いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

IT・家電

Window10、ウ○コなエラーを吐き出すwww

家のパソコンが、ちょっと前から下のような画面になって強制シャットダウンされることが頻発していた。
作業中にシャットダウンされるのだからウザったいことこの上ないが、それ以上にハードディスクに不具合でも起きようものならウザったいどころではない。
時間を作って直すこととした。

IMG_8074


WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR(ワー、ウ○コれくたぶれエラー・・・ウソです)、ったく、Window10はクソ(ウ○コなだけに)だなと思いつつ調べてみると、マザーボードのCMOS電池切れじゃね?と出た。
マザーボードって電池なんて使ってたんだ、という感想はともかく、パカっとパソコンを開けて、グラフィックボードを引っこ抜かないとアクセスできない位置にあるボタン電池を交換した(ブログに書くつもりはなかったので、写真は撮らなかったです。悪しからず。)。
ついでに中のホコリを掃除して終了。
以降症状は出ていないので、やはりこれだったのだろう。
心なしか、動作も以前よりサクサクしているような気がする。
電池はCR2032という、コンビニはちょっと分からないけども、コメリにあったくらいだからどこにでも売っているであろうボタン電池(一応下にリンクは貼っておきますが、通販で買うようなものではありませんwww)


BIOSのセットアップの設定情報を記録するメモリ(CMOS RAM)は電力供給がないと消えてしまうので、電源供給の為にボタン電池を使っているとのこと。
画像素子のことじゃないんだww
長期間使えるということだが、パソコンいつ買ったんだっけと調べてみると、出荷日が2010年12月1日となっていた。
約6年。
順当なところか。
6年前のパソコンでも、CPUは第一世代とはいえCore i7だし、特に不自由はしていない。
重い作業もせいぜい写真のRAW現像くらいだし、ぶっ壊れるまでは使えそうだwww
やっぱり、ちょっと高くても多少高性能なものを買っておけば潰しが効いてよろしい。


結局Window10の不具合ではなかった。
マイクロソフトさんゴメンナサイm(__)m

{朗報?}Windows10の無料アップグレードが7月29日で終了

IMG_5296


無茶苦茶しつこいアップグレードを促すポップアップや、無理やりスケジュールに突っ込まれる苦難を無事乗り越えてきた人には朗報だろう。
バージョンアップをしようかなと思っている人は、少し余裕を持ってやった方がいいと思う。
ギリギリにやって失敗したら目も当てられない。
ようやくと言うか、もうというか、とにかくWindows10への無料アップグレードが7月29日で終了する。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160427_755368.html

7月29日で終了することを知らない人が6割以上いるとか、日本人はギリギリまで待つとか書いてあるけども、ことOSについてはギリギリまで待つのが正解のように思える(もちろんある程度の余裕をもってだけども)。
できれば不具合が出尽くしてからやりたい。


といいつつも、私はもうだいぶ前にWindows10にしちゃったわけだが、たまに強制シャットダウンされるwww ことを除けば、早くて快適だ。
強制シャットダウンを不具合に含めなければwww これといった不具合にはまだ遭遇していない。
クリーンインストールしたのが良かったのかもしれない。
事の顛末はこちら
 http://takanobu.me/windows10/

個人的には、Windows10は快適でオススメなのだけども、以前のバージョンでも特に不満がなければやる必要はないよね。
私もWindows7で特に不満があったわけではないのだけども、新しもの好きなもので。
Windows10をオススメしておいたから、マイクロソフトはお金くれないかなwww

{朗報}携帯電話の実質0円終了が終了のお知らせwww

総務省の指導によって終わったかに見えた携帯電話の実質0円が、早くも復活しているという。
「下取りは端末購入時の値引きに当たらない」というスマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)の抜け穴を付いたものだが、各社ようやるなあという感想しか出てこない。
http://toyokeizai.net/articles/-/110228


だが、実質0円を止めた途端にガクンと下がった端末の売上を見ればそれも仕方ないのかもしれない。
そもそも、長く使い続ける人に不公平という理由で止めた実質0円だが、端末の料金が上がっただけという、誰にも何の得にもならない結果となった。
確かに1GBや5GBの容量シェアパックというほとんど使わない人向けのプランもできたが、正直大して安くない。
後は学割という、これまた不公平なプランによって学生の取り込みに必死だが、これもそこから外れてしまった人には何の得にもならないし、そもそも学割の原資がそういう人たちの通信料であることには変わりあるまい。


単純に月々の使用料を安くしたいのであれば、もれなく付いてくる電話カケホーダイ(2700円か1700円のやつ)か従量制を選べるようにできればだいぶ安くなろう。
強制的にくっつけて通信料をふんだくろうとか、ケチくさいことを考えているからいけないのだ。
コチラの違約金がかからないプランの所でも書いたが、なんでこんなにもケチくさいのだろうか・・・。
まあ、私はさっさと見限ったからどうでも良いのだけども。


4月1日のガイドライン適応時には、抜け穴は埋めてくると思われるので、安くスマホを買いたければ今のうちということになる。
 ただ、懸念事項がないわけではない。実質0円の原資はいわゆる販売奨励金が原資になっているとされている(元を正せば通信料だけども)。
実質0円の一旦の終了と共に、販売奨励金はかなり削られたと聞く。
ならば今回の実質0円のお金の出処はどこなのだろうか。
ドコモショップとかauショップ等がそれで潰れるのは自業自得だが、個人でやっている携帯ショップがその煽りを食って潰れる事態になったらどうにも納得がいかない。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/24/news059.html


通信料金の健全化というけども、それならば、知らないうちにいらないアプリを契約されていたり、いらない保証プランなんか入っていたり等、そういうところをもっとクリアにしてからではないだろうか。

乗り換えが面倒だったので、タブレットのSIMカードは楽天モバイルの最安のやつにした

先日、タブレットをクルマにくっつけられるようにしたことを報告した。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/47707647.html

で、タブレットに入れるSIMカードを何にしたかというと、結局楽天モバイルの一番安いものにした。
通信速度は200kbpsと遅いが、月額525円也。
http://mobile.rakuten.co.jp/sim/?l-id=header_pc_sim

どうせ家ではWi-Fiだし、外ではカーナビの代わりくらいにしか使わないのだから、それで良しとした。
良しとしたが、200kbpsは思った以上に遅くて、本当にカーナビくらいにしか使えないのである。
通信量の制限はなくても、これでは他に使う気にならないのが現実だ。


実は、楽天モバイルのままとするか、OCNモバイルONEとするか迷った。
OCNには、SIMカード一枚につき月450円かかるものの、容量シェアの設定がある。
基本プランを10ギガとしてスマホとタブレットをシェア、家がOCN光なので割引を入れると、月3250円(3000円+450円-200円)となる。


一方楽天モバイルは、スマホ用10ギガ(5ギガだとちょっと心許ないので、今回10ギガに上げた)とタブレット用の200kbpsのもので、3485円(2960円+525円)となる。
OCNと比べて月200円くらい損をするが、さすがに月200円の為にナンバーポータビリティー等の手続きをするのは面倒くさかった(手数料もかかるので手間だけではないが)。
将来的に楽天モバイルも容量シェアプランを作るのだろうし(たぶん)、まあ、そのご祝儀ということで。

IMG_5249

1枚のSIMカードをその都度入れ替え使うことも考えたが、タブレットに入れる時のケース(左側)が非常にやわでぶっ壊れそうだったので、今回もう一枚買った由。

Zenfone5のOSをAndroid4.4から5.0にしたった

私が使っている格安スマホ、ASUSのZenfone5のOSを、Android4.4から5.0にバージョンアップした。
まだメーカーからの更新は来ていなかったが、どうも手動でできるらしいということでやってみた(もしかしたらこれを書いている時点では更新が来ているかもしれないが)。
下のサイトから新しいファームウェアをダウンロードする。 http://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone_5_A500KL/HelpDesk_Download/
(バージョン JP_12.4.5.57というやつ)

スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぎ、ダウンロードしたZIPファイルをスマホの一番上の階層へコピーする(ファイルは解凍せず、ZIPファイルのままでOK)。
スマホがファイルを認識すると、アップデートするか聞いてくるので、その時点でパソコンとの接続を解除し、電源ケーブルに繋ぎ更新を開始した。
20分くらいほったらかしおいて更新は終了した。


更新直後は何やら動作がモッサリしているが、画面上部を2回下にスライド(もしくは指2本で下にスライド)させ、自動起動マネージャーを選択。
通知のいらないアプリの自動起動をOFFにし、再起動することでサクサクになった。
ここで注意が必要なのは、自動起動をOFFにしていても通知が来るものと、本当に通知が来ないものとがあることだ(私の場合、スケジュールアプリをOFFにしていたら通知が来ず、歯医者さんの予約をすっぽかしたwww)なので、通知が必要なものはとりあえずONにしておく方がベターと言える。


また、操作方法が若干変わる。
上記のメニューの呼び出し方もそうだし、ロック画面の解除方法、マナーモードへの入れ方もそうだ(マナーモードへは、音量を一番下まで下げると入る)。
 Wi-FiとかブルートゥースのON、OFFができるウィジェットもなくなってしまった。


これは改悪じゃね?というものもある反面、バッテリーの持ちは良くなった。
ポチポチ使っている分にはそれほど変わらないが、待機状態でのバッテリー消費がかなり減った。
総じて、4.4の時と比べて2割くらい良くなったかな、という印象だ。
別に4.4でも不具合はなかったが、OSはできれば新しい方が良かろうと思い実施した。
NEXUS5には既に6.0となっているようだが、今のところZenfone5の対応予定は無いようだ。
できれば長く使いたいので対応して欲しいのだけども、スペック的にキツかったりするのだろうか。
売上には貢献しないから、ASUSとしてはやりたくないのだろうけどもwwww

Screenshot_2016-01-16-07-43-09

せっかくなので、テーマをダウンロードして衣替え。

Screenshot_2016-01-16-07-43-37

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ