いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

書籍・雑誌

福野礼一郎さん著「人とものの讃歌」はまさしく人とものに送る讃歌である

自動車評論家、福野礼一郎さん著による「人とものの讃歌」が実に面白かった。
GENROQ誌に連載されていたものをまとめたものとのことだが、タイトルに相違無く、人とものづくりとその情熱に焦点を当てたもので、自動車はもとより、機械工学やミリタリーに造詣の深い氏の真骨頂である。
自動車やカメラや自衛隊の広報館、バイオリンやギター、果ては税関や物流棟まで、扱うものは多岐にわたるが根底に流れる情熱は一緒である。


今世界中に高価なものから廉価なものまでものに溢れている。
100円ショップに行けば、確かに安かろう悪かろうではあるものの、本当に100円でいいのかと思うようなものがたくさん店頭に並ぶ。
でも、安く売ってはいてもお安く作られているものは何一つない。
どんな品物だって、どこかの誰かが頭をこれでもかというほど捻って安く売れるように作っている。


先日写真展の折、来場者をカウントするカウンターがぶっ壊れた。
100円ショップで買ったもので、分解してちょちょっといじくればすぐに直るだろうと思ったが、ついぞ原因は突き止められず、元にも戻せなかった。
そう、私の頭は100円ショップにすら追いつけていないである。
頭をぶん殴られたような気がした。そんな私が、ものに対してああでもないこうでもないと文句垂れるなんておこがましいと思った。


それでもやっぱり私はものが好きなのだと思う。
でも、私ができるのはものを使うところまでだろう。
作るのは、とてもじゃないができそうにない。
ものづくりに携わるすべての人に、感謝の気持ちを送りたいと思う。


大型本に細かい字がいっぱい書いてあるので読むのに時間がかかるけども、オススメです!

福野礼一郎人とものの讃歌 [ 福野礼一郎 ]

福野礼一郎人とものの讃歌 [ 福野礼一郎 ]
価格:2,160円(税込、送料込)



惜しむらくは、コスモアイル羽咋へ行った時、「なんでこんなものがこんなところにあるんだ」とNASAの職員が叫んだと言われるルナ24号の月着陸船なんかをぱーっと見てしまったことだ。
その時の私のメインはもっと胡散臭い方(UFOとか宇宙人とか)だったものでwww

ラジオシアター~文学の扉がなかなかおもしろい

IMG_5396


TBSラジオで日曜21:00から放送中の「ラジオシアター~文学の扉」がなかなかよろしい。
女優、中嶋朋子さんがパーソナリティを努め、毎週ゲストを呼んで、小説や童話などをラジオドラマ化して放送するというものだ。
 http://www.tbsradio.jp/tobira/

最近は実用書とか参考書とか、急がば直行みたいな本ばかりで、いわゆる文学と呼ばれるものはとんと読んでいない。
だから、こういうのあるのかと新鮮に楽しむことができる。
最近では、田丸雅智さんの「海酒(うみしゅ)」が良かった。
映画化もされるようだ。
http://www.oricon.co.jp/news/2057515/full/
 

いわわゆる名作と呼ばれているもので、知っているつもりでも全然話を勘違いしているものもあり面白い。
最近では、フランケンシュタインって博士の名前で、人造人間のものじゃなかったんだなとか(いろんなところで知っているつもりではあったけども、勘違いしていたようだ)。


また、昔読んだものを、あーこんなんだったなあなんて思い出して懐かしくなったりもできる。
宝島とか、ああ、こういう話だったなあなんて思い出す。
よくある話だけども、子供の時に読んだ時と感じることが全然違ったりする。
懐古や学び、娯楽、文学は人間の試行錯誤の結果だから面白いのだろう(読んでねーけどwww)

息の長い富士通のCM。村松健さんの曲が流れてくるとついつい見てしまう!!

いつもCMを飛ばすのだが、たまに見ると内容が変わって続いているのが富士通のCMだ。
息が長いところを見ると好評なのだろう。
私は音楽を担当されている村松健さんのファンだけに嬉しい限りである。




ちなみにCMの音楽「思いは海を越えて」が収録されているCDはこちら。


最近村松さんの新譜を買った。
春心花占(ハルラハヌラ)という。
村松さんの造語だそうだ。
ペダルを踏む音が聞こえるくらいのライブ感だが、正直そろそろアルバムが欲しい。
その時は「思いは海を越えて」のストリングス入りのバージョンを所望いたします。
「Japanese Piano」はピアノソロのバージョンが収録されています。



ところで、春心花占(ハルラハヌラ)を購入後、希望するならば村松さんライブスケジュールが記載されたカレンダーをくれるというので頂きたい旨返信をした。
村松さん本人手配になるので年明けになるかもと、嬉しいくすぐり文句を付けられたら頂かぬ手はあるまいに。
で、届いたカレンダーがこちら。

IMG_15455

おもいっきり南海ガスさんのカレンダーだったwwww
確かにライブスケジュールが書かれている。
アサヒガニ解禁とかと一緒にwwwww
そのローカル感が良かった。

IMG_15454


余談だが、12月27日のラジオ深夜便は奄美発であった。
それも奄美FMのスタジオを借りてとのことであった。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/pro/2a5.html



なんという偶然だろうか。
来年はきっと奄美が来ますぜ!!
7月のうとぅぬしゃぎむん、行けそうな気がしてきた。



うとぅぬしゃぎむんは聖地で行う野外コンサートになります。
http://www.ops.dti.ne.jp/~ken-scs/f_shima.html


奄美の海が俺を待っている!!かも・・・。

IMG_15456

もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

蟲師の新作が超楽しみなんですが!!

年明け早々、8年ぶりとなる蟲師の新作が放送される。
いやあ、待ってました!!
http://www.mushishi-anime.com/


蟲師はテレビ放送とは思えないほどのクオリティが話題となった。
背景、音、動き、それら全てから蟲師という世界観を作りあげたいという愛情がひしひしと伝わってきた。
だからこそ凄まじいまでクオリティとなったのだろうと思う。


そんなわけで、今のところ自分の中のマイ・フェイバリット・アニメ、堂々の一位である。
蟲師自体は決して派手でな作品ではなく、どちらかといえば静かだと言えるだろう。
アニメーション(音や背景などの全ての要素を含む)も派手なアクションはない。
どちらかといえば当たり前のことを当たり前にやったといえなくもないのだけれど、普通は端折るところをそうしなかったものだから、現場は相当大変だったそうだ。
背景なんてまるで実写ですよwwwww
今回もきっと大変だったのだろうけども、よくぞやってくれました!!


蟲師、見なきゃ間違いなく人生損をしますwwww


蟲師自体は原作の連載は終了しているものの、最近になって愛蔵版が出ているようだ。
本屋で見かけて、いつの間にか再開してたのか?と思ってしまった。


8年前に放送していたアニメのBD版。
見なきゃ損しますwwwww
 

>↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

「奇跡のリンゴ」の本は人前で読むものじゃないね

奇跡のリンゴをご存じだろうか。
不可能と言われた、無農薬、無肥料によって育てられたリンゴである。
それを題材ににした映画も公開され、感動したという声がたくさんツイートされている。
私は、映画は見ていないが本は読んだ。
11年目にしてようやく実ったリンゴ。
それは本当に奇跡と呼べるものである。
木村さんの努力が実ったものだと思うが、当の本人は何もしていないと笑うのだそうな。
本を読んだらたぶん泣くので、人前(特に電車の中)ではやめておいた方が良いですwww

【送料無料】奇跡のリンゴ [ 石川拓治 ]

【送料無料】奇跡のリンゴ [ 石川拓治 ]
価格:560円(税込、送料込)




私が無農薬、無肥料によるリンゴのことを知ったのは「SEED」というマンガが最初だ。
確か木村さんの名前は出てこなかったと記憶しているが、エピソードは同じなので参考にしているのだろう。
マンガ自体は絶版だが、オンデマンド出版をやっているようだ。
http://www.eolways.jp/book/seed/index.html



そして、木村さんのことを知ったのは何年か前のムーだったと記憶している。
リンゴの無農薬栽培というよりは、宇宙人に会ったという話の方が主であったが(笑)
科学にせよオカルトにせよ、一番情報が早いのはムーではないだろうか。
なぜなら真偽は関係ないから(笑)


ちなみに、本読みましたとツイートしたら、ムーのアカウントから直々に今度出ますよと教えてもらった本はこちら。
https://twitter.com/mu_gakken/status/339272388489404416
もちろん内容はそっち系??

【送料無料】木村さんのリンゴ [ 小原田泰久 ]

【送料無料】木村さんのリンゴ [ 小原田泰久 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


●なぜリンゴの無農薬、無肥料栽培は難しいか


リンゴは収穫までに大量の農薬を十数回にわたって散布する必要があるという。
それは今のリンゴが、農薬散布を前提として品種改良されているからだ。
原種に近いものであれば簡単なのかもしれないが、今の品種はそうではない。
また、リンゴは一年に一回しか実らない。
その年に収穫できなければ、来年まで待たねばならず、その間は当然無収入である。
リンゴの無農薬栽培がタブー視されているのはそういう事情がある。
それを木村さんはやってのけた。



きっかけは農薬に過敏な奥さんの為であったという。
そして、できるのではないかと背中を押したのは、不耕起栽培(畑を耕さない農法)で知られる福岡正信さんの本であった。
ちなみに「SEED」も福岡さんの生き方に共感し書いたという。
私も昔に真似事をしてみたことがあるが、さすがに背の高い草がボウボウに生えているところでは無理だったが、背の低い草や、更地になっているところでは間単にできた。



木村さんの逸話は、一つのことに向かう執念を称えるものであるが、それを同じくらい、現代の農業に対する疑問を投げかける。
私たちがやってきたことっていったい何だったのかと。



人間は自然の一部なんて知ったようなことを言いつつも、糧となっている能作物は農薬と化学肥料によって自然から隔絶されることで成り立っている。
その最たるものが遺伝子組み替え食物だろう。
そうやって育てられた野菜の栄養価は昔の半分にも満たないのだという。
それは当然だ。
土にその栄養が無いのだから。
化学肥料はあくまで野菜を大きく、色形よく育てるものであり、決して野菜の栄養価を高めるためのものではないのだ。
特にミネラル分が不足する。



以前NHKのラジオで野菜工場について特集していた折り、質問を出したら読まれたことがある。
質問はたしか、現代の野菜は栄養価が低いと聞くが、そんなものを大量生産して意味あるのか?というものだったと思う。
回答は、不確実で少量しか収穫できない昔の方法よりも、安価で大量、確実に収穫できる野菜工場の方が良いのではないか、というものだった。



確か野菜工場は確実、大量に採れるかもしれない。
でもそれはたぶん短期間ではないだろうか。
野菜工場なので土は使わないが、養分を含んだ排水はちゃんと処理しているのか、未知の病気で一気に死滅なんてことになりはしないか、等々疑問が残る。
というか、野菜の形をしたサプリメントと何が違うのか。



地球上、これだけの人工を支えているのは間違いなく農薬と化学肥料による現代農業によってではあるが、そろそろ破綻が見えてきているとも聞く。



ネイティブ・アメリカンの教えには、何か物事をする場合は7代先のことまで考えよとある。
目先の金儲けに一喜一憂するのではなく、今必要なのはそういうことではないのだろうか。



こういう映画や本が脚光を浴びれば浴びるほど、無農薬は善であり、慣行農業は悪という風潮が強まり、反発があるという。
今まで通り農業をやっている人からすれば、自分たちのやってきたことを全否定されるようなものなのだから当然だろう。
私は農業をやっているわけではないので、どちらが良いとか悪いとかは言えない。
でも、少なくとも、虫も食わないような真っ青なキャベツ畑を前にして、TPP恐るるに足らずなんて言っているような人間には死んでもなりたくないわけでございます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=201727843284825&set=a.149840275140249.3701.119769421480668&type=1


↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」 
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ