いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

旅行/アウトドア

{悲報}銚子電鉄が利用者の低迷で初乗り30円の値上げへ

今日(10月1日)から、銚子電鉄は初乗り30円の値上げを行う。
ぬれ煎餅で一時盛り返したものの、東日本大震災以降利用者が減り、赤字基調となっていたという。
http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/news/30


私がこんなことを書くと、いかにも銚子電鉄に精通し、応援しているように見えるかもしれないが、恥ずかしながら一回も乗ったことがない。
銚子に行ったことも、多分2ケタ回数には満たないだろう。
ぬれ煎餅も、モチモチとした食感は好きだけども、味は私には少し塩っぱすぎてちょっと苦手である。
それでも宣伝はしておきますwwww



ただでさえクルマが移動の主体となっている現在で、それに輪をかけての少子高齢化だ。
黙って見ていれば、利用者は減ることはありこそすれ、増えることはまずないだろう。
まさに座して死を待つ状態である。


利用者を増やすためには、二番煎じながらもたま駅長のようなマスコットを置くとか、ドラマやアニメの聖地化という手もある。
それでもまあ、一時しのぎの感は拭えない。


そこで私は考えた。
撮り鉄の人たちにお金を落としてもらおう、と。
基本的に撮り鉄の人たちは、電車を撮ることには興味があるが、乗る方向には無い。
だからこそ、撮り鉄とか乗り鉄なんてジャンルが成立しているわけだ。


ではどうするか、まずは、撮影スポットに募金箱やぬれ煎餅の無人販売所を設置。
「銚子電鉄が存続の危機です。写真撮れなくなっちゃいます」と煽るwww


駅でない撮影スポットでの降車を可能とする特別便を増設して撮影会を開催(素人のブレインストーミングだと思って下さい)。
電車に乗ることに興味はなくても、撮影の為の乗車はすると思う。
もちろんたま駅長も撮り鉄魂をくすぐるように配置。


こんな案どうだろうか。
ダメかねえ。

お遍路さんってこんな感じなのだろうか・・・

やっとこさブログをやるだけの余裕ができてきた。


●伸るか反るか、言のは簡単だけれど

辞めようとは思っていたのだけれど、自分も立ち上げに関わった事業なので言葉で言うほど簡単ではなく、なかなか結論が出せずにいた。
このまま悶々としていても何も解決しないと思った。
だから歩いた。
ただひたすらに。


歩いて、歩いて結論を出そうと思った。
歩こうが歩くまいが、自分の中をグルグル回ることには変わりない。
でも、歩くとその密度が全然違う。


結局、特に目的地もなく、ゆっくりと約2日かけてたどり着いたのは、埼玉県は大宮駅の程近くにある氷川神社だった。
氷川神社に着いた時、ああ、自分の旅はここで終わりだなと納得した。


グーグルマップで検索したところ、新小岩から氷川神社までは真っ直ぐ行って33km、所要時間は6時間47分と出た。
ただ、自分は荒川沿いを歩いて行ったので、これよりはもう少し距離は多くなるのだろう。


お遍路さんってこんな感じなのだろうか

たぶん誰にでも、自分の判断に自信が持てない時があると思う。
それが正しかろうが間違いだろうが、結果が分かるのは後になってからである。
それでも、自分の判断を腹に据える為にお遍路さんや、サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼などをするのかもしれない。
もちろん苦行を課すことで信仰心を試すという意味もあるのだろうけれど、それ以上の意味があるのではないだろうか。


出口の見えない、行き止まりのような現代だからこそ、意味があるのではないだろうか。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

新東名高速道路、設計は120km/hなのに制限は100km/h??

4月14日、御殿場JCTから三ヶ日JCTを結ぶ新東名高速道路が開通する。
従来の東名高速道路の渋滞緩和を狙ったものだ。


●設計速度は120km/h

新東名高速道路は旧東名高速道路と比べてカーブが少なく平坦にできている。
詳しく書くと、旧東名のカーブの最小半径が300mなのに対して新東名は3000m。
旧東名の最大勾配が5%なのに対して、新東名は2%となっている。


それもそのはず、新東名の設計速度は120km/hとなっている(当初は140km/hで設計運用が検討されていたという)。
それでも依然として制限速度は100km/hである。
そこに違和感を感じざるを得ない。



●規制速度を100km/h以上にすると事故が増加する?

設計が120km/hであるにも関わらず、制限を100km/hとする根拠は、規制を100km/h以上とすると事故が増加するというものだ。
本当にそうだろうか。


道路上で一番危ないのは、絶対的な速度よりも相対速度、つまり速度差である。
皆が一様に一定の速度で流れていれば、それほど危険はない。
しかし、一段遅い車がいると流れが乱れて危険度が増す。


その流れを一番乱しているものが実は料金所であるという。
実際料金所近辺での事故が多い。


料金所を除いて速度差を生みやすいとのトラックである。
今トラックは最大速度が90km/hに規制されている。
乗用車が120km/hで走る中でトラックは90km/hで走るのはかなり危険であるように感じる。


そういう状況であるから、100km/h規制は仕方がないだろう。
完全に車線を分ける等の対策が無い訳では無いけれど、それは無理だろう。


●居眠り運転を危惧する

速度無制限で知られるドイツのアウトバーン(実際無制限で走れる区間はかなり限られているそうだ)。
さぞや良い道なのだろうと思いきや、けっこうカーブが多い。
制限速度の看板は日本のもののように生易しいものではなく、それを守らないと本当に飛び出してしまうとか・・・。


実はアウトバーンは、居眠り防止の為にわざとカーブを設けている。
もちろん危なくないよよう、徐々に曲率がきつくなり、出口では逆に緩くなっていくクロソイド曲線を用いて設計されている。


そこで新東名に戻ると、曲率が緩くてアップダウンが少ないと聞くと良い道だと思う。
しかし、たぶん走る方にとっては退屈ではないだろうか。
特に風景の見えない夜走りなんかは。
そして100km/hという制限速度。


退屈すれば眠くなる。
ハンドル操作が少なくなれば尚更だ。


居眠り事故が起きないことを祈るばかりである。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ