いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

私、新しいニッサン・ノートが気になります

ニッサンが新しく発売するノートが気になってる。
http://www.nissan.co.jp/

今度のノートはハイブリッドを謳ってはいるが、エンジンは発電のみで駆動はモーターが担う。
世界初のシステムとのことだが、前例がないわけではない。
BMWのi3のレンジエクステンダー仕様(i3は基本は電気自動車だが、オプションで発電用のエンジンを載せることができる)というものがある。
http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2016/drive-train-technology.html#/rangeextender

まあ、あちらはあくまでオプションであり、最初からそういう仕様にしたのはうちが初めてですよ、ということなのだろう。


基本的にエンジンは、回転数が増減するよりも、一定の回転数で仕事をすることに向いている。
また、低速トルクが小さいのでトランスミッションで変速してやる必要がある。
その点モーターはいきなり最大トルクが出るし、交通状況によって刻一刻と負荷が増減する車という乗り物には、エンジンよりもモーターの方が向いているだろう。
ノートの一覧表を見ると、ハイブリッドの方はトランスミッションは空欄になっている。http://www2.nissan.co.jp/NOTE/grade.html


これが明らかにエンジンのパワーが車重に見合っていない軽自動車に使えれば、けっこうおもしろいことになるのではないだろうか。
恐らく発電用のエンジンは軽自動車の枠で事足りるであろうから、ドライバビリティが向上するのではないだろうか。
もちろんコストの兼ね合いもあるので、そこまで降りてくるのはもうちょっとかかるだろうけども。


ハイブリッドは、バッテリーの性能が向上し、給油するのと同じくらいの時間で充電できるようになったり、充電インフラが整うまでの過渡技術ではある。
ドイツでは、2030年までに内燃機関の販売を禁止するとかしないとかという話もあるし、いずれは純粋な電気自動車に取って代わるのだろうけども、現状でハイブリッドが現実的だ。
ハイブリッドなら他社でも出しているけども、やってることが至極分かりやすいということで、私はノートに好感が持てるのである。
ってか、BMWは高くて買えないし、アルファロメオとかがやってきたら、モーターでもさぞかしエモツィオーネがあるだろうが今度はぶっ壊れるのが怖くて買えやしないwww

楽天モバイルが容量シェアプランを発表。じゃあ、恩恵を受けさせていただきましょうwww

楽天モバイルでようやく容量のシェアプランをやると発表された。http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/1027_02.html

1回線100円という。
私はこれを待っていた。


現在私はスマホが通話SIMで10ギガ、タブレットを5ギガで契約している。
使用量としてはあまり余裕はないので、このままではシェアプランの恩恵は受けられない。
というのも、タブレットの5ギガは外でHDDレコーダーに録ったものを見るためにやっているのだけども、いくらカーナビでの使用でも低速のプランでは遅く、高速通信を使う為に無理やりそのプランにしているといる面もある。
HDDとかレコーダーに録ったものは持ち出し(レコーダーからタブレットに番組を移せる。
もちろんダビング10は1つ消費するが)してしまえば外で通信を使う必要はない。
カーナビとして使う分でも、通信量なんてたかが知れているから、10ギガをスマホとタブレットでシェアしようと考えている。
せっかくなので恩恵を受けてやろうという腹だ。
その場合は、2960円+100円で3060円になると思うのだけども、本当にそれでいいのかな?


ところで、楽天のシェアプランのお値段だが、格安SIMといっても、最近値段を下げてきた大手と比べて安いことは安いが、スゲー安いとはいえない。
20ギガで4750円、30ギガで6150円となっているので、大手と比べても3割ほど安いだけである。
もちろん強制的に電話かけ放題に入れられることはないので、トータルではもうちょっと値差はあるものの、純粋に通信料で見ればそんなに安くは感じない。
なんか微妙な値段設定だなと思って見てみると、このシェアプランは自分で複数枚のSIMを使う場合や家族だけでなく、友達ともシェアできるというのだ。
例えば、20ギガを二人でシェアすると、10ギガを一人で契約するよりも安くなる。
それを考えれば、けっこう絶妙な値段設定ともいえる。
シェアは5人(5SIMカード?)までできるというので、自分の契約を見直すいい機会かもしれない。
ただ、あんまりボッチにはやさしくないプランではあるけどもwwww

格安スマホにしないのは違約金が高いからという読売新聞の社説は間違い

読売新聞の社説に、携帯大手3社は端末の過剰値引きをやめ、通信料を下げて家計負担を下げろ、違約金が高いから格安スマホへの転換が進まない、とあった。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161017-OYT1T50010.html

大間違いである。
格安スマホへの転換が進まない最大の理由は、今の携帯会社の方が安心だからである(高くないと思っている人と、電話をたくさん使う人は除く)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1503/30/news154.html

読売新聞は違約金が高いというが、大体1万円位であり、格安スマホに乗り換えれば(端末代を除けば)2,3ヶ月でペイできる。
というか、今の携帯会社の方が安心だというのだから、違約金を取ろうが取るまいが(法外な値段だったら話しは別だけども)結果はあまり変わらないだろう。
上に端末代を除くと書いたが、同じ回線を利用する会社(ドコモならドコモの。auならau。)にすれば端末を使いまわすこともできる。
どうしても違約金を払うのが嫌なのであれば、解約月に乗り換えれば良い。


また、通信料を下げて家計の負担を減らせとあるが、ちゃんと端末の料金を引いて家計の負担を下げているではないか。
総務省が文句を付けてどうなったか?
端末代だけ上がって(一応容量の大きい新しいプランはできたけども)家計の負担は逆に増えたではないか。
同じ端末を使い続けている人にとって不公平だというならば、端末を値引く等して機種変更を促せば良い(私のところには値引きのクーポンが届いた)。
それでもしないのであれば、それはもう放っておけばいいのではないだろか。


ちょっと前のように大手3社くらいしかなく、値段横並びの独占状態であったなら、是正措置を求めることは必要だろう。
しかし、今は乗り換えようと思ったらいくらでもある。
大手が格安スマホ各社に回線を開放した時点で、自分たちのビジネスモデルは変える気がないと思っているのだろうし、実際そうなのだろう。
だからもしもっとちゃんと説明せよというのならば、それは格安スマホ各社の方である。
いくら大手といえど、自分たちの顧客を手放すようなことはしたくあるまい。


仮に大手3社の値段が下がる時が来るならば、それは国が相当に圧力を掛けた場合か、予想以上に格安スマホへの転換が進み、尻に火がついたときではないだろうか。
高いと思うのであれば自ら調べ、さっさと乗り換えればいいだけのことである。
分からないことを分からないままにしておくとか、面倒くさいと思って放っておくならば搾取されるだけである。
悲しいかな、現代はそうなっている。

一応私の使っている楽天モバイルのバナーを貼っておくので、よろしければどうぞ。
回し者じゃないですよwwww
格安スマホは他にもいろいろあるので、自分の使用形態に合わせて調べてみて下さい。
td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ