先日(といってもだいぶ前だけども)、リソル生命の森に出かけた折、スマホの通信状況を示すアイコンが4G+と見慣れない表示になっていた。

Screenshot_20170225-121215



まあ、想像はついていたのだけども、調べてみると案の定、キャリアアグリゲーションになってるよというものだった。
私は先日、今使っているスマホであるZenfone3を買ってすぐ、テザリングで通信速度を測ったことがり、キャリアアグリゲーションになってるか分からないけども、みたいなことを書いたことがある。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/50660557.html

結果としてはキャリアアグリゲーションになっていなかったわけだが、なんで長柄町の山の中で使えるのに、同じ山の中の長南町や、もっと都会であるはずの茂原市()や市原市で使えないのか(とりあえず茂原市では、場所によっては使えるようだ)。
訳がわからない。


800MHz(いわゆるプラチナバンド)帯でLTEの電波を飛ばすようになっていつの間にか3G表示じゃなくなったように、そのうち長南町の山の中でも4G+の表示が点灯するようになることを希望する。
とはいっても、キャリアアグリゲーション状態のスマホでツイッターとかフェイスブックを開く分には、通信速度の違いなんか分からなかったけどもね。
でも、テザリングでパソコン使う時はちゃんと分かると思う。
長南町の山の中でキャリアアグリゲーションが使えるようになった頃には、都会では5Gとかできてそうだけどもね。