いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日本経済

消費税10%時の軽減税率導入の為に社会保障充実を一部見送りって、ワケガワカラナイヨ。

政府、与党は、消費税増税時に導入する軽減税率の財源確保のため、社会保障の充実策を一部見送る方針という。

http://www.47news.jp/FN/201510/FN2015102301002180.html



確かに、消費税増税分は社会保障に回すという約束であったので、軽減税率で減った税収分の社会保障はちょっと削るねって、分からない話ではない。

しかし、消費税増税分を社会保障に回すとは言ったが、なぜそれが社会保障を消費税増税分のみで賄うということにすり変わるのだろうか?

そもそも消費税導入の目的が社会保障の充実の為であったが、それを反故にして、法人税減税の穴埋めや軍事費に回したのはどこのどいつだったろうか。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476770.html


今まで散々嘘をつきまくってきたのだ。

他所に回したツケを払うのが筋だろう。

それを、軽減税率を望むお前らが悪いんだとばかりに弱いものにツケを回す方法は下の下である。



●一億総活躍でGDP600兆円


先日安倍首相は、新しい経済政策である新3本の矢とともに、GDP600兆円を達成する目標を掲げた。

http://thepage.jp/detail/20150927-00000003-wordleaf



3本の矢やは下に。

希望を生み出す強い経済(GDP600兆円)

夢を紡ぐ子育で支援(出生率1.8

安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO92034300U5A920C1000000/



ちなみに、これはどうみても矢(手段)ではなく的(目的)なのだけども、そこはツッコまないようにしておこう
www

安心につながる社会保障として、介護離職ゼロを掲げているが、それにはヘルパーさんや介護施設を充実させる等、今よりも手厚い社会保障がなくてはならない。

軽減税率導入するから社会保障費を削るとか、身内の面倒は身内で見ろとか言ってる事とは明らかに矛盾するのである。

2番目の子育て支援だって、財源はどうするんだって話だ。



「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり」

で有名な、米沢藩を救った上杉鷹山公は、逼迫した財政を賄う為に安易な増税はせず、農地改革や絹織物等の特産品の生産、そして自ら倹約に務め、藩を立て直したという。

http://www.yonezawa-kankou-navi.com/person/yozan.html



なんか真逆に突き進んでいるような今の日本は果たしてどうなるのだろうか・・・。

圏央道でETCのバーを外す社会実験。試されるのは渋滞緩和よりもモラルか!?

IMG_6130


国土交通省は、料金所が原因の渋滞緩和を目的とした社会実験として、圏央道の2つの入り口でETCのバーを撤去した。

撤去した入り口は、桶川北本IC入口ETCレーン(1020日~1119日)、狭山日高IC入口ETCレーン(1120日から1219日)となっている。

実験データを元に、バーのない新しい料金所の導入を検討するという。

http://autos.goo.ne.jp/news/262045/



確かにバーが無くなれば、ゲート進入時の大幅な減速(20km/hまでの減速)は必要無くなるので、速度低下による渋滞緩和は多少なりとも期待はできる。

しかし、ETC未装着車との速度差は増すことになるので、ETC装着車と未装着車が混在する現状では、危険が増すのではないだろうか。

また、バーが無いから減速しなくて良い(さすがにあの狭いゲートに100km/hとかで突っ込むバカはいないと思うが)と考える人や、ETCカードを挿さないで、タダで通る人もいるのではないか(カードの入れ忘れも含む)。

どういう結果が出てくるか分からないけども、ここで試されるのはモラルじゃないのだろうか。



実験の結果として、バーのない新型の料金所の導入をとあるけども、料金所なんて入り口と出口だけにして、道路の途中にある料金所はさっさと取っ払ってしまえば良いのではないだろうか。

そうすれば、料金所がボトルネックになることもないし、無用な減速をしなければ事故も減るだろうし、そこからの加速によって無駄な燃料を消費することもない。

ETCなら(ETCじゃなくても)そのくらいの補足は容易いだろう。

管轄が違うとか道路が違うとか、そんなものはさっさとやめてしまい、一本化してしまえば可能だろう。



で、結論として、インターチェンジ入り口のETCのバーを取っ払っても、あんまり意味ないんじゃね?となる。

入り口から料金所のゲートまでを、さすがに20km/hでトロトロ走る人はいないにしても、まだ高速に入っていない段階で100km/hでぶっ飛ばす人もいないだろう。

京葉道路から首都高、または首都高から東名や中央道等、高速道路の途中にある料金所でやってこそ意味のあることだ。

将来的には料金所を無くす可能性もあるとういが、さっさと無料にしろ!!

YKKはイタリアではイプシロン・カッパ・カッパwwww

個人的に好きな、イタリア在住コラムニストの大矢アキオさん。

今回のwebCGのコラムがツボだった。

http://www.webcg.net/articles/-/33352



イタリアの道路や鉄道は略語だらけで、当のイタリア人も地元を離れれば混乱するとうものだ。

その中で出てきたファスナーで有名なYKKだが、YKは本来イタリア語には無く、混乱させるとういものだ。

一応外国語を示す為にYはイプシロン、Kはカッパと読みを当てている。

http://hiramatu-hifuka.com/onyak/onyak2/zibo-1.html



で、結果
YKKはイプシロン・カッパ・カッパとなってしまう

所変われば読み方変わる。

実に面白い。

ちなみに、YKKは吉田:工業・株式会社の略とのこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/YKK



現在はフィアットの傘下となって、メーカーというよりはブランドになっているランチアにもカッパやイプシロンという名前のクルマがある。

あえてイタリア語にないアルファベットを当てたのは、異国情緒を出すためだったのだろうか。

違うかwwww

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A2



ところで、私が持ってる生涯保証のイーグルのバッグYKKだ。

あ、YKK何ですね?って言われたら、「シー、イプシロン・カッパ・カッパ。あ、ごめ~ん。イタリア訛りが出ちゃった、テヘペロ」なんてやってみようかな。



IMG_7337
 

難民キャンプ少女のイラストは芸術でも表現の自由でもない

ちょっと前、難民キャンプの少女の写真をイラスト化し、「他人の金で、そうだ難民しよう」という画像が話題となった。

単なる炎上騒ぎでは収まらず、BBCも取り上げて国際問題になりかけた。

経緯についてはコチラのまとめを参照下さい。

http://matome.naver.jp/odai/2144454476563655201?&page=1



こんなのは単なる誹謗中傷であり、芸術でも表現の自由でもない、終了。

で終わりたいのだけども、一応ちゃんと間違いを検証してみた。



1.    難民は止むに止まれぬ事情で自国を離れる人たちであり、そうだ○○しようなんて軽いノリで今よりいい状況を目指すのは、難民ではなく移民である(もちろん移民の人も軽いノリでは行けないだろうけども)。

2.    そもそも子供が自分の金で移民も難民もできるわけがなく、ましてや他人の金で難民しようなんて考えるわけがない(もっといい国に生まれたかった、みたいなことは思うかもしれないが)。

3.    元の写真の著作権の侵害。



もちろんそれらを言わせているのは、背景にいるであろう大人であると想定しているのだろう。

確かに、そのように考えている人もいないとは言わない。

それでも、難民と移民を間違えているのだから、そうした人もいる、という指摘には当たらない。



芸術や表現の自由は、あくまで他人の権利を侵害しない場合において有効である。

それでも意図せず侵害してしまう場合も少なからずあるが、その場合はごめんなさいで大抵は収まるだろう(裁判や金銭が発生する場合もあるけども)。

でも、今回のイラストは明らかに誹謗中傷と差別であり、これで元の写真を撮ったカメラマンや難民の人たちの権利を侵害するとは思わなかった、というのはちょっと無理があるのではないだろうか。

表現の自由=何をやっても良いでは、下手をすれば他人の権利の侵害合戦となってしまい、結果として非常に殺伐をしたものとなってしまうだろう。

それは逆に表現の自由の幅を極端に狭めるものであり、自分で自分の首を締める行為である。

だからそこ、表現者はそれなりに気を使わなければならない。



とまあ、一応表現者の端くれとしては、そう思うわけであります。

日本人は難民の人たちのことをそんな目で見ているのかって思われたら嫌ですからね。



●日本は難民を受け入れるべきか?


私は以前、現状難民は受け入れるべきではないと書いた。

http://hyouge.doorblog.jp/archives/46476825.html


それはもちろん、他人の金で難民しようとしている人がいるからなんてことではなく、日本の側に受け入れ体制ができていないという理由からだ。



先日、安倍総理は国連総会の一般討論演説で難民の受け入れについて質問を受けた際、難民を受け入れる前に女性や高齢者の活躍、出生率の上昇が先だと答えた。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8277.html

難民問題と人口や経済の問題をゴッチャにして誤魔化した(本気で思っていたら救いがないので、誤魔化したとしておきます)。

国のトップがそうなのだ。

日本に受け入れ体制ができていないという私の意見は、残念ながら当たっているようだ。



翻って、日本は難民を受け入れるべきか否かと問われたら、受け入れるべきだと私は思う。

あの場、安倍総理は受け入れ体制を整えていくと応えるべきであった。



自分の住んでいる国がそんなチンケな所だとは思いたくないけども、悲しいかなそういう所なのである。

嗚呼・・・。

VW、アメリカで排ガス規制を不正にクリア。不謹慎かもしれないけども、マツダはチャンスか!!

米環境保護局(EPA)の調査で、ドイツのVW(フォルクスワーゲン)が排ガス規制をクリアする為に不正を行っていたことが発覚した。

不正ソフトを使用し、試験中であることを判断すると排ガス中のNox(窒素酸化物)を減らすような制御を行い、試験をクリアしていたと見られる。

実際の走行時の排ガス中のNOxは、最大で基準値の40倍にのぼるものもあったという。

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/matome/15/325410/091800102/?rt=nocnt



結果、VW自体はいうまでもなく、他メーカーも含めて世界的な株安を招いた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H5L_S5A920C1FF2000/


また、排ガスを浄化する為の触媒に使用される白金の価格も下落した。

一方で、ガソリン車に使用されるパラジウムは高騰とのことだが、もうなんだかなあとwww

http://jp.reuters.com/article/2015/09/23/markets-precious-idJPKCN0RN2IX20150923



VWは対策費用として65億ユーロを計上、米当局の制裁金は最大で180億ドル(21600億円)にのぼることになるという。



また、BMWも基準値を11倍超過というニュースも入ってきた。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092400892&g=int



日本でのディーゼルエンジン


日本では、石原都知事(当時)黒い粉塵(PM:パティキュレートマター)をペットボトルに入れて振ってみせたパフォーマンスにより、ディーゼル車は完全にトラック等の商用車のものとなり下火となった。

欧州では低燃費で人気のあるディーゼルエンジンも、日本ではハイブリッド車の普及もあり、あえてディーゼルへという人は少なかった。

しかし、最近は欧州車のディーゼル車の評判も浸透し、なによりマツダの開発したディーゼルエンジン、スカイアクティブDの影響が大きかった。

ガソリン車と比較して燃費が良く、かつパワフルということもあり、マツダのディーゼル車の売上は5割を超すという。

http://response.jp/article/2015/03/24/247298.html



マツダの働きもあって評価の高まったディーゼルエンジンだが、今回のVWの不正によって、この好調に冷水を浴びせることになりはしないか懸念する。

マツダのスカイアクティブDの特徴は、低圧縮比によってNOxの削減と振動の低減、軽やかな回転上昇を実現した店にある。

NOxについては他社で行っている尿素還元処理(排ガスに尿素を吹きかけて、NOxを窒素と酸素に分解する処理)等の後処理をしなくてもポスト新長期規制に対応している。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/skyactiv/skyactiv-d/



構造としては
VWに近い形となっているので、もしかしたら触媒のヘタリ具合によっては、今回の米環境保護局の検査に引っかかる場合もあるかもしれない(完全に憶測です)。

逆に問題なく適合できれば、これはもうビッグビジネスの予感しかしない。

米環境保護局の検査にパスできない所は、マツダからエンジンを買えくらいの勢いだ。



ちなみにポスト新長期規制値がこちら。

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/09/090325/01.pdf


一方アメリカの基準。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20150920-00049689/


アメリカは0.44g/km、日本は0.08/kmとそれこそ桁が違いに日本の方が厳しい値となっているので全然余裕だと思うのだけども、走行モードの違いや、20km走行後でも浄化性能を維持しなければならないなど、単純に比較はできないのかもしれない。

でも、VWはまだ日本にディーゼル車は入れていないけども、BMWやメルセデス・ベンツ、ボルボ等はクリアしてるということではないのだろうか?

BMWも引っかかったというが、日本とアメリカで仕様が違うのか??



個人的にはVWは好きだ。

面白みはないかもしれないが、小型車の基準を塗り替えてしまうくらいの影響力があり、高品質である。

私自身の評価は大して変わりはしないが、世間は恐らくそうは見てくれないだろう。

不正一発で信頼は失墜してしまう。

悪銭身につかずというのは本当だ。

私も気を付けよう・・・。

もちろん世界的な株の暴落を招くような影響力は、私にはありませんが。

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ