いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

哲学・思想

アウトプットは忘れることと見つけたり

先日、アウトプットしないとインプットもうまくいかなくなる、てなことを書いた。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/51542540.html

そして、積ん読になっている「思考の整理学」にもそんなようなことが書かれているのだろうな、なんて当たりを付けていた。


「思考の整理学」は、お茶の水女子大学名誉教授である外山滋比古教授の書かれた、自ら思考することの指南書といっていい。
初版は1986年となっており、今から30年も前に書かれた本が今でも通用するのだから、人間の考えること(考え方)なんて基本的には何も変わらないのだろう。
自ら考えるとはどういうことなのか、ふと浮かんだ考えを熟成させ、形を得るまでにもっていく方法などが書かれている。
では、私が期待していた、アウトプットについては何と書いてあっただろうか。


●アウトプットは忘れること

本文で一番重きを置いているのが、タイトルにもなっている、思考=頭の中をいかに整理するかである。
整理を付けるときにはいらないものを捨てるのが一番だが、なんでもかんでも捨てればいいというものではない。
要るものまで捨ててしまっては後で困ることになるからだ。
いらないものを捨て、頭の中の整理を付けることでまた新たな思考ができるようになってくる。


そして、書くことはこのグチャグチャに絡まった思考に整理を付けることと説く。
3次元的に絡まったものから一本を取り出して行く行為が書くことであり、その段階で自分の考えに整理がついていく。
その過程は、繭から糸を紡いでいく工程にとても似ている。
そして、一つのまとまったものに仕上げる工程はまるで絹織物を織っていく行為が如しである。
そうやって物にしたらさっさと忘れてしまえとしている。


私の場合はそれがブログに書く行為なのであり、そうやって初めて安心して忘れることができるのだろう。
もちろん完全に忘れるわけではない。
ふっと、以前の考えが頭をもたげることがある。
それは大概が以前の考えとはちがっており、こうやって書いておけばよかったと後悔するのだけども、それはそれでやっぱりこうだと思う、と改めて書けばいいのだと思う。


私は普段、ふと浮かんだ考えはスマホにメモを残すようにしている。
ふと浮かんだものは、他の作業をしているとすぐに忘れてしまう。
この後で、が危険だと文中でも書いている。
それは、実体験からも経験済みであるからこその対処である。


そこから物になるまでの熟成、発酵のさせ方も書いてあるのだが、そうやって考えると、私の場合、ブログに書いてから初めて発酵段階に入れるのではないか。
メモにしただけではきっとダメなのである。
文章にする段階である程度考えをまとめ、発酵に入る前段階なのだろう。
だから、このブログの段階では未完成といってもいい。
前とは違ってたから改めて、がきっと完成形なのだろう。
そんなのに付き合わせちゃってすみませんwww
もちろん方法は人によって違うので、自分に合った方法を見つけてもらえればいいと思う。


それにしても、外山滋比古教授はなかなか大胆でおもしろい。
曰く、人の頭が一番働くのは睡眠から起きた直後とのこと。
起きてから朝食を食べる前までが一番頭が冴え、思考するのに都合がいいとする。
朝食を食べてしまうと消化にエネルギーが取られてしまうので、思考の冴えも鈍ってしまう。
なればどうすればいいか、朝食を抜けばいい、と。
もちろんお腹は空くので、遅い朝食兼昼食を食べ、寝る。
するとあら不思議、朝食前の頭の冴えが一日に二度やってくるという寸法だ。


私はさすがにこのタイムスケジュールは取れないので、起きてからすぐにブログを書く等ちょっと頭を使うようなことをし、ちょっと疲れてきたら、メールチェックなどの流れでできるものを行うようにした。
一番頭が冴えている時をメールチェックなんかに取られてはもったいないからだ。


それからもう一つ、タッチタイプ(ブラインドタッチが差別用語に当たるということで、最近ではこの名称を使う)はできるようになっておいた方がいい。
自分の考えに整理を付けながら書いていく段階で、いちいちタイプに気を取られていてはせっかくの思考も途切れてしまう。
将来パソコを使う機会はまだあるだろうし、覚えておいて損はない。
もちろんスマホのフリッカー入力でも同じようにできればいいと思う。
要はタイプに思考が取られないようにすればいいだけの話だ。
私は古い人間なので、タッチタイプなんてなってしまうのである。


考える為に考える行為はとても贅沢である。
恐らくそれができるのは人間だけだろう。
ならばそれを楽しもうじゃあありませんか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

思考の整理学 (ちくま文庫) [ 外山滋比古 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)




男子の劣情を煽るので禁止すべきもの

先日、どこぞのPTAが、男子中学生の劣情を煽るので女子のポニーテールを禁止するといいだした。
なんでも、うなじが男子の劣情を煽るのだとか。
https://matome.naver.jp/odai/2150155052307712501

またアホなことやってるねえと思ったのだが、そうなると恒例、ツイッターでは、「男子の劣情を煽るので禁止すべきもの」のハッシュタグで色々なものが出されていた。
https://togetter.com/li/1135900

その中に、ロボットやら戦隊やらクルマやらが入っていて、それに違和感を持った。


劣情の辞書での意味は、
いやしい心情。また、性的な欲望や好奇心をいやしんでいう語。「劣情を催す」
とある。
人間誰しもそういう感情はあるだろうが、その中でも大っぴらにするにははばかられるようなものという意味に使われる。
だから劣るという、負のイメージのある感じが使われている。
まあ、大っぴらにしない萌え~という感じだろうか。


ロボットやクルマに性的に興奮する向きもあるだろうが、それをいやしんでいうかといわれればちょっと違うように思う。
それはどちらかといえば、情熱を抱くとか、興奮するという言葉を当てるのが適切ではないだろうか。


●言葉の意味は変わるもの。だけども・・・


言葉の意味はどんどん変わるものである。
本来と違う使われ方もする。
https://blogs.yahoo.co.jp/kabachan5555/34859523.html

それで通じるのだし、本来の使われ方した方が意味が通じなくなってしまうこともある。
言葉の力は案外強いもので、間違った使われ方が定常化すると、そちらの意味にすり替わってしまうことがままある。
今回の「劣情」も、人の心の微妙な機微を表すものなので100%こうだとはいい切れないものの、「情熱」に近いものに変わりつつあるのかもしれない。
いつものことだし大して問題ではないように思えるが、これに関してはあるように思うのだ。


劣情を情熱の意味と取り違えた結果、卑しむような感情が大っぴらにしてもはばかられない、もしくは逆に、そういう感情は隠すものだと考えてしまうのではないだろうか。
そうなると、外に出していいものと悪いものがごっちゃになり、自分の感情が情熱なんだが劣情なんだかわからなくなってしまうと思うのだ。


仮にポニーテールを禁止したところで、他のものに劣情を抱くだけである。
学校でも、これを好機ととられて、言葉の使い方、心の機微なんてものを教えればいいと思う。
むしろペーパーテスト用の勉強よりも意味のある勉強ではないだろうか。

IMG_5948

余談だが、ポニーテールという言葉は絶妙だと思う。
ホーステールとかいわれてもかわいい感じがまったくしないwww
誰が考えたか分からないけども、素晴らしいネーミングだ。
劣情を誘う!!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB

天皇陛下は日の丸を背負ってお気持ちを表された?

8日、天皇陛下は生前退位のお気持ちをにじませるお気持ちを表された。
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

その内容についてはともかく、天皇陛下の後ろにある大皿と石、ひいては録音に使われているマイクやカメラ、フォントまで特定されていたのはおもしろかった。
http://togetter.com/li/1009802

上記のまとめによると、大皿は「益子焼の人間国宝、故・島岡達三氏の作品」で、石については水石と呼ばれるもので、その形を自然景観や造形物に例えて鑑賞する。
形によっていくつか分類されるが、その中でも土坡(どは)と呼ばれるものと思われる。
ちなみに、どちらも非常な高価なものとなっているwww


まとめの中にもあったが、石と皿は日の丸を想像させるとあるが、恐らく意図的に置いたものではないだろうか。
何のためか、やはりそれは日の丸を連想させる為であろう。
なぜか?天皇陛下は政治的発言はできないことになっており、日の丸そのままを掲げればやれ右翼だなんだと政治的主張を思わせる。
だからこそ、それは個々人の解釈に任せられるよう、皿と石をもって日の丸の象徴としたのではないだろうか。


なぜ皿と石で日の丸なのか。皿の形は丸であり、日の丸の丸の部分となる。
石の方は、私には船の形に見える。
水盤に水を張り、水面から円弧を描いて上部の平面につながっていく形は船の舳先を思わせる(いささかモータボートちっくではあるけども)。
船は方舟とも書くように、長方形を意味する。
長方形と丸、これはもう日の丸しかない。


天皇陛下は象徴である。
何の象徴か、日本という国そのものの象徴である。
日の丸もまた日本という国の象徴であるから、意味としては天皇陛下がおられればそこに国旗が掲揚されているのと同様とならないわけではない。
しかし、生前退位とは、国の象徴ではなくなるという意味であり、日の丸と同一ではなくなるという意味である。
次代にその役目をつなぐという意味では、国旗は必要だったのではないだろうか。
てなことを、中二病をこじらせると考えずにはいられないのでございますwww


今回の件で、天皇陛下は国民のことを非常に考えて下さっているのと同時に、政治的にはとても慎重な配慮をしているのだと思った。
天皇陛下のお勤めとしては国内外を飛び回るだけでなく、神事等の政も多いのだろうし、やはり心身ともの苦労が多いであろうことは想像に難くない。
天皇陛下のお言葉はとても穏やかなものではあったが、そこには危機感のようなものを私は感じた。
それを汲むのも国民の勤めなんでしょうかねえ。

うはっ!スナップエンドウってwwww

IMG_6757


ずっと「スナックエンドウ」だと思っていたwww
あのシャキシャキした歯ごたえがスナックっぽいのかなと勝手に納得していたのだけども、「スナップエンドウ」だったのねwwww


調べてみたら、昔はスナックエンドウとも呼んでいたようだ。http://web.archive.org/web/20090510061007/http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/0307/07.html

思い起こせば、文字としてスナップエンドウと見たのは初めてであり、言葉として聞いていただけだった。
祖母や母親から聞いた時に、スナップをスナックと聞き間違えたのか、それとも本当にスナックと呼んでいたのかは分からないが、それでも耳から聞いたことがパソコンの誤変換よろしく、勝手に脳内変換されていることってあるんだなと改めて思った。


スナックエンドウとスナップエンドウなんて、後で指摘されて恥かくくらいで済むだろうけども、重要な事を間違えると取り返しの付かない事態になることも考えられる。
口頭での言った言わないはやっぱり危険なんですな。
気をつけよう。

謹賀新年 今年は酔いどれたいのうwww

この時買ったOAD付き限定版に付いてくる応募券を3つ集めて送るともらえる酔いどれ白鐸(はくたく)さんフィギュアが届いた。
ちょっと前に届いていたのだけども開けていなかったので、まあ、演技が良かろうとこのタイミングで。
こんな成りでもいちおう吉兆の神様ですのでwww
IMG_5130

IMG_5135


今年もよろしくお願いいたします。 まあ自分の場合、ここまでなる前に体がアルコールを受け付けなくなって吐いちゃうんだどもね・・・。
というわけで、今年もよろしくお願いいたします。


そういえば、新しいの買ってなかったな。

鬼灯の冷徹(20)限定版 [ 江口夏実 ]

鬼灯の冷徹(20)限定版 [ 江口夏実 ]
価格:2,000円(税込、送料込)

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ