いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

この世界の片隅には萌アニメである

BO5A4137


話題のアニメ映画、「この世界の片隅に」を見に、テアトル新宿まで行ってきた。
公開されてから一ヶ月くらい経つしそんなに混んでないだろうと思っていたら、席は終日完売、当日は立ち見のみという具合で、凄まじい人気ぶりが伺えた。
私は念のためネットで予約をしていった。
わたしゃ映画とこちらの写真展を両立させる為に、朝5時の高速バス(その次は11時台になってしまう。これだから田舎は)に乗って来てるので、さすがにそこから2時間強の立ち見は辛い。
でもここまでとは思わなかった。


この世界の片隅にを萌アニメというと反論のある方もおられるかもしれないが、私はむしろそれ以外の要素を持ち込みたくないのである。
どうしても聞こえてくる前評判で、反戦や平和をを訴えないから良い映画だ、というものがあった。

http://lite-ra.com/2016/11/post-2722.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss


確かに劇中反戦を訴えるような場面はない。
ただただ、主人公のすずさんが日常を過ごしていく。
でもそこは戦時中だから、私達の日常とは大きく離れたものだ。
焼夷弾に備えたり、雑草を摘んできて少ない食料をやりくりしたりと、そんな生活を子や孫にさせたくなければ戦争はしない方がいい。
でも、そういうことを抜きにして、ポカをやらかすすずさんを見てひたすらニヤニヤするもよし。
すずさんの葛藤に自分の身を重ねるのもいいかもしれない。
すずさんを取り巻く人たちの温かさにほっこりするもよし。
こうやって映画を見て自由にあれこれいえるのも、平和な世なればこそである。
普通が普通ではなくなる戦争は御免こうむりたい。
私はすずさんを見て、ひたすらニヤニヤしていたいのであります。



というわけで、そのうち原作を買おうかなと思うとります。
今月はカメラ買っちゃったので、そのうち・・・ねwww

なぜ未だに放射能は穢のごとき扱いを受けるのか

IMG_7868
(写真は六ケ所村の再処理工場のものです)


中学生の作文コンクールのツイートが流れていた。
福島から来たということで、偏見を受けたということと、一方では共感されたという話である。
許可は取っていないけども、引用させていただきます。
https://twitter.com/TukikoH/status/805646518778662912/photo/1


未だにそういう偏見があるのだなと思ったのが正直なところだ。
でも、放射能の知識が更新されていなければ、何年経っても一緒なのかもしれない。
作文には共感し手を差し伸べたい等あるが、その大前提となるのが正しい知識である。


例えば、エボラ出血熱の患者に共感をしたとして、防護服無しで看護に当たるのはただの自殺行為である。
逆に、放射能は感染らないという知識がなければ、援助物資お断りみたいな話になるし、仮に共感したとしてもわだかまりは残るだろう。


先日起きた、福島県から避難した子供へのいじめや、担任教師が菌呼ばわりしたことの原因はメディアのデマを広げたせいだとされているが、私はちょっと違うと思う。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161125/Bizjournal_mixi201611_post-8503.html


私たちに放射能の知識があれば、仮メディアがデマを広げても信じることはあるまい。
結局のところ、日本各地にこれだけ原発がバカスカ建っていながら、まともな放射能の教育をしなかったことに要因があると思う。
なぜか、原発の安全神話が崩れるからである。


原発の安全神話は、一言で言って嘘っぱちである。
が、日本国民はそれを信じた。
原発はそもそもの出発点からして嘘である。
その嘘が露呈すれば、建設から40年で廃炉にしてまた建てるという、延々と続く甘い汁が吸えなくなってしまうからである。
で、原発に対する風当たりが強くなって来れば、40年での廃炉は科学的根拠がないからもっと使えとした。


今のような現状は、都合の悪いことを隠してきたツケである。
何十年と続けてきたことを数年で更新することは容易なことではない。
差別や偏見、いじめの理由は様々であるが、こと放射能に関するものについてはもう少し続くのではないだろうか。
本当にアホみたいなことだけども、人間一度信じたことを疑うことは非常に難しい。
もちろん自分も人のことはいえないけども。

超入門!落語 THE MOVIEがおもしろい

NHKで放送されている超入門!落語 THE MOVIEがおもしろい。
新聞のテレビ欄で紹介されていて、こりゃおもしろそうだと思って見てみたら実におもしろかった。
http://www4.nhk.or.jp/rakumov/

番組は、落語家さんが話す古典落語に俳優さんが演じる映像をかぶせたもので、セリフは口パク(アテブリ芝居というそうな)となる。
口パクと声と映像にわずかなズレがあるせいか、最初はかなり違和感がある。
でもそれはすぐに慣れてしまい、話に入っていけるようになった。


過去一度だけ落語を生で見たことある落語経験者!?の私としては、落語入門を謳っているものの、これは落語とは別のエンターテインメントではないかと思った。
マンガが小説の下位互換ではないように(なぜか世間一般ではマンガは文字だけの本より1段劣るようにいわれているが)、私は全然別のものだと思う。
でも、これを機に落語を見てみようと思うのならば、番組として成功だと思う。


追伸

今回放送の時そばを見てたらそばが食べたくなったwwww
td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ