いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

ヤフーショッピングのおすすめ順がお金を払うことで上位表示されることの何が問題なのか

ヤフーショッピングが、PRオプションという仕組みで出店者がヤフー側に広告料を払うことで実績に点数を上乗せし、おすすめの上位に表示されるように操作していたという。
おすすめの上位にくるように表示しながら広告と表示しておらず、消費者の判断を誤らせるとして問題視されているという。
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/51585352.html


まとめの一番上にあるように「おすすめ順なんかで買うもの決めたことないからどうでもいい 」と私もまさしくこれな上にヤフーショッピングを使っていないので本当に正直どうでもいいのだけども、広告料を払っておすすめの上位表示させることになんの問題があるのだろうか。
例えば実店舗であった場合、おすすめ商品というのは消費者の為というよりも店側の都合である。
売れ残りだったり利益率の高い商品だったりとその時々で変わるものの、それは店側の都合である。
お金を払って上位表示とそこまであからさまとまでは考えなかったけども、何らかの操作が入っていて普通ではないだろうか。


ヤフーショッピングだって非営利でやっているわけではないのである。
広告料を払ってくれるお店を優遇するのは当然ではないだろうか。
商品に広告料が乗って高くなってしまうのであれば、誰も買わないだけである。
今時底値なんて誰でも調べられるのだから、納得できる価格で買えばいいのではないか。
その手間を惜しむのであればおすすめ順に表示されたものを買えば良い。
多少価格に広告料が入っていてもそれは仕方のないことではないだろうか。



●グーグルの制裁金のよく分からない


EUは27日、独占禁止法違反で約24億ユーロ(約3000億円)の罰金を科すと発表した。
世界最大の検索エンジンとしての市場優位性を乱用し、傘下のショッピングサービスに不正な利益を与えたとしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000035-jij_afp-bus_all


この話もよく分からない。
グーグルも非営利団体ではないのだから、傘下の企業に有利な検索結果を表示してなにが悪いというのだろうか。
それが嫌なら政府が公明正大、その手の操作が一切ない検索エンジンでも作ればいいのではないだろうか。
私はそもそもそういうものだと思って使っている。


まあ、嫌なら使わなければいいんじゃない?というお話でした。
無料で使っててそりゃ言いっこなしじゃあないかと私は思うのだけども。

アウトプットしないとインプットが適当になることがわかった

最近ブログをあんまり更新できていなかった。
面倒くさかったというのもあるが、なんだかんだで時間がなかったのが原因だ。


そんな状態が続いた昨今、あることに気がついた。
ブログのネタ探しをしなくなり、ニュースも積極的に見ようと思わなくなった。
ちょっとおもしろいと思うことがあっても、どうせブログ書く時間ないしなあと思って適当に流してしまうのである。
だから、ニュースなんか見てても全然おもしろくない。
どうせ下らないブログなんだし、書いても書かなくてもいっしょだと思っていたのだけども、そんなところに差が出てくるとは思わなかった。


どんな下らないことでも書くという行為は、一旦自分の中に取り入れて整理しなくてはならない。
また、情報の補足の為に多少の調査は必要だ(もっとも、私の場合は主にネットだけども。たまに本を当たるが)。
重要なのは情報の整理だと思うのだけれど、私の場合、ブログに書くという目的がないとそれをやらないようだ。
整理しないから要る情報と要らない情報の仕分けもしないので、バカスカ入れるだけ入れて入る隙間がなくなって入らなくなってしまう。
と、そんなところだと思う。


不器用だとは思ってたけども、自分がそんなに面倒くさい人間だったとは思わなかった。


と、そんなことが書いてあるであろう本。
未だ積読なので中身は分からないけども。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

思考の整理学 (ちくま文庫) [ 外山滋比古 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/6/22時点)


NHKラジオが聴き逃し対応へ。

radikoに倣って早く始めろや(否、始めて下さい)と思っていたNHKラジオがとうとうタイムフリー(聴き逃し番組)を開始するという。
タイムフリー機能とは、過去の放送を遡って聞くことができる機能で、radikoは先に開始していた。
NHKのラジオは遡ってでも聞きたい番組がいくつかあるので、早く始めて欲しかったのだ。
http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/

ではそうまでして何を聞きたいのか。

1、新日曜名作座
西田敏行さんと竹下景子さんの二人だけで各キャラクターを演じ分ける、言わばラジオドラマである。
日曜の19時20分という中途半端な時間から始まり、ちょっと大人向けの話も扱ったりもする。
続きものなので、飛ばしたり最後まで聞けなかったりすると話が分からないなってしまう。
http://www.nhk.or.jp/audio/html_me/

2、ラジオ深夜便の、乗り物アラカルトとのど自慢旅日記
ラジオ深夜便の2大超人気コーナー(私の中では)。
乗り物アラカルトは以前コチラでも紹介したが、どこかの鉄道路線に乗り、ガタンゴトンという音を背景に車窓の風景を淡々と描写していく、言わば世界の車窓からの音版である。
ただでさえ眠気を誘う時間帯に更にガタンゴトンという催眠効果も加わり、淡々とした語りの相乗効果位で凄まじいまでの癒やし効果を発揮する。
布団の中で聞いていたら、きっと最後まで起きていられないだろうwww


のど自慢旅日記は、のど自慢の司会を10年務められた経験を元に、各地を旅する様子を声だけで伝えるというものだ。
素晴らしく旅情を掻き立てられれる感じは乗り物アラカルトと似てはいるが、こちらは電車の音はない。
それでも紡ぎ出される言葉で眼前に風景が広がる様は、音だけで伝えるラジオだからこそできることなのだろう。


3、ラジオ深夜便の2時台、ロマンティックコンサート
日によってクラシックやロック、ジャズ、フュージョンなど、テーマを決めて音楽を流す。
私はジャズ、フュージョン回が周って来るとテンションが上がる。
リアルタイムで聞けると尚イイ!!


3時台になると日本の歌こころの歌となり、昭和の古い歌(たまにコミックソングとかアニソンとかの回があるwww)となり、さすがにそれを楽しめるほど年を食ってはいない。
この時間帯になると、そろそろ一日を始める人もおりますでしょうかと挨拶が入ったりする。
おじいちゃんおばあちゃんは早起きなのである。


4、ラジオ深夜便のコーナーの合間合間にかかる曲
誰が選曲するのか分からないけども、すごくセンスがイイと思う。
惜しむらくは、曲の始めに曲名をいっても、終わってからはいう場合といわない場合があることだ。
いい曲だと思っても、なんという曲か分からずに歯がゆい思いをすることが多々ある。
radikoみたいにタイムラインを表示してくれると非常に助かる。


※ラジオ深夜便の2時台と3時台は聴き逃しには対応していないようだ。残念。日曜名作座は対応してくれるんだろうな。


そうやって私のアンテナに引っかかったのが、妹尾武さんのサクラ咲クである。
素晴らしい曲だと思う。
以上、NHKラジオのタイムフリー機能を心待ちにしていたのでございます!!



こちらのCDに入っております。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 妹尾武 / Anchors.〜the Best Of Senoo 2000-2009 【CD】
価格:2778円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)


td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ