いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

音楽(総合)

ラジオ深夜便で流れた、キース・ジャレットさんのCountryに惚れた

私の記憶が確かならば、ラジオ深夜便の2時台、ロマンチックコンサートのフュージョン特集か何かで、キース・ジャレットさんのCountryが流れた。
素晴らしい曲で、思わず手を止めて聞き入ってしまった。
Countryは直訳すれば国だが、どことなく哀愁漂う雰囲気は、祖国とか故郷と訳すのが正しいのではないだろうか。


そしてすぐにCDをポチッたwww
中古だけども、いい買い物をしたと思っている。


佐村河内守さんのゴーストライター事件で考えた、本物とはなにかということ。

現代のベートーヴェンとしてもてはやされた佐村河内守氏が、実は自分で作曲はしていなかったことが発覚した。
18年間に渡りゴーストライターを務めていた新垣隆は、その世界では知らぬ者のいないスゴイ人なのだとか。



個人的には、音楽を聞いて感動したのであれば、誰が作っていてもいいと思う。
それは作った人が違っていても、本物だからである。
自分に当てはめてみれば、私がよくCDを買っているパット・メセニーさんや村松健さんが、実は自分で曲を作っていませんでした、なんて話が出てきたら、そうなの?って思うだけで、金返せなんて思うわないだろう。
それがどうしようもないものであれば金返せと思うけども、聞いて良かったと思ったのは他ならぬ自分であるし、そう思わせる音楽というのは誰が作っていようと本物だからだ。



ではなぜ、佐村河内守氏は耳が聞こえないというエピソードが必要であったのか。
もちろんそれは売るためである。
この音楽は耳が聞こえない人が作ったものである、というバイアスをかけて感動の水準を下げることで、多く売ろうとしたわけだ。
ものを評価するときは、それそのもので行い、できるだけ余計なバイアスは排除して考えるべきだと思う。



●これは24時間テレビを同じ構図


こういうことを考えた時にパッと浮かんだのがパラリンピックと24時間テレビである。
24時間テレビはハンデキャップを持った人に登山などを行わせ、感動を誘って寄付を引き出す。
普通の人であればなんでもないことを、ハンデキャップを持っている人がやるというバイアスをかけて感動を引き出す手法は、今回の件とまったく同じといえる。
ちなみに、私富士山登山で死ぬ目に合いました。
富士山はなめてかかっちゃいけません。



そしてパラリンピックだが、あれは単純にスゴイことである。
ハンデキャップをもっているというバイアスがなくても、正直私よりもスゴイことをやっている。
もしかして同じ土俵の上でたたかえば(各種制約のついた競技)オリンピック選手とでも互角に渡り合えるのではないだろうか。



誰がなんといおうと、感動的なエピソードがあろうとなかろうと、自分がどう思うかが大事なのだと思う。
マスコミに踊らされたってなんの得もありゃしません。



少し乱暴な言い方かもしれないが、偽物に騙される人はそもそも本物を持つ資格なんてないのではないだろうか。
どうせ本物を持っても分からないのだから。

もちろん偽物を作るということ自体がダメなのだけども、本物と偽物の違いが金の多寡でしかないというのはちょっと違うと思うのだ。


で、こういうゴーストライター騒ぎがあって、「交響曲第1番“HIROSHIMA」が売れているのだという。
確かに、世間が絶賛し、地に落とされたものがどんなものか聞いてみたい気もわかるが、こうなるともうなんだかなあとしかいえない・・・。


というわけで、交響曲第1番“HIROSHIMAを。









私はクラシックには明るくないけども、悲劇から感動へのエピソードは非常にわかりやすいものであり、音楽自体もいいと思う。
後半の静かな感じはけっこう好みだ(マーラーと似てるなんて話もあるけども)。



ところで、佐村河内守さんが作曲したとされる、ゲーム鬼武者のCDSが、アマゾンでスゴイ値段になっていて笑った。
ホント、値段で本物か偽物かではなく、需要と供給なんだなと思った。



↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

いなり、こんこん、恋いろはの音楽がイイ!!

1月から始まったアニメ、「いなり、こんこん、恋いろは。」のBGMが良い。
日本風の旋律とフルート?が、舞台の京都にピッタリだ。




公式サイト
http://inarikonkon.jp/


で、音楽は誰がやってるのかなと思ったら、妹尾武(せのおたけし)さんであった。
妹尾さんといえば、ゴスペラーズなど様々なグループに楽曲を提供されておられるが、アニメではARIAの音楽を手がけられている。
もう何年も前の作品なので知らない人もいるかと思うが、音楽はたまに旅番組でかかるので、どこかで聞いたことがあるかもしれない。



ベネツィアが舞台(一応、ネオベネツィアだけどwww)のアニメに、カンツォーネではなくブラジルのショーロを当てるとはスゲーなと思ったものだ。


そんなわけで、いなり、こんこん、恋いろはがちょっと楽しみなのでございます。
ただ、全10話とのことで、だいぶ原作を飛ばしているとのことだ。
音楽はもとより、キャラデザも良いのにもったいない限りだ(今後話の内容がどうなっていくのかは知らないけども)。



余談だが、アニメの舞台の伏見稲荷大社には個人的に行ってみたい。
全国にある稲荷神社の総本社ということもあるが、あの無限に連なっているかのような鳥居(千本鳥居)の写真をぜひ撮ってみたいと思っている。
こんなの。
http://guide.travel.co.jp/article/1574/

いずれ聖地巡礼(二重に聖地かwww)も兼ねて行こうと思う。



さらに余談www
稲荷(いなり)の由来はINRI(インリ)だという話がある。
INRIとは「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の略であり、ユダヤ人の王、ナザレのイエスという意味となる。
この「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」はINRIと略され、磔刑の際、十字架に据え付けられたという。
http://tokatu1.at.webry.info/201203/article_2.html


INRIのNはNAZARENUSだからINaRIとされた説もある。
そうなるとピッタリ「イナリ」である。
そしてこの罪状版は普通の人は知らない第三の伊勢神宮、伊雑宮(いざわのみや、いぞうぐう)の地下殿に祀られているとかいないとか・・・。


去年伊雑宮を訪れたました。
果たしてここにINRIと書かれた罪状版はあるのか!?
http://takanobu.me/?p=2338


信じるか信じないかはあなた次第!(これがいいたかったwwww)

↓もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

息の長い富士通のCM。村松健さんの曲が流れてくるとついつい見てしまう!!

いつもCMを飛ばすのだが、たまに見ると内容が変わって続いているのが富士通のCMだ。
息が長いところを見ると好評なのだろう。
私は音楽を担当されている村松健さんのファンだけに嬉しい限りである。




ちなみにCMの音楽「思いは海を越えて」が収録されているCDはこちら。


最近村松さんの新譜を買った。
春心花占(ハルラハヌラ)という。
村松さんの造語だそうだ。
ペダルを踏む音が聞こえるくらいのライブ感だが、正直そろそろアルバムが欲しい。
その時は「思いは海を越えて」のストリングス入りのバージョンを所望いたします。
「Japanese Piano」はピアノソロのバージョンが収録されています。



ところで、春心花占(ハルラハヌラ)を購入後、希望するならば村松さんライブスケジュールが記載されたカレンダーをくれるというので頂きたい旨返信をした。
村松さん本人手配になるので年明けになるかもと、嬉しいくすぐり文句を付けられたら頂かぬ手はあるまいに。
で、届いたカレンダーがこちら。

IMG_15455

おもいっきり南海ガスさんのカレンダーだったwwww
確かにライブスケジュールが書かれている。
アサヒガニ解禁とかと一緒にwwwww
そのローカル感が良かった。

IMG_15454


余談だが、12月27日のラジオ深夜便は奄美発であった。
それも奄美FMのスタジオを借りてとのことであった。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/pro/2a5.html



なんという偶然だろうか。
来年はきっと奄美が来ますぜ!!
7月のうとぅぬしゃぎむん、行けそうな気がしてきた。



うとぅぬしゃぎむんは聖地で行う野外コンサートになります。
http://www.ops.dti.ne.jp/~ken-scs/f_shima.html


奄美の海が俺を待っている!!かも・・・。

IMG_15456

もっと物欲を満たしたい方はコチラからどうぞwww


生活・文化 ブログランキングへ

レビューポータル「MonO-PORTAL」 

サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
td> td>
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ