IMG_7868
(写真は六ケ所村の再処理工場のものです)


中学生の作文コンクールのツイートが流れていた。
福島から来たということで、偏見を受けたということと、一方では共感されたという話である。
許可は取っていないけども、引用させていただきます。
https://twitter.com/TukikoH/status/805646518778662912/photo/1


未だにそういう偏見があるのだなと思ったのが正直なところだ。
でも、放射能の知識が更新されていなければ、何年経っても一緒なのかもしれない。
作文には共感し手を差し伸べたい等あるが、その大前提となるのが正しい知識である。


例えば、エボラ出血熱の患者に共感をしたとして、防護服無しで看護に当たるのはただの自殺行為である。
逆に、放射能は感染らないという知識がなければ、援助物資お断りみたいな話になるし、仮に共感したとしてもわだかまりは残るだろう。


先日起きた、福島県から避難した子供へのいじめや、担任教師が菌呼ばわりしたことの原因はメディアのデマを広げたせいだとされているが、私はちょっと違うと思う。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161125/Bizjournal_mixi201611_post-8503.html


私たちに放射能の知識があれば、仮メディアがデマを広げても信じることはあるまい。
結局のところ、日本各地にこれだけ原発がバカスカ建っていながら、まともな放射能の教育をしなかったことに要因があると思う。
なぜか、原発の安全神話が崩れるからである。


原発の安全神話は、一言で言って嘘っぱちである。
が、日本国民はそれを信じた。
原発はそもそもの出発点からして嘘である。
その嘘が露呈すれば、建設から40年で廃炉にしてまた建てるという、延々と続く甘い汁が吸えなくなってしまうからである。
で、原発に対する風当たりが強くなって来れば、40年での廃炉は科学的根拠がないからもっと使えとした。


今のような現状は、都合の悪いことを隠してきたツケである。
何十年と続けてきたことを数年で更新することは容易なことではない。
差別や偏見、いじめの理由は様々であるが、こと放射能に関するものについてはもう少し続くのではないだろうか。
本当にアホみたいなことだけども、人間一度信じたことを疑うことは非常に難しい。
もちろん自分も人のことはいえないけども。