いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

ラジオ

NHKラジオが聴き逃し対応へ。

radikoに倣って早く始めろや(否、始めて下さい)と思っていたNHKラジオがとうとうタイムフリー(聴き逃し番組)を開始するという。
タイムフリー機能とは、過去の放送を遡って聞くことができる機能で、radikoは先に開始していた。
NHKのラジオは遡ってでも聞きたい番組がいくつかあるので、早く始めて欲しかったのだ。
http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

ではそうまでして何を聞きたいのか。

1、新日曜名作座
西田敏行さんと竹下景子さんの二人だけで各キャラクターを演じ分ける、言わばラジオドラマである。
日曜の19時20分という中途半端な時間から始まり、ちょっと大人向けの話も扱ったりもする。
続きものなので、飛ばしたり最後まで聞けなかったりすると話が分からないなってしまう。
http://www.nhk.or.jp/audio/html_me/

2、ラジオ深夜便の、乗り物アラカルトとのど自慢旅日記
ラジオ深夜便の2大超人気コーナー(私の中では)。
乗り物アラカルトは以前コチラでも紹介したが、どこかの鉄道路線に乗り、ガタンゴトンという音を背景に車窓の風景を淡々と描写していく、言わば世界の車窓からの音版である。
ただでさえ眠気を誘う時間帯に更にガタンゴトンという催眠効果も加わり、淡々とした語りの相乗効果位で凄まじいまでの癒やし効果を発揮する。
布団の中で聞いていたら、きっと最後まで起きていられないだろうwww


のど自慢旅日記は、のど自慢の司会を10年務められた経験を元に、各地を旅する様子を声だけで伝えるというものだ。
素晴らしく旅情を掻き立てられれる感じは乗り物アラカルトと似てはいるが、こちらは電車の音はない。
それでも紡ぎ出される言葉で眼前に風景が広がる様は、音だけで伝えるラジオだからこそできることなのだろう。


3、ラジオ深夜便の2時台、ロマンティックコンサート
日によってクラシックやロック、ジャズ、フュージョンなど、テーマを決めて音楽を流す。
私はジャズ、フュージョン回が周って来るとテンションが上がる。
リアルタイムで聞けると尚イイ!!


3時台になると日本の歌こころの歌となり、昭和の古い歌(たまにコミックソングとかアニソンとかの回があるwww)となり、さすがにそれを楽しめるほど年を食ってはいない。
この時間帯になると、そろそろ一日を始める人もおりますでしょうかと挨拶が入ったりする。
おじいちゃんおばあちゃんは早起きなのである。


4、ラジオ深夜便のコーナーの合間合間にかかる曲
誰が選曲するのか分からないけども、すごくセンスがイイと思う。
惜しむらくは、曲の始めに曲名をいっても、終わってからはいう場合といわない場合があることだ。
いい曲だと思っても、なんという曲か分からずに歯がゆい思いをすることが多々ある。
radikoみたいにタイムラインを表示してくれると非常に助かる。


※ラジオ深夜便の2時台と3時台は聴き逃しには対応していないようだ。残念。日曜名作座は対応してくれるんだろうな。


そうやって私のアンテナに引っかかったのが、妹尾武さんのサクラ咲クである。
素晴らしい曲だと思う。
以上、NHKラジオのタイムフリー機能を心待ちにしていたのでございます!!



こちらのCDに入っております。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 妹尾武 / Anchors.〜the Best Of Senoo 2000-2009 【CD】
価格:2778円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)


なつかしい南風と・・・

新年度に入り、ラジオ深夜便での天気予報の時にBGMが入るようになった。

聞いたことあるなと思い、それが村松健さんの曲であることはすぐに分かった。
ちょっと調べてみて、それが「なつかしい南風と」であることも分かった。
が、私が持っているCDのものとはアレンジが違う。
私が持っているCDはこれ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

“BRISA SAUDOSA" なつかしい南風 [ 村松健 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


上に埋め込んだyoutubeのバージョンはこちらのCDに入っているようだ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 夏のぽけっとに /村松健 【中古】afb
価格:898円(税込、送料別) (2017/4/8時点)




ツイッターには、BGMいらないんじゃね?なんて投稿もあったが、私はいいと思う。
タイトルからしてもそうだが、どことなく天気模様に思いを馳せるような、そんな気分にさせてくれる。
だが、このCDが発売されたのは1991年となっている。
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=SRCL000001829

NHKはなんでこんな昔の曲を引っ張り出してきたのだろうか。
単純に天気予報っぽいということなのが、NHKに村松さん好きがいるのだろうか。
選考基準が謎である。
ちなみに、天気予報といわれれば私は真っ先にこの曲を思い出す。

「Flying Together」という曲で、こちらのCDに入っている。
中古のものしかなかった。
しかも高い!!

radikoのタイムフリー機能が素晴らしすぎるぅぅぅぅっ!!

一応実証実験と銘打っているが、ネットラジオのradikoでタイムフリー機能が開始された。
この機能は、過去一週間であれば、オンエアが終わったラジオ番組をまた聞けるというものだ。
これでいつでもジェットストリームが聞けるのだから、なんて素晴らしい機能だろうか。

Screenshot_2016-10-11-23-28-19

就寝時、ジェットストリームを聞きながら寝られたらなあと思うことが何度あったか。
ラジオ深夜便のワールドネットワークにコラムニストの大矢アキオさんが出演されて、今日は聞けないじゃあないかと思うことが何度あったかwww
それが聞きたいと思った時に聞くことができるのだ。
なんと素晴らしいことか。
よくぞやってくれました!!


ただ、この3時間限定というのがイマイチ分からない。
http://radiko.jp/#!/fun/timeshift

一旦再生して3時間経つと聞けなくなっちゃうのだろうか?? 細かいところは使っていけばおいおいわかると思うが、とりあえずは、タイムフリー機能に称賛を送りたい。
タイムフリーなんてないよという方は、アプリを最新にして試してみて下さい。
http://radiko.jp/

ラジオ深夜便で流れた、キース・ジャレットさんのCountryに惚れた

私の記憶が確かならば、ラジオ深夜便の2時台、ロマンチックコンサートのフュージョン特集か何かで、キース・ジャレットさんのCountryが流れた。
素晴らしい曲で、思わず手を止めて聞き入ってしまった。
Countryは直訳すれば国だが、どことなく哀愁漂う雰囲気は、祖国とか故郷と訳すのが正しいのではないだろうか。


そしてすぐにCDをポチッたwww
中古だけども、いい買い物をしたと思っている。


ラジオシアター~文学の扉がなかなかおもしろい

IMG_5396


TBSラジオで日曜21:00から放送中の「ラジオシアター~文学の扉」がなかなかよろしい。
女優、中嶋朋子さんがパーソナリティを努め、毎週ゲストを呼んで、小説や童話などをラジオドラマ化して放送するというものだ。
 http://www.tbsradio.jp/tobira/

最近は実用書とか参考書とか、急がば直行みたいな本ばかりで、いわゆる文学と呼ばれるものはとんと読んでいない。
だから、こういうのあるのかと新鮮に楽しむことができる。
最近では、田丸雅智さんの「海酒(うみしゅ)」が良かった。
映画化もされるようだ。
http://www.oricon.co.jp/news/2057515/full/
 

いわわゆる名作と呼ばれているもので、知っているつもりでも全然話を勘違いしているものもあり面白い。
最近では、フランケンシュタインって博士の名前で、人造人間のものじゃなかったんだなとか(いろんなところで知っているつもりではあったけども、勘違いしていたようだ)。


また、昔読んだものを、あーこんなんだったなあなんて思い出して懐かしくなったりもできる。
宝島とか、ああ、こういう話だったなあなんて思い出す。
よくある話だけども、子供の時に読んだ時と感じることが全然違ったりする。
懐古や学び、娯楽、文学は人間の試行錯誤の結果だから面白いのだろう(読んでねーけどwww)
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ