もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ

市場調査をしないバルミューダ

BALMUDA(バルミューダ)という会社をご存知だろうか。
今でこそ自然な風を生み出す扇風機、Green Fanで有名になったのでご存知の方も多いだろう。


ちなみにこのGreen Fan、当たって来る風は明らかに普通の扇風機と比べて柔かい。
ちょっと当たっただけだとこんなもんか、と思うかもしれないが、長く当たっているとその差は歴然。
疲労感がまるで違う。
そこに3万円の価値を見出すかが買うか買わないかの分かれ目ではあるが、そう考えるともう買おうとしているのは扇風機ではなく、もっと大きな価値観なのかもしれない。




ちなみに私はこれの初期型を持っている。
しかし初期型は出た時期があまりよろしくなかった。
ダイソンの羽の無い扇風機の発売と重なったからだ。




確かにビジュアル的なインパクトはダイソンの方がある。
しかし、私は店頭で実際に試してみて、風量が若干不満だったのでバルミューダに決めた。
バルミューダを応援したかったというのもある。

●市場調査なんてクソ食らえ

今、新製品を開発しようと思ったらまず市場調査から入るだろう。
誰がどんなものを欲しているのか徹底的に調査する。
そして無難なつまらないものが出来上がる。


その点、バルミューダは市場調査を行わないのだそうだ。
だからバルミューダの作るものは面白い。


市場調査なんてしてるから同じようなものが氾濫するんだ。
そんなの資源の無駄以外の何物でもない。
確かに安く売れるのかもしれないけれど、結果こんなデフレを招いて潰し合っているようではどうしようもない。
市場ばかりを意識して自分たちの作りたいものを作れないモノづくりなんてつまらないだろう。


また、バルミューダはその人にとって「大切なもの」となることがエコだとしている。
一つのものを大切に長く使うことが本当にエコであることは言うまでもないことだ。
多くの企業はエコを謳いつつ大量消費を誘発する。


大量生産、大量消費は確かに安価に、多くの人に物を届けたかもしれないが、心を豊かにしない。
心を豊かにするモノとは、欲しくてたまらないもの、大切にしたいもの以外にはあり得ない。
そんな企業が日本にあることが嬉しいじゃないか。


ちなみに、自分は発売して真っ先に買ったLEDライトスタンドのHighwireであるが、売れなかったそうだ。



もう売ってないのだけれど、自分が持っているのはこの4灯バージョン。
確かにたかがLEDライトに7万円某を出すのは馬鹿げているかもしれない。
でも、Green Fan共々、自分の大切なものとなっている。

↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ