いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

書籍・雑誌

アウトプットは忘れることと見つけたり

先日、アウトプットしないとインプットもうまくいかなくなる、てなことを書いた。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/51542540.html

そして、積ん読になっている「思考の整理学」にもそんなようなことが書かれているのだろうな、なんて当たりを付けていた。


「思考の整理学」は、お茶の水女子大学名誉教授である外山滋比古教授の書かれた、自ら思考することの指南書といっていい。
初版は1986年となっており、今から30年も前に書かれた本が今でも通用するのだから、人間の考えること(考え方)なんて基本的には何も変わらないのだろう。
自ら考えるとはどういうことなのか、ふと浮かんだ考えを熟成させ、形を得るまでにもっていく方法などが書かれている。
では、私が期待していた、アウトプットについては何と書いてあっただろうか。


●アウトプットは忘れること

本文で一番重きを置いているのが、タイトルにもなっている、思考=頭の中をいかに整理するかである。
整理を付けるときにはいらないものを捨てるのが一番だが、なんでもかんでも捨てればいいというものではない。
要るものまで捨ててしまっては後で困ることになるからだ。
いらないものを捨て、頭の中の整理を付けることでまた新たな思考ができるようになってくる。


そして、書くことはこのグチャグチャに絡まった思考に整理を付けることと説く。
3次元的に絡まったものから一本を取り出して行く行為が書くことであり、その段階で自分の考えに整理がついていく。
その過程は、繭から糸を紡いでいく工程にとても似ている。
そして、一つのまとまったものに仕上げる工程はまるで絹織物を織っていく行為が如しである。
そうやって物にしたらさっさと忘れてしまえとしている。


私の場合はそれがブログに書く行為なのであり、そうやって初めて安心して忘れることができるのだろう。
もちろん完全に忘れるわけではない。
ふっと、以前の考えが頭をもたげることがある。
それは大概が以前の考えとはちがっており、こうやって書いておけばよかったと後悔するのだけども、それはそれでやっぱりこうだと思う、と改めて書けばいいのだと思う。


私は普段、ふと浮かんだ考えはスマホにメモを残すようにしている。
ふと浮かんだものは、他の作業をしているとすぐに忘れてしまう。
この後で、が危険だと文中でも書いている。
それは、実体験からも経験済みであるからこその対処である。


そこから物になるまでの熟成、発酵のさせ方も書いてあるのだが、そうやって考えると、私の場合、ブログに書いてから初めて発酵段階に入れるのではないか。
メモにしただけではきっとダメなのである。
文章にする段階である程度考えをまとめ、発酵に入る前段階なのだろう。
だから、このブログの段階では未完成といってもいい。
前とは違ってたから改めて、がきっと完成形なのだろう。
そんなのに付き合わせちゃってすみませんwww
もちろん方法は人によって違うので、自分に合った方法を見つけてもらえればいいと思う。


それにしても、外山滋比古教授はなかなか大胆でおもしろい。
曰く、人の頭が一番働くのは睡眠から起きた直後とのこと。
起きてから朝食を食べる前までが一番頭が冴え、思考するのに都合がいいとする。
朝食を食べてしまうと消化にエネルギーが取られてしまうので、思考の冴えも鈍ってしまう。
なればどうすればいいか、朝食を抜けばいい、と。
もちろんお腹は空くので、遅い朝食兼昼食を食べ、寝る。
するとあら不思議、朝食前の頭の冴えが一日に二度やってくるという寸法だ。


私はさすがにこのタイムスケジュールは取れないので、起きてからすぐにブログを書く等ちょっと頭を使うようなことをし、ちょっと疲れてきたら、メールチェックなどの流れでできるものを行うようにした。
一番頭が冴えている時をメールチェックなんかに取られてはもったいないからだ。


それからもう一つ、タッチタイプ(ブラインドタッチが差別用語に当たるということで、最近ではこの名称を使う)はできるようになっておいた方がいい。
自分の考えに整理を付けながら書いていく段階で、いちいちタイプに気を取られていてはせっかくの思考も途切れてしまう。
将来パソコを使う機会はまだあるだろうし、覚えておいて損はない。
もちろんスマホのフリッカー入力でも同じようにできればいいと思う。
要はタイプに思考が取られないようにすればいいだけの話だ。
私は古い人間なので、タッチタイプなんてなってしまうのである。


考える為に考える行為はとても贅沢である。
恐らくそれができるのは人間だけだろう。
ならばそれを楽しもうじゃあありませんか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

思考の整理学 (ちくま文庫) [ 外山滋比古 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)




福野礼一郎さん著「人とものの讃歌」はまさしく人とものに送る讃歌である

自動車評論家、福野礼一郎さん著による「人とものの讃歌」が実に面白かった。
GENROQ誌に連載されていたものをまとめたものとのことだが、タイトルに相違無く、人とものづくりとその情熱に焦点を当てたもので、自動車はもとより、機械工学やミリタリーに造詣の深い氏の真骨頂である。
自動車やカメラや自衛隊の広報館、バイオリンやギター、果ては税関や物流棟まで、扱うものは多岐にわたるが根底に流れる情熱は一緒である。


今世界中に高価なものから廉価なものまでものに溢れている。
100円ショップに行けば、確かに安かろう悪かろうではあるものの、本当に100円でいいのかと思うようなものがたくさん店頭に並ぶ。
でも、安く売ってはいてもお安く作られているものは何一つない。
どんな品物だって、どこかの誰かが頭をこれでもかというほど捻って安く売れるように作っている。


先日写真展の折、来場者をカウントするカウンターがぶっ壊れた。
100円ショップで買ったもので、分解してちょちょっといじくればすぐに直るだろうと思ったが、ついぞ原因は突き止められず、元にも戻せなかった。
そう、私の頭は100円ショップにすら追いつけていないである。
頭をぶん殴られたような気がした。そんな私が、ものに対してああでもないこうでもないと文句垂れるなんておこがましいと思った。


それでもやっぱり私はものが好きなのだと思う。
でも、私ができるのはものを使うところまでだろう。
作るのは、とてもじゃないができそうにない。
ものづくりに携わるすべての人に、感謝の気持ちを送りたいと思う。


大型本に細かい字がいっぱい書いてあるので読むのに時間がかかるけども、オススメです!

福野礼一郎人とものの讃歌 [ 福野礼一郎 ]

福野礼一郎人とものの讃歌 [ 福野礼一郎 ]
価格:2,160円(税込、送料込)



惜しむらくは、コスモアイル羽咋へ行った時、「なんでこんなものがこんなところにあるんだ」とNASAの職員が叫んだと言われるルナ24号の月着陸船なんかをぱーっと見てしまったことだ。
その時の私のメインはもっと胡散臭い方(UFOとか宇宙人とか)だったものでwww

ラジオシアター~文学の扉がなかなかおもしろい

IMG_5396


TBSラジオで日曜21:00から放送中の「ラジオシアター~文学の扉」がなかなかよろしい。
女優、中嶋朋子さんがパーソナリティを努め、毎週ゲストを呼んで、小説や童話などをラジオドラマ化して放送するというものだ。
 http://www.tbsradio.jp/tobira/

最近は実用書とか参考書とか、急がば直行みたいな本ばかりで、いわゆる文学と呼ばれるものはとんと読んでいない。
だから、こういうのあるのかと新鮮に楽しむことができる。
最近では、田丸雅智さんの「海酒(うみしゅ)」が良かった。
映画化もされるようだ。
http://www.oricon.co.jp/news/2057515/full/
 

いわわゆる名作と呼ばれているもので、知っているつもりでも全然話を勘違いしているものもあり面白い。
最近では、フランケンシュタインって博士の名前で、人造人間のものじゃなかったんだなとか(いろんなところで知っているつもりではあったけども、勘違いしていたようだ)。


また、昔読んだものを、あーこんなんだったなあなんて思い出して懐かしくなったりもできる。
宝島とか、ああ、こういう話だったなあなんて思い出す。
よくある話だけども、子供の時に読んだ時と感じることが全然違ったりする。
懐古や学び、娯楽、文学は人間の試行錯誤の結果だから面白いのだろう(読んでねーけどwww)

息の長い富士通のCM。村松健さんの曲が流れてくるとついつい見てしまう!!

いつもCMを飛ばすのだが、たまに見ると内容が変わって続いているのが富士通のCMだ。
息が長いところを見ると好評なのだろう。
私は音楽を担当されている村松健さんのファンだけに嬉しい限りである。




ちなみにCMの音楽「思いは海を越えて」が収録されているCDはこちら。


最近村松さんの新譜を買った。
春心花占(ハルラハヌラ)という。
村松さんの造語だそうだ。
ペダルを踏む音が聞こえるくらいのライブ感だが、正直そろそろアルバムが欲しい。
その時は「思いは海を越えて」のストリングス入りのバージョンを所望いたします。
「Japanese Piano」はピアノソロのバージョンが収録されています。



ところで、春心花占(ハルラハヌラ)を購入後、希望するならば村松さんライブスケジュールが記載されたカレンダーをくれるというので頂きたい旨返信をした。
村松さん本人手配になるので年明けになるかもと、嬉しいくすぐり文句を付けられたら頂かぬ手はあるまいに。
で、届いたカレンダーがこちら。

IMG_15455

おもいっきり南海ガスさんのカレンダーだったwwww
確かにライブスケジュールが書かれている。
アサヒガニ解禁とかと一緒にwwwww
そのローカル感が良かった。

IMG_15454


余談だが、12月27日のラジオ深夜便は奄美発であった。
それも奄美FMのスタジオを借りてとのことであった。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/pro/2a5.html



なんという偶然だろうか。
来年はきっと奄美が来ますぜ!!
7月のうとぅぬしゃぎむん、行けそうな気がしてきた。



うとぅぬしゃぎむんは聖地で行う野外コンサートになります。
http://www.ops.dti.ne.jp/~ken-scs/f_shima.html


奄美の海が俺を待っている!!かも・・・。

IMG_15456

もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

蟲師の新作が超楽しみなんですが!!

年明け早々、8年ぶりとなる蟲師の新作が放送される。
いやあ、待ってました!!
http://www.mushishi-anime.com/


蟲師はテレビ放送とは思えないほどのクオリティが話題となった。
背景、音、動き、それら全てから蟲師という世界観を作りあげたいという愛情がひしひしと伝わってきた。
だからこそ凄まじいまでクオリティとなったのだろうと思う。


そんなわけで、今のところ自分の中のマイ・フェイバリット・アニメ、堂々の一位である。
蟲師自体は決して派手でな作品ではなく、どちらかといえば静かだと言えるだろう。
アニメーション(音や背景などの全ての要素を含む)も派手なアクションはない。
どちらかといえば当たり前のことを当たり前にやったといえなくもないのだけれど、普通は端折るところをそうしなかったものだから、現場は相当大変だったそうだ。
背景なんてまるで実写ですよwwwww
今回もきっと大変だったのだろうけども、よくぞやってくれました!!


蟲師、見なきゃ間違いなく人生損をしますwwww


蟲師自体は原作の連載は終了しているものの、最近になって愛蔵版が出ているようだ。
本屋で見かけて、いつの間にか再開してたのか?と思ってしまった。


8年前に放送していたアニメのBD版。
見なきゃ損しますwwwww
 

>↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ