いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

哲学・思想

消費税10%時の軽減税率導入の為に社会保障充実を一部見送りって、ワケガワカラナイヨ。

政府、与党は、消費税増税時に導入する軽減税率の財源確保のため、社会保障の充実策を一部見送る方針という。

http://www.47news.jp/FN/201510/FN2015102301002180.html



確かに、消費税増税分は社会保障に回すという約束であったので、軽減税率で減った税収分の社会保障はちょっと削るねって、分からない話ではない。

しかし、消費税増税分を社会保障に回すとは言ったが、なぜそれが社会保障を消費税増税分のみで賄うということにすり変わるのだろうか?

そもそも消費税導入の目的が社会保障の充実の為であったが、それを反故にして、法人税減税の穴埋めや軍事費に回したのはどこのどいつだったろうか。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476770.html


今まで散々嘘をつきまくってきたのだ。

他所に回したツケを払うのが筋だろう。

それを、軽減税率を望むお前らが悪いんだとばかりに弱いものにツケを回す方法は下の下である。



●一億総活躍でGDP600兆円


先日安倍首相は、新しい経済政策である新3本の矢とともに、GDP600兆円を達成する目標を掲げた。

http://thepage.jp/detail/20150927-00000003-wordleaf



3本の矢やは下に。

希望を生み出す強い経済(GDP600兆円)

夢を紡ぐ子育で支援(出生率1.8

安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO92034300U5A920C1000000/



ちなみに、これはどうみても矢(手段)ではなく的(目的)なのだけども、そこはツッコまないようにしておこう
www

安心につながる社会保障として、介護離職ゼロを掲げているが、それにはヘルパーさんや介護施設を充実させる等、今よりも手厚い社会保障がなくてはならない。

軽減税率導入するから社会保障費を削るとか、身内の面倒は身内で見ろとか言ってる事とは明らかに矛盾するのである。

2番目の子育て支援だって、財源はどうするんだって話だ。



「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり」

で有名な、米沢藩を救った上杉鷹山公は、逼迫した財政を賄う為に安易な増税はせず、農地改革や絹織物等の特産品の生産、そして自ら倹約に務め、藩を立て直したという。

http://www.yonezawa-kankou-navi.com/person/yozan.html



なんか真逆に突き進んでいるような今の日本は果たしてどうなるのだろうか・・・。

ツノガイ、わずか数週間で化石に。化石ってこんなに短期間でできちゃうのか。

千万年前に海底で死んだツノガイと呼ばれる貝がわずか数週間で化石になったことを、名古屋大などの研究グループが突き止め、15日付の英科学誌電子版に発表した。化石はこれまで、数十万~数百万年かかって形成されると考えられていた。海に生息した首長竜やアンモナイトも同様に短期間で化石になった可能性があるという。

http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160027-n1.html



一般に知られている化石の出来は以下のリンクのように、死骸に土や泥が積もり、近く変動により地上に運ばれ、人間に発見されるというものだ。

つまりは水辺でないとダメだということだ。

確か、私が小さい頃は、地上に死んで腐敗するか食べられるかで骨だけとなった恐竜が、そのまま土に埋もれるってなっていたと記憶しているが、そう都合よく土に埋もれるわけはないし、長期間吹きっさらしなら風化するだけだ。

http://kids.gakken.co.jp/kagaku/nandemo/0802.html



実は私は、化石は一般に言われているよりも短期間で出来、かつそれは泥中に埋もれなければならないことも知っていた。

でも、ここまで短期間で化石ができるとは思わなかった。



恐竜が絶滅したとされるのは6500万年前、ユカタン半島に落ちた、直径10kmの隕石によるものだとされているが、本当はもっと最近まで生きていたのではないかという説がある。

紀元前2500年頃に起きたとされるノアの洪水である。

ノアの洪水により、恐竜は水に押し流され、一瞬で泥中に埋まったとされるものである(一応話半分位にしておいて下さい)。

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/yomemasu.htm



個人的には、恐竜絶滅の原因がノアの洪水の方が楽しいから好きなのだけども、果たして真相や如何に。

信じるか信じないかはあなた次第(これが言いたかったwww

鬼灯の冷徹で地獄の予習しとかなくっちゃ!!

鬼灯の冷徹のOAD(オリジナル・アニメ・DVD)付き単行本の2巻目(単行本は18巻目)が届いた。
去年だったかアニメが面白くて、その流れで予約しておいたものだ。

IMG_3246


現在は3巻目(単行本は19巻目)が予約中だけども、1巻目と2巻目を買った人はとっくに予約してるんじゃないだろうか。
予約限定生産じゃなくて皆に行き渡るようにすればいいと思うのだけども、いっぱい作って在庫抱えたらシャレにならないのでそれはできないのだろう。
世知辛い・・・。


それはともかく、アニメ2期目やらないかな・・・。


鬼灯の冷徹は、閻魔大王の第一補佐官の鬼灯を主人公に、地獄の獄卒達の活躍(獄卒が活躍ってことは、人間の成れの果ての亡者に責め苦を与えるってことだけどもwww)を描いたものだ。
言ってしまえば地獄をパロったものなのだけども、史実(地獄の設定を史実というのはちょっとおかしな気もするが)に基づいたもので、知的好奇心旺盛も存分に満たしてくれる。
妙に世間擦れした地獄と、その地獄から見ても尚地獄に見える現世を皮肉るところなど、若干の毒を持ちつつのユーモアが実に面白い。


まあ、私は地獄行きだろうから、その前にちょっと予習をしとこうと思う次第だ。
それでも、地獄の最下層にある阿鼻地獄は嫌だなあ・・・。
阿鼻地獄:地獄の最下層に位置し、全ての責め苦を足して1000倍にしたものを気の遠くなるような長期間に渡って受け続けるという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E7%8D%84
地獄の設定を考えた人は絶対中二病だろうwww


それにしても、地獄のサービスの行き届いたことか。
窃盗や殺生、横領等およそ人間が犯すであろう罪に対してどの地獄に落ちるのかきめ細かく決められている(どの地獄に落ちるか決定するのが閻魔大王)。
基本的には罰金と懲役の長さで決まる刑法とは比べ物にならないくらいのきめ細かさである。


ところで、作者の江口夏実さんは地獄をパロった罪で地獄行きだろうか?
それとも、地獄を世間に広めた功績で極楽行きだろうか?


では私も、マンガの注意書きを引用して。
この漫画はフィクションですが、地獄はあるかもしれません。
現世での行いには十分ご注意下さい。

佐村河内守さんのゴーストライター事件で考えた、本物とはなにかということ。

現代のベートーヴェンとしてもてはやされた佐村河内守氏が、実は自分で作曲はしていなかったことが発覚した。
18年間に渡りゴーストライターを務めていた新垣隆は、その世界では知らぬ者のいないスゴイ人なのだとか。



個人的には、音楽を聞いて感動したのであれば、誰が作っていてもいいと思う。
それは作った人が違っていても、本物だからである。
自分に当てはめてみれば、私がよくCDを買っているパット・メセニーさんや村松健さんが、実は自分で曲を作っていませんでした、なんて話が出てきたら、そうなの?って思うだけで、金返せなんて思うわないだろう。
それがどうしようもないものであれば金返せと思うけども、聞いて良かったと思ったのは他ならぬ自分であるし、そう思わせる音楽というのは誰が作っていようと本物だからだ。



ではなぜ、佐村河内守氏は耳が聞こえないというエピソードが必要であったのか。
もちろんそれは売るためである。
この音楽は耳が聞こえない人が作ったものである、というバイアスをかけて感動の水準を下げることで、多く売ろうとしたわけだ。
ものを評価するときは、それそのもので行い、できるだけ余計なバイアスは排除して考えるべきだと思う。



●これは24時間テレビを同じ構図


こういうことを考えた時にパッと浮かんだのがパラリンピックと24時間テレビである。
24時間テレビはハンデキャップを持った人に登山などを行わせ、感動を誘って寄付を引き出す。
普通の人であればなんでもないことを、ハンデキャップを持っている人がやるというバイアスをかけて感動を引き出す手法は、今回の件とまったく同じといえる。
ちなみに、私富士山登山で死ぬ目に合いました。
富士山はなめてかかっちゃいけません。



そしてパラリンピックだが、あれは単純にスゴイことである。
ハンデキャップをもっているというバイアスがなくても、正直私よりもスゴイことをやっている。
もしかして同じ土俵の上でたたかえば(各種制約のついた競技)オリンピック選手とでも互角に渡り合えるのではないだろうか。



誰がなんといおうと、感動的なエピソードがあろうとなかろうと、自分がどう思うかが大事なのだと思う。
マスコミに踊らされたってなんの得もありゃしません。



少し乱暴な言い方かもしれないが、偽物に騙される人はそもそも本物を持つ資格なんてないのではないだろうか。
どうせ本物を持っても分からないのだから。

もちろん偽物を作るということ自体がダメなのだけども、本物と偽物の違いが金の多寡でしかないというのはちょっと違うと思うのだ。


で、こういうゴーストライター騒ぎがあって、「交響曲第1番“HIROSHIMA」が売れているのだという。
確かに、世間が絶賛し、地に落とされたものがどんなものか聞いてみたい気もわかるが、こうなるともうなんだかなあとしかいえない・・・。


というわけで、交響曲第1番“HIROSHIMAを。









私はクラシックには明るくないけども、悲劇から感動へのエピソードは非常にわかりやすいものであり、音楽自体もいいと思う。
後半の静かな感じはけっこう好みだ(マーラーと似てるなんて話もあるけども)。



ところで、佐村河内守さんが作曲したとされる、ゲーム鬼武者のCDSが、アマゾンでスゴイ値段になっていて笑った。
ホント、値段で本物か偽物かではなく、需要と供給なんだなと思った。



↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

(グロ注意)確かにこんな死に方はしたくないなあwwww Dumb Ways to Die (愚かな死に方)

オーストラリアの鉄道会社の作った事故予防啓発動画が話題だとNHKのラジオでやっていた。
再生回数は6600万回を超え、広告の賞も受賞したという。
気になったので早速見てみた。


見てみたwwwww



ジェリービーンズのようなゆるキャラたちが(私はバーバパパを想像した)、これでもかと出来るならばこんな死に方はしたくないというような愚かな死に方をする。
そして最後は鉄道会社らしく、音楽を聞いていて線路に落下→グモ、遮断機が降りているにも関わらずに線路に侵入→グモ、飛んでいった風船を取ろうとして→グモ、と、こういうことをしちゃいけないよとしめる。
♪Dumb Ways to Die (愚かな死に方)と、軽やかに歌われる様がかえって恐怖を誘う。



お互い避けられる死は避けましょうwwwww


↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww

生活・文化 ブログランキングへ 
 
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ