いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

アベノミクス

参院選公示。アベノミクスはどう見ても成功じゃあないか。

今日参院選が公示される。
争点は改憲とアベノミクスの是非となろうか。
その一つ、アベノミクスについて、与党は成功だと言い、野党は失敗だとこき下ろす。
私が思うに、アベノミクスは成功であると断言できる。


アベノミクスで起きたことを一言で言うと、円安と株高、法人税を下げたことによる好調な企業業績である。
儲けたお金は溜め込み、タックスヘイブンへ流す。
結果賃金は上がらず、円安で原材料は高騰し、取られる分だけ増えた、となろうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/11633602/


じゃあ失敗じゃあないか?
いやいや、大成功だ。
多少なりとも庶民にお金がいくようになるには、トリクルダウン(滴り落ちる)の有無の一点にかかっていた。
竹中平蔵氏もトリクルダウンは起きないと断言している以上(というか、タックスヘイブンなんてものがある以上、トリクルダウンなんて起きようがないのだが)、それはあり得ない。
まったくの嘘っぱちである。
しかし、あまりに庶民を締め付けすぎると、さしもの企業も持たないと考えてか、消費税増税はできなかった。
タックスヘイブンに逃げているお金を日本に持ってくれば問題は解決するのだが、もちろんそんなことはやらない。


以前どこかで、タックスヘイブンけっこう。
もっと稼いでお金を使ってもらった方が景気は良くなる(うろ覚えだが確かこんな内容だった)、というツイートがあったが、、それは間違いである。
お金を使われることはないし、税金として取られ、庶民へ再分配されることもない。
そもそもが私達から吸い上げたお金であるにもかかわらず、だ。
結果、格差は広がった。


民進党は「所得・資産の再分配と経済成長を両立させる経済政策への転換」訴えているが、タックスヘイブンに逃げているお金にもきっちり課税することで、解決できるのではないか。
個人消費が伸びないのは単純にお金が無いというものあるが、それ以上に将来が不安だからである。
将来が不安であるなら、稼いだお金は使わずに貯めておくしかない。
社会保障が充実することで将来の不安を解消し、賃金も上がれば景気も回復しよう。
それをやらずにアベノミクスのギア上げてフル回転させれば、格差がさらに拡大するのは火を見るより明らかである。

消費税10%時の軽減税率導入の為に社会保障充実を一部見送りって、ワケガワカラナイヨ。

政府、与党は、消費税増税時に導入する軽減税率の財源確保のため、社会保障の充実策を一部見送る方針という。

http://www.47news.jp/FN/201510/FN2015102301002180.html



確かに、消費税増税分は社会保障に回すという約束であったので、軽減税率で減った税収分の社会保障はちょっと削るねって、分からない話ではない。

しかし、消費税増税分を社会保障に回すとは言ったが、なぜそれが社会保障を消費税増税分のみで賄うということにすり変わるのだろうか?

そもそも消費税導入の目的が社会保障の充実の為であったが、それを反故にして、法人税減税の穴埋めや軍事費に回したのはどこのどいつだったろうか。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476770.html


今まで散々嘘をつきまくってきたのだ。

他所に回したツケを払うのが筋だろう。

それを、軽減税率を望むお前らが悪いんだとばかりに弱いものにツケを回す方法は下の下である。



●一億総活躍でGDP600兆円


先日安倍首相は、新しい経済政策である新3本の矢とともに、GDP600兆円を達成する目標を掲げた。

http://thepage.jp/detail/20150927-00000003-wordleaf



3本の矢やは下に。

希望を生み出す強い経済(GDP600兆円)

夢を紡ぐ子育で支援(出生率1.8

安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO92034300U5A920C1000000/



ちなみに、これはどうみても矢(手段)ではなく的(目的)なのだけども、そこはツッコまないようにしておこう
www

安心につながる社会保障として、介護離職ゼロを掲げているが、それにはヘルパーさんや介護施設を充実させる等、今よりも手厚い社会保障がなくてはならない。

軽減税率導入するから社会保障費を削るとか、身内の面倒は身内で見ろとか言ってる事とは明らかに矛盾するのである。

2番目の子育て支援だって、財源はどうするんだって話だ。



「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり」

で有名な、米沢藩を救った上杉鷹山公は、逼迫した財政を賄う為に安易な増税はせず、農地改革や絹織物等の特産品の生産、そして自ら倹約に務め、藩を立て直したという。

http://www.yonezawa-kankou-navi.com/person/yozan.html



なんか真逆に突き進んでいるような今の日本は果たしてどうなるのだろうか・・・。

日銀が進める2%のインフレ目標は、労働者を騙してこっそり給料を下げることが目的だった。

こども版をうたっている割に使っている言葉は難しいのだが、表現自体は平易なので非常にわかりやすかったのでこちらの記事を取り上げたい。
http://agora-web.jp/archives/1590867.html


日銀は今、デフレ克服の為に日夜金をばら撒いている。
デフレの克服とはつまりインフレのことであり、お金の価値を下げて相対的に物価をあげようという方策だ。
何の為にそんなことをやるかというと景気回復のためであり、多くのお金が回るようになれば達成できる目論見の元に行っている。
個人でいえば、もらえる給料が増えるとなる。
これが文中でいう名目賃金(物価変動を加味しない貨幣賃金)となる。


この名目賃金を増やそうと、安倍政権は給料上げろと発破をかけていたわけだ。
そりゃそうだ、物価だけ上がって給料が上がらないのでは目の当てようがない。
しかし、現実的には給料が上がったのは大企業のみであり、多くの人にとっては目の当てられない状況となっているのはいうまでもない。


しかしだ、名目賃金があがったとしても、物価が上がっているのだから実質的なお金の価値は下がっている。
これが実質賃金(物価変動を加味した賃金)だ。


今年4月、政府は3%の消費税の増税を行い8%とした。
消費税と日銀のインフレ政策によって、実質賃金は3.5%下がったといわれている。
つまり、多くの人にとって、それだけ給料が下がったことを意味する。
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/economic/8989


じゃあ下がった分はどこに行くのか。
大企業の経営者である。
結果として労働者を安く使えるようになり、さらに潤うが、労働者は買い叩かれるのでいつまで経っても豊かにはなれない。
格差はさらに拡大していく。


残業代ゼロ案もそうだが、結局は労働者を安く使って金をかき集めたものが勝ちとなる。
かき集めた金は労働者に分配しないから、富める者はさらに富、貧しい者はさらに貧しくなっていく(物価が上がるから現状維持では済まない)。


今、安倍政権が行っているアベノミクスとは、とどのつまりそういうことだと肝に命じる必要があるだろう。
以前テレビで、アベノミクスの好景気を実感しているか待ちゆく人に聞いていたが、実感できるわけがない。
そもそもアベノミクスは一般の人たちを食い物にして、金持ちを助ける政策なのだから。




↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ

奨学金が返せず風俗へ!?

今、借りた奨学金が返せず、大学を卒業後に風俗へ流れる人が増えているという。
労働者の3人一人が非正規労働者といわれ、今後さらに増えていくと見られている。
親元にいればなんとかなるかもしれないが、一人暮らしでさらに400万円、500万円という借金を返済するのは困難だ。
そんな状況の彼女たちに、新卒者の名簿を手に入れた、風俗のスカウトマンが忍び寄る。
http://ozch.net/%E5%A5%A8%E5%AD%A6%E9%87%91%E3%81%8C%E8%BF%94%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E6%96%B0%E5%8D%92%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F/


こちらに返済シミュレーションができるサイトがある。
http://keisan.casio.jp/exec/user/1353139036


試しに貸与月額10万円?48ヶ月=480万円の借金を背負った場合でやってみると、返済回数240回(20年)で月々26,914円と、月々3万円近い額が持っていかれることになる。
衣食住でお金が出て行った後でこれは辛い。
正規で就職できたとしてもキツイ額だろう。


確かに返済計画を踏まえた上で借りろという意見もあると思うが、学生である以上アルバイトをメインにはできない。
親にも頼れないとなったら借りるしかないではないか。


●奨学金は貧富の差を埋めるものではない?

上記に返済計画を考慮した上で借りろと書いたが、実際は返済能力を加味した上で借りている例が多いようだ。
奨学金を借りている家庭の割合は、年収200万円~400万円の家庭よりも、600万年~800万円くらいの、ある程度収入のある家庭で増えているという。
http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20130228120030.html


これはあくまで有利子貸与のいわゆる第二種奨学金だが、ほとんどの人が大学に進学している現状であるから、成績優秀者への無利子貸与や給付だけは無理があるのは明らかである。
それこそ、小中高とせっせと塾通いできるような高所得者(多少偏見入ってます)に流れるのがオチとなろう。


大学を出れば就職できた時代はそれでよかったのかもしれない。
でも、今はそうはいかない。
よくて非正規、悪ければ就職すらできないこともあり得る時代だ。
貧困の連鎖はますます拡大していくこととなる。


自ら進んで行く趣味はないけれども私も男だ、大学出たてのフレッシュな子と遊べるとかなんとかというのは分からないでもない。
でも、借金があるから仕方がないとか、風俗を活用して性犯罪を防ぐとか、あまりにも男目線、強者からの目線で見る行為には嫌悪を覚える。
だからって具体的にどうすればいいのか私には分からないのだけども、こんなのやっぱり間違ってると思う。


金がない、ただそれだけのことなのに・・・。

↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ






午年だからというわけではなけれど、安倍首相にイソップ童話の馬とロバを聞かせたい。

だいぶ過ぎましたが、明けましておめでとうございます。
今年もゆるゆるとお願いいたします。


北風と太陽などで知られるイソップ童話(寓話)に、馬とロバというお話がある。
これがまさしく今の時代にピッタリだし、アベノミクスが進んでいけば早晩こうなるだろうということを揶揄していると思ったので紹介したい。


あるところに、馬とロバをかっている男の人がいました。
ある日のこと、男の人は2匹を連れて旅に出かけました。
とちゅうで、ロバは馬にいいました。
「あの、ぼくの荷物を少し持ってくれませんか? 重たくて、死にそうなんです」
「・・・・・・」
でも、馬はしんどいのがきらいで、聞こえないふりをしました。
ロバはもういちど、馬にたのみましたが、馬はまた聞こえないふりです。
すると、疲れ切ったロバはバタリとたおれて、そのまま死んでしまいました。
それを見た男の人は、ロバの荷物を馬の背中にのせました。
そればかりか、死んだロバの皮をはいで、その皮まで馬の背中にのせたのです。
「ああーぁ」
馬は、ためいきをつきました。
「おれは、バカだな。ちょっとの荷物を持つのを嫌がったために、友だちのロバくんは死んでしまうし、ロバくんの荷物だけでなく、ロバくんの皮までしょわされてしまったよ」


このお話から得られる教訓は、強いものが弱いものを手伝ってあげれば、どっちも助かったということである。
その上、助けなかったばかりに、弱いものの重荷まで背負うことになってしまうことになった。


こちらのサイトから転載させていただきました。
音声での読み上げもあります。
http://hukumusume.com/douwa/koe/aesop/03/01.htm


●人間は結局同じことを繰り返す

上に今の時代にピッタリと書いたものの、きっとこれは今に始まったことではなく、今も昔も同じことを続けてきたということだろう。
強いものはより強くある為に弱いものを搾取し、結果として共倒れとなる。
大昔から、しかもこんな簡単なお話で教えられているにも関わらずである。
人間って本当に救えねーなあと思うのは私だけだろうか。


ただし、逆に考えれば、強いものと弱いものの両者がうまくできる方法も示唆しているといえる。
ただ、それをやらないだけである・・・。

【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]

【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]
価格:1,365円(税込、送料込)



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ