いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日本経済

日銀がマイナス金利政策を発表。タンス預金のリスクとは?

1月29日、日銀がマイナス金利政策を発表した。
http://vdata.nikkei.com/prj2/nichigin0/

今後銀行にお金を預けておくと金利を取られるようになるのかと言うと、それはあくまで銀行が日銀に預けた場合の話であって、個人の場合はその限りではない。
今後はどうなるかは分からないが、結果国債の金利は下がり、現在雀の涙ほども付かない金利がさらに安くなるのは確かだろう。


マイナス金利の発表を受け、株は上がり、円は円安方向に動いた。
市場が歓迎した結果だが、実際のところとしては、国債の買い入れによる量的緩和がそろそろ限界に近い(思ったほど物価を上げる効果もない)のではないだろうか。
それでも、来年の4月に予定されている消費税増税まで、是が非でもそれに耐え得る景気状況にしとかなきゃならんと必死なのだろう。

●タンス預金は有効か?

どうせ金利が付かないであれば(付いてもごくわずか)なのであれば、銀行に預けずにタンス預金しておけば良いのかというとそうでも無いらしい。
お名前は失念したが、先日WBSを見ていると、タンス預金の盗難や焼失等のリスクを考えると、マイナス2%くらいになるそうだ。
日銀が今回発表したのはマイナス0.1%であり、そのくらいまでは下げられるとのことだったが、盗難と政策金利を一緒にするのはちょっと乱暴ではないかと思った。


ともあれ、タンス預金にリスクがないわけではないことは確かである。
また、タンス預金は仕舞っておくかぎり動かないのだから価値は一緒かと言うとそうでもない。
確かにタンスの中のお金が動かないが、世間のお金に対する価値が動く。
インフレになればお金の価値は減じ、デフレならば上がる。外国も考慮に入れると、円高なら価値は上がり、円安ならば減じる。


最終的に個人の考えによるが、タンス預金にリスクはなく、価値は不動だという考えは間違いである。か
といって投資に回せばいいかというと、現実にはそれ以上のリスクがあるわけでございますwww
なかなかうまくいかんね、世の中って。

奨学金の返済に苦しむ若者が増加。文部科学省は所得連動返還型を検討

月々の返済額を年収に応じて減らしたり、増やしたりできる。
文部科学省が、そんな新たな仕組みの奨学金の導入を検討している。「所得連動返還型」と呼ばれ、来年1月に運用が始まるマイナンバー制度によって個人の収入が把握しやすくなるため実現の見通しが立った。
 機構によると、平成17年度に約99万人、約7400億円だった貸与人数と金額は、27年度に約134万人、約1兆1139億円にまで膨らんだ。
大学生らの2・6人に1人が借りていることになる。
未回収額(1日以上延滞)は26年度で計約5千億円に上っている。
http://www.sankei.com/life/news/151106/lif1511060006-n1.html


こんなところにもマイナンバーと思ったが、今回の趣旨はそれではなく、奨学金の返済に関してである。
現在奨学金の返済を滞納している人が急増しており、33万人にのぼるという。
額にして876億円。
奨学金はもちろん借金であり、それが後の人生に影を落とす例も少なくない。
奨学金の月々の返済額は固定で、上記のように収入に応じての変動は無い。 
http://www.shogakukin.jp/34syumi/


収入に応じて返済額が変動すれば、確かに返しやすくはなると思う。
しかし、それは返済期間が伸びるだけであって、根本的な解決には程遠い。
以前のように正規で長期雇用が基本であれば、きちんと返済することも可能だろう。
しかし、不安定な正規雇用が4割にものぼる現状では、自分で借りた奨学金を返すシステムは破綻していると言える。
それでも延滞率自体はあまり変わらないという。
実際自分では返せずに親が払っているケースも多く、それでもダメな場合は祖父母の年金でという例もあるそうだ。
自分の奨学金の返済の為に自分の子供の奨学金をたくさん借りさせる例もあるとのこと。
 http://www.nhk.or.jp/hitokoto/


なぜこんなことになるのか。
経済状況が悪化しているにもかかわらず、かかるお金は増える一方という現状にある。 http://allabout.co.jp/gm/gc/420182/


では大学に行かなければ良いと思えるが、皆が進学している中で自分だけしないと、就職は極めて不利になる。
地域によっては全く無いとか、劣悪な環境なものしかないものもあるとか。
 頑張って無利子第一種奨学金や給付型のものを受ければ良いという意見もあるが、それは非常に狭き門となっている。
http://www.nikkei.com/money/features/77.aspx?g=DGXKZO8826382019062015W06001


奨学金は確かにあまり収入の多くない世帯の人に学びの機会を与えてはいると思うが、結局借金の連鎖を生んでいる現状だ。
奨学金を普通の借金だと考えると、返済能力のない人に貸しているようなものなのだから破綻して当然だ(学生の時点で将来の年収を予想するのは非常に難しい)。
9割以上の人が返しているとは言っても、借金が連鎖していけばそれも早晩破綻するだろう。
行き着く先は経済的徴兵制だろうか。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150723dde012010004000c.html

消費税10%時の軽減税率導入の為に社会保障充実を一部見送りって、ワケガワカラナイヨ。

政府、与党は、消費税増税時に導入する軽減税率の財源確保のため、社会保障の充実策を一部見送る方針という。

http://www.47news.jp/FN/201510/FN2015102301002180.html



確かに、消費税増税分は社会保障に回すという約束であったので、軽減税率で減った税収分の社会保障はちょっと削るねって、分からない話ではない。

しかし、消費税増税分を社会保障に回すとは言ったが、なぜそれが社会保障を消費税増税分のみで賄うということにすり変わるのだろうか?

そもそも消費税導入の目的が社会保障の充実の為であったが、それを反故にして、法人税減税の穴埋めや軍事費に回したのはどこのどいつだったろうか。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476770.html


今まで散々嘘をつきまくってきたのだ。

他所に回したツケを払うのが筋だろう。

それを、軽減税率を望むお前らが悪いんだとばかりに弱いものにツケを回す方法は下の下である。



●一億総活躍でGDP600兆円


先日安倍首相は、新しい経済政策である新3本の矢とともに、GDP600兆円を達成する目標を掲げた。

http://thepage.jp/detail/20150927-00000003-wordleaf



3本の矢やは下に。

希望を生み出す強い経済(GDP600兆円)

夢を紡ぐ子育で支援(出生率1.8

安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO92034300U5A920C1000000/



ちなみに、これはどうみても矢(手段)ではなく的(目的)なのだけども、そこはツッコまないようにしておこう
www

安心につながる社会保障として、介護離職ゼロを掲げているが、それにはヘルパーさんや介護施設を充実させる等、今よりも手厚い社会保障がなくてはならない。

軽減税率導入するから社会保障費を削るとか、身内の面倒は身内で見ろとか言ってる事とは明らかに矛盾するのである。

2番目の子育て支援だって、財源はどうするんだって話だ。



「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり」

で有名な、米沢藩を救った上杉鷹山公は、逼迫した財政を賄う為に安易な増税はせず、農地改革や絹織物等の特産品の生産、そして自ら倹約に務め、藩を立て直したという。

http://www.yonezawa-kankou-navi.com/person/yozan.html



なんか真逆に突き進んでいるような今の日本は果たしてどうなるのだろうか・・・。

圏央道でETCのバーを外す社会実験。試されるのは渋滞緩和よりもモラルか!?

IMG_6130


国土交通省は、料金所が原因の渋滞緩和を目的とした社会実験として、圏央道の2つの入り口でETCのバーを撤去した。

撤去した入り口は、桶川北本IC入口ETCレーン(1020日~1119日)、狭山日高IC入口ETCレーン(1120日から1219日)となっている。

実験データを元に、バーのない新しい料金所の導入を検討するという。

http://autos.goo.ne.jp/news/262045/



確かにバーが無くなれば、ゲート進入時の大幅な減速(20km/hまでの減速)は必要無くなるので、速度低下による渋滞緩和は多少なりとも期待はできる。

しかし、ETC未装着車との速度差は増すことになるので、ETC装着車と未装着車が混在する現状では、危険が増すのではないだろうか。

また、バーが無いから減速しなくて良い(さすがにあの狭いゲートに100km/hとかで突っ込むバカはいないと思うが)と考える人や、ETCカードを挿さないで、タダで通る人もいるのではないか(カードの入れ忘れも含む)。

どういう結果が出てくるか分からないけども、ここで試されるのはモラルじゃないのだろうか。



実験の結果として、バーのない新型の料金所の導入をとあるけども、料金所なんて入り口と出口だけにして、道路の途中にある料金所はさっさと取っ払ってしまえば良いのではないだろうか。

そうすれば、料金所がボトルネックになることもないし、無用な減速をしなければ事故も減るだろうし、そこからの加速によって無駄な燃料を消費することもない。

ETCなら(ETCじゃなくても)そのくらいの補足は容易いだろう。

管轄が違うとか道路が違うとか、そんなものはさっさとやめてしまい、一本化してしまえば可能だろう。



で、結論として、インターチェンジ入り口のETCのバーを取っ払っても、あんまり意味ないんじゃね?となる。

入り口から料金所のゲートまでを、さすがに20km/hでトロトロ走る人はいないにしても、まだ高速に入っていない段階で100km/hでぶっ飛ばす人もいないだろう。

京葉道路から首都高、または首都高から東名や中央道等、高速道路の途中にある料金所でやってこそ意味のあることだ。

将来的には料金所を無くす可能性もあるとういが、さっさと無料にしろ!!

YKKはイタリアではイプシロン・カッパ・カッパwwww

個人的に好きな、イタリア在住コラムニストの大矢アキオさん。

今回のwebCGのコラムがツボだった。

http://www.webcg.net/articles/-/33352



イタリアの道路や鉄道は略語だらけで、当のイタリア人も地元を離れれば混乱するとうものだ。

その中で出てきたファスナーで有名なYKKだが、YKは本来イタリア語には無く、混乱させるとういものだ。

一応外国語を示す為にYはイプシロン、Kはカッパと読みを当てている。

http://hiramatu-hifuka.com/onyak/onyak2/zibo-1.html



で、結果
YKKはイプシロン・カッパ・カッパとなってしまう

所変われば読み方変わる。

実に面白い。

ちなみに、YKKは吉田:工業・株式会社の略とのこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/YKK



現在はフィアットの傘下となって、メーカーというよりはブランドになっているランチアにもカッパやイプシロンという名前のクルマがある。

あえてイタリア語にないアルファベットを当てたのは、異国情緒を出すためだったのだろうか。

違うかwwww

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A2



ところで、私が持ってる生涯保証のイーグルのバッグYKKだ。

あ、YKK何ですね?って言われたら、「シー、イプシロン・カッパ・カッパ。あ、ごめ~ん。イタリア訛りが出ちゃった、テヘペロ」なんてやってみようかな。



IMG_7337
 

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ