いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

夜間、横断中の事故の96%って、随分と大雑把なデータだなあ・・・。

IMG_7637


歩行者が夜間に道路を横断中に車にはねられた昨年1年間の死亡事故、625件のうち、96%の車のヘッドライトがロービームだったことが警視庁の調査でわかった。
夜間の死亡事故625件ではロービームが597件、ハイビームが9件、補助灯が6件、無灯火が13件だったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-soci

補助灯と無灯火ってなんだよとつっこみたくなるが、ここでいう夜間が何時からか分からないので、もしかしたら夕方も含んでいるのかもしれない。


個人的には、これは他人事ではない。
というのも、先日まさにハイビームであれば防げたであろう事故をやらかしたからである。
一応、ロービームとハイビームの使い分けについてはこちらに書いたので、参照いただければ幸いです。
的確なコメントもつけていただけたので、参考になるかと思います。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/46139021.html


あれ以来、大丈夫だろうと過信はしない。
ハイビームでいけるところは必ずハイビームにすると決めた。
だからいうのだが、ロービームであった597件のうちハイビームであれば事故を起こさなかったといえるものが一体何件で、どんな状況だったのか明らかにすべきではないだろうか。
事故は一件一状況が異なる。
信号はあったのか?歩行者は車を認知していたのか?歩行者の服装は?時間帯は?道路状況は?ドライバーの健康状態は?
それらを検証せずして、96%がロービームだったとはあまりに大雑把である。


普段走るのは車通りがまばらな田舎道だからだと思うが、私の認識では、けっこう多くの人がロービームとハイビームを切り替えて使っている。
恐らくほとんどの人は状況に応じて切り替えているのではないだろうか(もちろん統計を取らないと分からないし、その上でないと上記の96%という数字もあまり意味はないと思うが)。


私は、何かあったらすべて車の責任という考えが間違いだと思う。
ロービームは40mしか届かないというが、それはあくまで車から見て障害物等をドライバーが認知できる距離であり、歩行者からは車の光源であるヘッドライトはもっと遠くから見える。
また、歩行者が反射材を身に着けていれば、例えロービームであっても40mよりも遠くから認知可能である(夜出歩くときはせめて白っぽい服を着てくれと思う。上下真っ黒い服なんて、轢かれたいとしか思えない)。
警察庁のサイトによると、反射材を着けている歩行者は、着けていない歩行者に比べて2倍以上手前から認知可能とある。
これはハイビームで認知できるとされる100mとほぼ同じである。https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/reflector/index.htm


ドライバーと歩行者(もちろん自転車も)が双方で気を付けることで、初めて事故は防げるのではないだろうか。
車、自転車、歩行者が混在している状況では(もちろんすべて分けられればそれが一番良い)、事故を防ぐにはそれしかないと思うのである。
事故を起こして悲しい思いをするのは、ドライバーも歩行者もないのだから。

ワイ初体験。うまくできたがチョー不安(T_T)

キツキツだ!
体重を思い切りかけるようにしてようやく根元まで押し込む。
半分くらいまで抜き、また押し込む・・・・・・・・


先日、初めてのパンクを食らった。
自転車では何度もあるが、車では初めてである。
いつものように空気圧をチェックしたら、右後輪だけ他より低かった。
一輪だけ低いということは何かあると思いタイヤをよく見てみると、トレッド面(地面と接する溝が刻んである所)に釘が刺さっており、ツバを付けるとわずかに泡が立った。
ついてはいないが、パンクの原因がトレッド面に刺さった釘であり、かつ早く気がつけたことは運がよかった。
これがサイドウォールだったり、空気が抜けている状態で走っていたら、有無をいわさず交換となっていたからだ。
※サイドウォールがやられていると修理はできない。また、空気が抜けている状態で走ってしまうと、教習所で習ったスタンディングウェーブ現象によりタイヤの内面がやられてしまう。


こんなこともあろうかと、パンクの修理キットを車に積んである。
白くてドロドロしたものwww を突っ込む応急用の補修材ではなく、ラバースティックを突っ込む修理キットである。
それを試す機会がやってきた。
こんなに早いとは思わなかったけども。


手順は、タイヤを車から外し、釘などのパンクの原因となっているものが刺さっている所にチョーク等で目印を付け、引っこ抜く。
次にローショ・・・ではなく、のりみたいなラバーセメントを付属のドリルみたいな器具(スクリュードライバー)塗り、釘を抜いた穴n右に回しながらにぶっ刺す。
が、キツキツでなかなか入らない。
体重をかけるようにして思い切り押し込み、ようやく根本まで入れることができた。
入れた器具を右に回しながら半分くらいまでズルリと引き抜きまた根元まで入れを何回か繰り返す。
これもキツキツで骨が折れる。
最後に半分くらいまで引き抜き、金属部分にラバーセメント塗る。
それを根元まで入れ、次の作業までそのままにしておく。


先に穴が空いている器具(インサートドライバー)にラバースティックをセットし、ラバースティックの部分にラバーセメントを塗る。
タイヤに刺したままにしておいたスクリュードライバーを引き抜き、インサートドライバーをそこに突っ込む。
が、これもキツイ。
全然入っていかない。
これ本当に合ってるのかと不安になり、一度インサートドライバーを引き抜き、スクリュードライバーで穴を整えてからもう一度やってみたが全然変わらない。
スクリュードライバーで貫通させた穴が相変わらずのキツキツである。
こういうものなどだと思い、ラバースティックをインサートドライバーにセットし再度挿入。
体重を思い切りかけてグイグイ突っ込む、突っ込む、突っ込む。
やっとのことで根元まで入れることができた。
やっとのことで入れたインサートドライバーを今度はそのまま引き抜く。
空気を入れ、漏れていないことを確認後車に取り付けて作業は完了。


やってみなければ分からないとはいえ、こんなにも力の要る作業なのか?
後で手のひらに違和感を覚えて見てみると、インサートドライバーの柄が当たっていたところが水ぶくれになっていた。

IMG_8796


何日かした後に空気圧を見てみても抜けはないようなので、とりあえずは成功のようである。
修理したところはガムでも踏んづけたようになっているけども、かさぶたが剥がれるみたいにポロッと取れないだろうな・・・。


一応私が使った修理キットはこれ。


ラバーセメントを使わないタイプもあるが、まずい腕を多少はカバーしてくれると思い、ラバーセメント付きのものをチョイスした。
これでいつでもパンクできるぜ!!したくないけどねwwww

炎天下のクルマへの置き去りダメ・・・絶対

日産が熱中症ゼロプロジェクトとして、なかなか衝撃的な動画を公開した。



炎天下に放置したクルマの中がどうなるのか、約1時間半を1分位にまとめたものだ。
撮影開始からどんどん車内の温度は上昇していく。
1時間半ほどで車内は55℃を超え、子供のお絵かき用のクレヨンまでもが溶け出す。
外気温が35℃ならば、車内は70℃に達することもあるという。


もちろんこれは車体の色や大きさ、ガラスの性質(赤外線を反射する等)、にもよるだろうけども、それは誤差の範囲で、結果はそう変わらないだろう。
新しいプリウスには、車体の温度が上がりにくい遮熱機能を持たせた塗装が採用されているが。 
http://toyota.jp/prius/style/top/

子供の車内放置は危険だと多少の周知が進んだのか、今年はパチンコをやってて死なせてしまったというニュースは聞かない(私が知らないだけかもしれないが)。
それでも、ちょっとだけとか、ついなんとういこともあるかもしれない。
個人的に注文を付けるのならば、子供のダミーを乗せたらよりショッキングだったのではないだろうか。
そういう用途でのダミーって作ってないないかもしれないが・・・。


余談だが、47秒くらいで溶け出すクレヨンはいわゆるクーピー見えるのだけども、あんなに派手に溶け出すのだろうか。
クーピーの融点は140℃だという。柔らかくなるのなら分かるけども、こんな状態になるのだろうか?
クーピーじゃないのかもしれないが・・・。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091203071780.html

高速道路の最高速度を120km/hに段階的に引き上げってことだけども、時期尚早じゃないか?

IMG_6170


警察庁は3月24日、現行で時速100kmとしている高速道路の最高速度について、安全条件を満たす区間に限り120kmへの引き上げを認める方針を決めた。
最高速度の引き上げは、1963年に日本で最初の名神高速道路が開通して以来初めて。
大型トラックの最高速度は現行の80kmのままとする方向だ。
共同通信などが報じた。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/23/highway-120km_n_9537352.html


試験導入は新東名高速道路と東北自動車道の一部となっており、確かに新東名は道も綺麗だしカーブもなだらかで、100km/hだと退屈に感じるくらいだから120km/hでも何の問題もないだろう。
というより、ほとんどの高速道路が120km/hでも大丈夫だろう。
ハード的には問題はない。
問題はそこを使う人である。


以前コチラに書いたが、視界が100mも効かないくらいの大雨でもヘッドライトも点けず、車間詰め詰めで晴天時と同じようにぶっ飛ばしているのを見ると(もちろん晴天時でもそんな走り方をしたら危険)、正直生きた心地がしなかった。
滞り無く流れている分には問題ないだろうが、前を走っている車がブレーキをちょっと強めに踏んだら恐らく対応できまい。
そんな人達が走っているのだから、制限速度が80km/hだろうが120km/hだろうがきっと同じように走るのだろう。
当然事故の確率は上がるし被害も大きくなる。
制限速度を上げる前に、必要なのはドライバーへの教育なのではないだろうか。


一方で制限速度自体が信用ならないという側面もある。
制限速度以上で走っても何も問題ないし(逆に危なくて、とても制限速度なんて出せない道もある)、むしろほとんどの人がそうしている。
逆に制限速度でテレテレ走っていると、交通の流れを乱して危ない位だ。
制限速度は本当にそれ以上だと危ない速度とし(もちろん多少のマージンは取る)、その上でその道の推奨速度を設けても良いかもしれない。


以上2点を問題点とし、できることなら高速道路だけでなく、一般道の制限速度も見なおして欲しいと考えている。

ミライースのシートをレカロに変えたった

昨年末のことだが、ミライースたんのシートをレカロに変えた。
純正のシートで長く乗っていると、腰が痛くなるからだが、さすがに我慢できなくなってきた。
レカロに思い入れがあるわけではなく、可能であればフォルクスワーゲン辺りのシートを引っぺがして来てポン付けできれば一番良いのだけども、それはできないので。


交換自体は2時間ちょっとで終わった。
と書くと簡単そうだが、分かりにくい説明書で、んだよこれ、どこに付けるんだよと悪態を付きながらやった。
ここを外してこう付けるんだよ、なんて写真を撮りたかったのだけども、日が暮れてくるわ疲れるわで、それはもう早々にやめた。


シートは中古で、シートレール(ベースフレーム)と合わせて、金額は約45000円で済んだ。
車検が絡んでくるのでベースフレームは新品を買ったが、シート本体とほぼ同じ値段なのはちと納得いかない(シートは中古だけども)。



中古のシートは、リクライニングさせるダイヤルの片方が無く、もう一つの方はなにやらネバネバする。
ラッカーの薄め液で拭いてみたが、もうダイヤル自体が柔らなくなっており、表面のネバネバは落とせても、その下から更にネバネバした所が出てくるのでキリがない。
なので、それは放置することとした(別にシートとしての機能に不具合があるわけではないので)。

IMG_5572

結果こうなった。
正直もっとイタイ感じになるかと思ったけども、色味の関係かあまり違和感がない。
取り付け後に試乗してみる。
レカロは腰の下部、骨盤あたりをキッチリサポートしてくれるが、肩付近がちょっと前に出ているので、ちょっと猫背気味になり変に疲れる。
ミライースはハンドルが固定なので(チルトもテレスコピックも無い)、人間側が調整してやる必要がある。
そのせいもあるのだろうが、どうにも落ち着かない。
どうしたもんかと試行錯誤してるうちに3ヶ月経ってしまったわけだが、結果としてエアランバーサポートを腰の後ろ辺りに差し込み、わずかに膨らませた。
これにより湾曲を平にし、猫背を解消したわけだ。もちろん完璧ではないものの、最初よりはだいぶマシになった。


とりあえずはまあ、これで長距離運転もこなせそうである。
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ