米環境保護局(EPA)の調査で、ドイツのVW(フォルクスワーゲン)が排ガス規制をクリアする為に不正を行っていたことが発覚した。

不正ソフトを使用し、試験中であることを判断すると排ガス中のNox(窒素酸化物)を減らすような制御を行い、試験をクリアしていたと見られる。

実際の走行時の排ガス中のNOxは、最大で基準値の40倍にのぼるものもあったという。

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/matome/15/325410/091800102/?rt=nocnt



結果、VW自体はいうまでもなく、他メーカーも含めて世界的な株安を招いた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H5L_S5A920C1FF2000/


また、排ガスを浄化する為の触媒に使用される白金の価格も下落した。

一方で、ガソリン車に使用されるパラジウムは高騰とのことだが、もうなんだかなあとwww

http://jp.reuters.com/article/2015/09/23/markets-precious-idJPKCN0RN2IX20150923



VWは対策費用として65億ユーロを計上、米当局の制裁金は最大で180億ドル(21600億円)にのぼることになるという。



また、BMWも基準値を11倍超過というニュースも入ってきた。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092400892&g=int



日本でのディーゼルエンジン


日本では、石原都知事(当時)黒い粉塵(PM:パティキュレートマター)をペットボトルに入れて振ってみせたパフォーマンスにより、ディーゼル車は完全にトラック等の商用車のものとなり下火となった。

欧州では低燃費で人気のあるディーゼルエンジンも、日本ではハイブリッド車の普及もあり、あえてディーゼルへという人は少なかった。

しかし、最近は欧州車のディーゼル車の評判も浸透し、なによりマツダの開発したディーゼルエンジン、スカイアクティブDの影響が大きかった。

ガソリン車と比較して燃費が良く、かつパワフルということもあり、マツダのディーゼル車の売上は5割を超すという。

http://response.jp/article/2015/03/24/247298.html



マツダの働きもあって評価の高まったディーゼルエンジンだが、今回のVWの不正によって、この好調に冷水を浴びせることになりはしないか懸念する。

マツダのスカイアクティブDの特徴は、低圧縮比によってNOxの削減と振動の低減、軽やかな回転上昇を実現した店にある。

NOxについては他社で行っている尿素還元処理(排ガスに尿素を吹きかけて、NOxを窒素と酸素に分解する処理)等の後処理をしなくてもポスト新長期規制に対応している。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/skyactiv/skyactiv-d/



構造としては
VWに近い形となっているので、もしかしたら触媒のヘタリ具合によっては、今回の米環境保護局の検査に引っかかる場合もあるかもしれない(完全に憶測です)。

逆に問題なく適合できれば、これはもうビッグビジネスの予感しかしない。

米環境保護局の検査にパスできない所は、マツダからエンジンを買えくらいの勢いだ。



ちなみにポスト新長期規制値がこちら。

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/09/090325/01.pdf


一方アメリカの基準。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20150920-00049689/


アメリカは0.44g/km、日本は0.08/kmとそれこそ桁が違いに日本の方が厳しい値となっているので全然余裕だと思うのだけども、走行モードの違いや、20km走行後でも浄化性能を維持しなければならないなど、単純に比較はできないのかもしれない。

でも、VWはまだ日本にディーゼル車は入れていないけども、BMWやメルセデス・ベンツ、ボルボ等はクリアしてるということではないのだろうか?

BMWも引っかかったというが、日本とアメリカで仕様が違うのか??



個人的にはVWは好きだ。

面白みはないかもしれないが、小型車の基準を塗り替えてしまうくらいの影響力があり、高品質である。

私自身の評価は大して変わりはしないが、世間は恐らくそうは見てくれないだろう。

不正一発で信頼は失墜してしまう。

悪銭身につかずというのは本当だ。

私も気を付けよう・・・。

もちろん世界的な株の暴落を招くような影響力は、私にはありませんが。