いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

節約・ライフハック

格安スマホにしないのは違約金が高いからという読売新聞の社説は間違い

読売新聞の社説に、携帯大手3社は端末の過剰値引きをやめ、通信料を下げて家計負担を下げろ、違約金が高いから格安スマホへの転換が進まない、とあった。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161017-OYT1T50010.html

大間違いである。
格安スマホへの転換が進まない最大の理由は、今の携帯会社の方が安心だからである(高くないと思っている人と、電話をたくさん使う人は除く)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1503/30/news154.html

読売新聞は違約金が高いというが、大体1万円位であり、格安スマホに乗り換えれば(端末代を除けば)2,3ヶ月でペイできる。
というか、今の携帯会社の方が安心だというのだから、違約金を取ろうが取るまいが(法外な値段だったら話しは別だけども)結果はあまり変わらないだろう。
上に端末代を除くと書いたが、同じ回線を利用する会社(ドコモならドコモの。auならau。)にすれば端末を使いまわすこともできる。
どうしても違約金を払うのが嫌なのであれば、解約月に乗り換えれば良い。


また、通信料を下げて家計の負担を減らせとあるが、ちゃんと端末の料金を引いて家計の負担を下げているではないか。
総務省が文句を付けてどうなったか?
端末代だけ上がって(一応容量の大きい新しいプランはできたけども)家計の負担は逆に増えたではないか。
同じ端末を使い続けている人にとって不公平だというならば、端末を値引く等して機種変更を促せば良い(私のところには値引きのクーポンが届いた)。
それでもしないのであれば、それはもう放っておけばいいのではないだろか。


ちょっと前のように大手3社くらいしかなく、値段横並びの独占状態であったなら、是正措置を求めることは必要だろう。
しかし、今は乗り換えようと思ったらいくらでもある。
大手が格安スマホ各社に回線を開放した時点で、自分たちのビジネスモデルは変える気がないと思っているのだろうし、実際そうなのだろう。
だからもしもっとちゃんと説明せよというのならば、それは格安スマホ各社の方である。
いくら大手といえど、自分たちの顧客を手放すようなことはしたくあるまい。


仮に大手3社の値段が下がる時が来るならば、それは国が相当に圧力を掛けた場合か、予想以上に格安スマホへの転換が進み、尻に火がついたときではないだろうか。
高いと思うのであれば自ら調べ、さっさと乗り換えればいいだけのことである。
分からないことを分からないままにしておくとか、面倒くさいと思って放っておくならば搾取されるだけである。
悲しいかな、現代はそうなっている。

一応私の使っている楽天モバイルのバナーを貼っておくので、よろしければどうぞ。
回し者じゃないですよwwww
格安スマホは他にもいろいろあるので、自分の使用形態に合わせて調べてみて下さい。

ワイ初体験。うまくできたがチョー不安(T_T)

キツキツだ!
体重を思い切りかけるようにしてようやく根元まで押し込む。
半分くらいまで抜き、また押し込む・・・・・・・・


先日、初めてのパンクを食らった。
自転車では何度もあるが、車では初めてである。
いつものように空気圧をチェックしたら、右後輪だけ他より低かった。
一輪だけ低いということは何かあると思いタイヤをよく見てみると、トレッド面(地面と接する溝が刻んである所)に釘が刺さっており、ツバを付けるとわずかに泡が立った。
ついてはいないが、パンクの原因がトレッド面に刺さった釘であり、かつ早く気がつけたことは運がよかった。
これがサイドウォールだったり、空気が抜けている状態で走っていたら、有無をいわさず交換となっていたからだ。
※サイドウォールがやられていると修理はできない。また、空気が抜けている状態で走ってしまうと、教習所で習ったスタンディングウェーブ現象によりタイヤの内面がやられてしまう。


こんなこともあろうかと、パンクの修理キットを車に積んである。
白くてドロドロしたものwww を突っ込む応急用の補修材ではなく、ラバースティックを突っ込む修理キットである。
それを試す機会がやってきた。
こんなに早いとは思わなかったけども。


手順は、タイヤを車から外し、釘などのパンクの原因となっているものが刺さっている所にチョーク等で目印を付け、引っこ抜く。
次にローショ・・・ではなく、のりみたいなラバーセメントを付属のドリルみたいな器具(スクリュードライバー)塗り、釘を抜いた穴n右に回しながらにぶっ刺す。
が、キツキツでなかなか入らない。
体重をかけるようにして思い切り押し込み、ようやく根本まで入れることができた。
入れた器具を右に回しながら半分くらいまでズルリと引き抜きまた根元まで入れを何回か繰り返す。
これもキツキツで骨が折れる。
最後に半分くらいまで引き抜き、金属部分にラバーセメント塗る。
それを根元まで入れ、次の作業までそのままにしておく。


先に穴が空いている器具(インサートドライバー)にラバースティックをセットし、ラバースティックの部分にラバーセメントを塗る。
タイヤに刺したままにしておいたスクリュードライバーを引き抜き、インサートドライバーをそこに突っ込む。
が、これもキツイ。
全然入っていかない。
これ本当に合ってるのかと不安になり、一度インサートドライバーを引き抜き、スクリュードライバーで穴を整えてからもう一度やってみたが全然変わらない。
スクリュードライバーで貫通させた穴が相変わらずのキツキツである。
こういうものなどだと思い、ラバースティックをインサートドライバーにセットし再度挿入。
体重を思い切りかけてグイグイ突っ込む、突っ込む、突っ込む。
やっとのことで根元まで入れることができた。
やっとのことで入れたインサートドライバーを今度はそのまま引き抜く。
空気を入れ、漏れていないことを確認後車に取り付けて作業は完了。


やってみなければ分からないとはいえ、こんなにも力の要る作業なのか?
後で手のひらに違和感を覚えて見てみると、インサートドライバーの柄が当たっていたところが水ぶくれになっていた。

IMG_8796


何日かした後に空気圧を見てみても抜けはないようなので、とりあえずは成功のようである。
修理したところはガムでも踏んづけたようになっているけども、かさぶたが剥がれるみたいにポロッと取れないだろうな・・・。


一応私が使った修理キットはこれ。


ラバーセメントを使わないタイプもあるが、まずい腕を多少はカバーしてくれると思い、ラバーセメント付きのものをチョイスした。
これでいつでもパンクできるぜ!!したくないけどねwwww

auとソフトバンクが通信量20GBと30GBの新プラン。珍しく単純に値下げ!?

auとソフトバンク通信量20GBと30GBの新料金プランを発表した。
値段についてはいつも通り申し合わせたように一緒なので、auのリンクを貼っておく。
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/09/09/besshi2023.html

詳細を見ると、データ繰越無制限やテザリング無料など、auの方がいいように思える。
http://news.livedoor.com/article/detail/11996150/


正直あんまり使わない人にはどうでも良いプランだが、大量に使う人にとっては朗報だろう。
外で動画を見たり音楽を聞けるサービスもどんどん出てきているし、通信量は嵩む一方だから、珍しくいいプランだと思う。
守銭奴が如き携帯会社が単純に値下げとは珍しい。
大容量で家族でシェアする形を取っているドコモがどう動くか見ものである。


これで格安携帯ももっと安くなんてことになってもらえばいいけども、もともと安いからならないだろうな。
ただ、大容量のプランは新設、もしくは安くなるかもしれない。そうなってくれるといいなあwww
楽天モバイルが大容量で複数SIMカードで容量シェアをやってくれれば文句ないんだけどなあ。
やってくれないかなあ。

ASUS Zenfone5のバッテリー交換したった

格安スマホ、ASUSのZenfone5のバッテリー交換をした。
買ってから約1年半。使える時間が短くなったような感じはしないのだけども、充電回数は500回を超えているし、新品から比べると、7~8割位に性能は低下していると思われる。
いざというときにまともに使えないと困るわけだし、こういうものはちょっと早めに交換しておく方が良いと考えている。


バッテリーはアマゾンで調達した。
 
画像だと何個かツールが付いているような感じだけども、ドライバーが一本付いてきただけだったwww
まあいいけども。

IMG_9183

裏蓋を外して、ネジを全部外す。
結果として精密ドライバーで十分イケたけども、付いてきたドライバーはそれよりも一回り小さいもので、せっかくなのでそれを使った。

IMG_9186

IMG_9187

ネジを取って中蓋を外したところ。
バッテリーは下半分、SIMカードを入れる所の裏に付いているので、そこにくっついている端子3つと電源の計4つを外す。
一応この為にyoutubeにアップされている動画を見て予習しておいたのだけども、外し方がちょっと違っていた。
動画は普通に引っこ抜いているようだったが、自分のものは端子が刺さっている所の白い押さえを起こして外すタイプだった。
ロットなのか国なのかちょっとずつ変えているのか分からないけども、もしかしたら他の人のものはまた違うのかもしれない。

IMG_9190

下半分を外してひっくり返したところ。
ちなみに新しいバッテリーの製造年月日はごく最近のものである。

IMG_9191

バッテリーはケースに両面テープで止まっているので、使っていないカードを突っ込んでグイグイ引っぺがす。
ケースは非常に柔いが、変形したら修正すれば良いと考えて、グイグイ突っ込む。最初カードを突っ込む取っ掛かりを作ろうとマイナスドライバーを突っ込んだら、バッテリーの被覆を破いてドライバーに通電しちゃったらしく、煙が出てきたのはご愛嬌。
本当はちょっと焦って、なん・・・だと!ってなったwwww


さて、無事にバッテリー交換も終わり、端子や電源を繋いで元に戻して電源を入れ・・・・入れ・・・入らない・・・だと!!
そうだ、放電しちゃっているだな、と思い、電源をつなぐと無事に・・・うんともすんともいわない・・・。
うそ・・・だろ!!
背筋に嫌なものが走った。
まさか端子を外す時に断線させちゃったか??
とりあえずまたケースを外し、端子をもう一回抜き差ししたら、今度はちゃんと電源が入った。
良かった。端子といってもペラペラの薄いプラスチック板みたいなものなので、押し込みが足りなかったようだ。
波乱はあったが、一応無事にバッテリー交換は終了し、ちゃんと使えている。
バッテリーの寿命は、気持ち伸びたような気がしなくもない。
次機種変更するとしたらモトローラのこれかなと思っているけども、Zenfone5の寿命が伸びたのでいつ変えるかは不明。
どうしようかな。


ところで、今回バッテリーを変えて思ったのだけども、Zenfone5自体は販売が終了してけっこう経つのに、バッテリーの製造年月日は最近だった。
推測だけども、バッテリー自体は他のものにも使える汎用品なのではないだろうか。
もっと簡単にバッテリーを交換できれば良いのにと思っていたのだけども、その為に専用のバッテリーを作るか、バッテリーに合わせて本体を設計するとなると、どうしてもコストが上ってしまう。
格安スマホの利益率なんてたかが知れているのだろうから、コストは絶対にかけられない。
となると、そこら辺の汎用バッテリーを持ってきてくっつけてしまった方が、バッテリー周りの設計を簡略化できるからコストは下がる。
てな感じで、基本的にバッテリー交換は不可としているのかなと思った。私はスマホの設計はやったことがないので分からないけども、そんなに的外れではないと思う。
物を作るというのは苦労の連続だ。
それをやっている人たちを、心から尊敬する。

Window10、ウ○コなエラーを吐き出すwww

家のパソコンが、ちょっと前から下のような画面になって強制シャットダウンされることが頻発していた。
作業中にシャットダウンされるのだからウザったいことこの上ないが、それ以上にハードディスクに不具合でも起きようものならウザったいどころではない。
時間を作って直すこととした。

IMG_8074


WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR(ワー、ウ○コれくたぶれエラー・・・ウソです)、ったく、Window10はクソ(ウ○コなだけに)だなと思いつつ調べてみると、マザーボードのCMOS電池切れじゃね?と出た。
マザーボードって電池なんて使ってたんだ、という感想はともかく、パカっとパソコンを開けて、グラフィックボードを引っこ抜かないとアクセスできない位置にあるボタン電池を交換した(ブログに書くつもりはなかったので、写真は撮らなかったです。悪しからず。)。
ついでに中のホコリを掃除して終了。
以降症状は出ていないので、やはりこれだったのだろう。
心なしか、動作も以前よりサクサクしているような気がする。
電池はCR2032という、コンビニはちょっと分からないけども、コメリにあったくらいだからどこにでも売っているであろうボタン電池(一応下にリンクは貼っておきますが、通販で買うようなものではありませんwww)


BIOSのセットアップの設定情報を記録するメモリ(CMOS RAM)は電力供給がないと消えてしまうので、電源供給の為にボタン電池を使っているとのこと。
画像素子のことじゃないんだww
長期間使えるということだが、パソコンいつ買ったんだっけと調べてみると、出荷日が2010年12月1日となっていた。
約6年。
順当なところか。
6年前のパソコンでも、CPUは第一世代とはいえCore i7だし、特に不自由はしていない。
重い作業もせいぜい写真のRAW現像くらいだし、ぶっ壊れるまでは使えそうだwww
やっぱり、ちょっと高くても多少高性能なものを買っておけば潰しが効いてよろしい。


結局Window10の不具合ではなかった。
マイクロソフトさんゴメンナサイm(__)m
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ