いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

ニュース/時事

バニラ・エアの奄美空港での車椅子搭乗不可で自力で階段を登らせた事件を考える

半身不随で車椅子の男性が奄美空港から関西国際空港行きのバニラ・エアを利用した際、搭乗タラップを腕の力で自力で登らされる自体が起きた。
事のあらましはコチラ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6X2C04K6XUBQU007.html


ツイッターを見てみると、件の男性はクレーマーで以前から度々この手の事件を起こしており、事前に連絡をしないのが悪い、とか、設備を用意していなかったバニラ・エア側に落ち度がある等、意見が二分している。
バニラ・エアの規定では、車椅子で搭乗する場合は5日前までに事前連絡することになっていたが、奄美空港への車椅子用階段昇降機は7月導入予定となっており、事前通知があったら搭乗は断っていたという。
車椅子用階段昇降機は事件後前倒しで導入されたという。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/28/vanilla-air_n_17315034.html


事件が起きたのは帰りであり、行きは介添人と助けで搭乗できた。
だから、男性がこの時点で取り得た行動は、無理やり乗るか、車椅子でも搭乗できる航空会社の便に変更するかしかなかったことになる。


飛行機は電車やバスよりも厳しい安全規制が適応されている。
90秒ルールなんて、この件で調べてみて初めて知った。
http://www.weblio.jp/content/90%E7%A7%92%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB



もちろん火災だけでなく、何かあったら落ちる飛行機では、電車やバスよりも厳しい規定が適応されるの当然である。
なぜ車椅子の方は事前連絡が必要かはコチラのブログがわかりやすい。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918


確かに今回バニラ・エアにも落ち度はあったし、男性の行動も強引だった。
でも私はあえていいたい、そんなの関係ない、と。
なんで弱者(身障者)が強者(健常者)に気を使わなければいけないのか。
普通逆であろう。
上に飛行機は特別だと書いたが、車椅子でバスに乗れるようになるまでにも激しいやりとりがあったという。
https://matome.naver.jp/odai/2146175068754745101


こんなふうに自分の強く自分の主張をする人がいることで他の身障者の肩身が狭くなるというツイートもあったが、過去を見るとそういう人がいなかったら未だに車椅子でバスに乗ることもできなかったのかもしれない。
無理やり飛行機に搭乗することで他の人の安全を脅かす危険もあったわけで、男性の行動を100%肯定する気はないけども、事前連絡がなければ搭乗できないというのはやはりおかしいと思う。


それに、身障者が行動しやすい社会というのは健常者にとっても同様である。
その上こういうことは明日は我が身であり、人間事故や病気で(事故や病気じゃなくても、老化によって行動は困難になってくる)突然身障者になる可能性もある。
そうなった時に、身障者に鞭打ったことを後悔しても遅いのである。
すぐには無理でも、徐々にそういう方向に向かってほしいと思う。
パラリンピックのホスト国として、バリアフリーすら満足にできないのは悲しいことではないだろうか。

なぜ未だに放射能は穢のごとき扱いを受けるのか

IMG_7868
(写真は六ケ所村の再処理工場のものです)


中学生の作文コンクールのツイートが流れていた。
福島から来たということで、偏見を受けたということと、一方では共感されたという話である。
許可は取っていないけども、引用させていただきます。
https://twitter.com/TukikoH/status/805646518778662912/photo/1


未だにそういう偏見があるのだなと思ったのが正直なところだ。
でも、放射能の知識が更新されていなければ、何年経っても一緒なのかもしれない。
作文には共感し手を差し伸べたい等あるが、その大前提となるのが正しい知識である。


例えば、エボラ出血熱の患者に共感をしたとして、防護服無しで看護に当たるのはただの自殺行為である。
逆に、放射能は感染らないという知識がなければ、援助物資お断りみたいな話になるし、仮に共感したとしてもわだかまりは残るだろう。


先日起きた、福島県から避難した子供へのいじめや、担任教師が菌呼ばわりしたことの原因はメディアのデマを広げたせいだとされているが、私はちょっと違うと思う。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161125/Bizjournal_mixi201611_post-8503.html


私たちに放射能の知識があれば、仮メディアがデマを広げても信じることはあるまい。
結局のところ、日本各地にこれだけ原発がバカスカ建っていながら、まともな放射能の教育をしなかったことに要因があると思う。
なぜか、原発の安全神話が崩れるからである。


原発の安全神話は、一言で言って嘘っぱちである。
が、日本国民はそれを信じた。
原発はそもそもの出発点からして嘘である。
その嘘が露呈すれば、建設から40年で廃炉にしてまた建てるという、延々と続く甘い汁が吸えなくなってしまうからである。
で、原発に対する風当たりが強くなって来れば、40年での廃炉は科学的根拠がないからもっと使えとした。


今のような現状は、都合の悪いことを隠してきたツケである。
何十年と続けてきたことを数年で更新することは容易なことではない。
差別や偏見、いじめの理由は様々であるが、こと放射能に関するものについてはもう少し続くのではないだろうか。
本当にアホみたいなことだけども、人間一度信じたことを疑うことは非常に難しい。
もちろん自分も人のことはいえないけども。

天皇陛下は日の丸を背負ってお気持ちを表された?

8日、天皇陛下は生前退位のお気持ちをにじませるお気持ちを表された。
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

その内容についてはともかく、天皇陛下の後ろにある大皿と石、ひいては録音に使われているマイクやカメラ、フォントまで特定されていたのはおもしろかった。
http://togetter.com/li/1009802

上記のまとめによると、大皿は「益子焼の人間国宝、故・島岡達三氏の作品」で、石については水石と呼ばれるもので、その形を自然景観や造形物に例えて鑑賞する。
形によっていくつか分類されるが、その中でも土坡(どは)と呼ばれるものと思われる。
ちなみに、どちらも非常な高価なものとなっているwww


まとめの中にもあったが、石と皿は日の丸を想像させるとあるが、恐らく意図的に置いたものではないだろうか。
何のためか、やはりそれは日の丸を連想させる為であろう。
なぜか?天皇陛下は政治的発言はできないことになっており、日の丸そのままを掲げればやれ右翼だなんだと政治的主張を思わせる。
だからこそ、それは個々人の解釈に任せられるよう、皿と石をもって日の丸の象徴としたのではないだろうか。


なぜ皿と石で日の丸なのか。皿の形は丸であり、日の丸の丸の部分となる。
石の方は、私には船の形に見える。
水盤に水を張り、水面から円弧を描いて上部の平面につながっていく形は船の舳先を思わせる(いささかモータボートちっくではあるけども)。
船は方舟とも書くように、長方形を意味する。
長方形と丸、これはもう日の丸しかない。


天皇陛下は象徴である。
何の象徴か、日本という国そのものの象徴である。
日の丸もまた日本という国の象徴であるから、意味としては天皇陛下がおられればそこに国旗が掲揚されているのと同様とならないわけではない。
しかし、生前退位とは、国の象徴ではなくなるという意味であり、日の丸と同一ではなくなるという意味である。
次代にその役目をつなぐという意味では、国旗は必要だったのではないだろうか。
てなことを、中二病をこじらせると考えずにはいられないのでございますwww


今回の件で、天皇陛下は国民のことを非常に考えて下さっているのと同時に、政治的にはとても慎重な配慮をしているのだと思った。
天皇陛下のお勤めとしては国内外を飛び回るだけでなく、神事等の政も多いのだろうし、やはり心身ともの苦労が多いであろうことは想像に難くない。
天皇陛下のお言葉はとても穏やかなものではあったが、そこには危機感のようなものを私は感じた。
それを汲むのも国民の勤めなんでしょうかねえ。

川内原発の地震への備えは万全か?

大きな地震が連続で来るなんて、こんな事が起きるとは思ってもいなかった。
一発でもキツイのにそれが連続で来るなんて、これだけの被害でよく済んでいるなと思ったのが正直なところ。


被害に遭われた方、お亡くなりになられた方にはお見舞いとお悔やみを申し上げます。
私もわずかではありますが寄付をしましたので、何かに役に立ってもらえば幸いです。


現状素人の個人レベルではそれしかできない。
物資は個人で送ってもたかが知れているし、ボランティアで現地入りしたところで、未だ余震が続き、建物の倒壊の危険がある以上、素人ははっきりいって邪魔にしかならない。
家の片付け等、マンパワーが必要になるのはもう少し後のことだから、もし行こうと思っている方がおられたら、その力を温存しておいて欲しいと思う。
熊本のアンテナショップが人気とのことだが、今はそうやって応援する方が助けになるだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/11422572/

早く普段の生活を取り戻せることを祈るばかりである。


川内原発の地震への備えは万全か?

ツイッターを見ていると、近くでこれだけ地震が頻発しているのだから鹿児島の川内原発をさっさと止めろとか、いやいや送電網を見ても止めたら九州はブラックアウトだぞ、といつものことながら極端な意見が発せられている。
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zuq0MY5FJ0C0.k5i05wTLyCbI&hl=en_US

川内原発の緊急停止は水平方向で260ガル(場所により異なるので、詳細は以下のリンクをどうぞ)とされており、マグニチュード7.3を記録した本震時の数値は12.6ガルとされている。
http://vox.hatenablog.com/entry/2016/04/16/185000

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000054-asahi-soci

確かにこれを見れば現状は止める必要はないことが分かる。
が、震度7を記録した益城町では、1580ガル、92カインを記録した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160415-OYT1T50146.html

カインは聞き慣れない単位だと思うのでこちらを参照願います。
http://www.geocities.jp/p_taka0227/0005.htm

原発の耐震設計の数値としてガルは聞くもののカインについては聞いたことがない(川内原発の耐震設計は620ガル)。
プラントはガルよりもカインの方が重要だと聞いたことがあるが、実際のところはどうなのだろか。
以下の長周期地震動の値が200カイン云々というのがそれに相当するのか、私にはよく分からない。
http://oshidori-makoken.com/?p=2199

地震動レベルについては以下に。
http://www.katoubox.gr.jp/jisin_level.html


単純に見ても、川内原発の耐震設計が620ガルで、今回の益城町では1580ガルが記録されたと見れば、設計甘いんじゃね?ってなるのが普通ではないだろうか。
いやいや原発で記録されたわけじゃないから大丈夫というけども、地震学者だって予測は困難と匙を投げてしまったものである。
それで大丈夫と言い張ることが不思議でならない。
原子力規制委員会は地震学者ですら予測困難と言わしめる地震を完璧に予知できるのだろう。
というより、もはや対応できないのではないかと思う。


ツイッターには、電力会社の人たちは電力の復旧の為に頑張ってるんだから文句いうんじゃねーなんてものもあった。で
も、そうやってなあなあでやっていて、何かあった時に一番面倒くさい思いをするのは電力会社の人たちであり、地元の人達である。
また、地震により電車は脱線し、道路は寸断された。
これは事がおきたら避難できないことを物語っているのではないだろうか。


 さあどうするのでしょうか。
とは言え、川内原発を止めたところで、燃料を移送しない限りは危険には変わりないのだけれども。

北朝鮮が水爆実験。各国が非難って、どの口がするのか。

北朝鮮は6日午前、水爆の実験を行い成功したと発表しました。北朝鮮が地下核実験を実施したのは、およそ3年ぶり4回目ですが、水爆の実験を行ったと明らかにしたのは初めてで、中国や韓国などが相次いで強く非難しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160106/k10010363201000.html


ただ、アメリカやソ連の水爆実験の規模からすると振動が小さく、専門家は懐疑的とのこと。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160106-OYT1T50114.html


各国が非難したとのことだが、核兵器を保有する国がどの口でそれをするのか。
自分たちは怖くて手放せない核兵器を、俺達は持っていても良いがお前はダメだと言って非難する。
そんな理屈通るだろうか。
なんの説得力も無いと私は思う。


むしろ、「水爆の実験は、アメリカをはじめとする敵対勢力から国の自主権と生存権を守り、朝鮮半島の平和と安全を担保する自衛的措置だ」との北朝鮮の言い分の方がよほど現実的だ。
日本は核兵器こそ持たないものの、現実的にはアメリカの核の傘の下におり、連携強化の為に憲法解釈を変えてまで安保法案を通した。
その時の言い分が、「敵対勢力から国の自主権と生存権を守る」であるからして、方法こそ違えど、やってることは大して変わらない。


結局この話の行き着く先は、物理的限界が訪れるまでの際限のない武装強化である。
相手が歯向かう気力を失うくらいの武装強化をすれば、相手も同様に強化してくる。
それを止めたければ破産に追い込まれるか、誰かが武器を置くしかない。
そんな日が訪れれば良いなと思うが、自分たちの立場は棚上げしておいて相手ばかり非難しているようでは、それは遠いのだろう。


もしかしたら北朝鮮の核が(北朝鮮に限らないけども)IS等の自爆テロも辞さない連中の手に渡り、壊滅的な被害を受けて終わるのかもしれない。
そうなった場合、悪いのは口先ばかりで核兵器を手放せなかった先進国であると私は思う。


ただ、なぜ今なのか。
その分析は必要だと思う。
何か動きがある前兆なのかもしれない。
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ