いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

残業代ゼロ法案と揶揄される高度プロフェッショナル制度が思った以上に残業代ゼロ法案でワロタ

7月13日、連合の神津会長が、高度プロフェッショナル制度の導入にあたり、年間104日の休日確保を義務付ける等の健康確保措置を盛り込むよう要望を出した。
ずっと反対をしていた連合の突然の姿勢変更で、法案成立に動き出すことになる。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/071300048/?P=1


政府や新聞各社は、働いた時間ではなく成果で報酬を決めると強調するが、実際の法案にはそんなことどこにも書いていないという。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20150406-00044594/

時間で賃金を決めるのでなければ結局は成果で、となるしかないわけではあるけども、年功序列と成果賃金制度の悪いとこ取り(現状どちらも中途半端)している現在では、時間制限が取っ払われたことをいいことに、こなし切れないような仕事を課せられ、それこそ24時間死ぬまで働けという某居酒屋方式になることが目に見えている。
本人の合意がなければ適応しないとなってはいるが、企業側が導入しようとしてそれを使われる側が突っぱられるのか、甚だ疑問である。


しかし、恐らくこの法案の真意はそこではない。
今後いかに年収要件を切り下げ、適応される人を拡大していくか、である。
どこまで下げるかは分からないものの、300~400万円くらいという話もある。
http://www.news-postseven.com/archives/20150313_309444.html?PAGE=1#container


そのあたりまで下がってくると、自分で仕事を裁量できない人も入ってくるだろう。
派遣法の適応業種拡大を見ても、これからどんどん拡大していくのは目に見えている。



確かに、残業することでお金を稼ぐなんてことはよくないと思う、
しかし、それはそうでもしないとまともな賃金がもらえないことが問題なのである。
また、残業代を割増とすることで企業側のペナルティとして機能させ、労働時間を抑制する側面もある(というより、主な目的はそれ)。
それが撤廃されれば、日本はサビ残天国になることは火を見るより明らかである。


もう一つの懸念事項は、解決金制度との絡みである。
一応不当解雇を想定しているとのことだが、ざっくりいって、お金を払えば従業員を解雇できる制度である。
https://www.bengo4.com/c_5/n_2984/

残業代はゼロ、気に食わなかったらクビね、そんな状態になってしまうのではないのだろうか。
雇用の流動化が加速するという話もあるが、そんなようにしてクビになった人を誰が好き好んで雇用するのだろうか。
雇用の流動化は雇用する側が拡大(もちろん正当な報酬で)しなければ意味がない。
これら2つの法案が絡むことで起きることは、クビになる正社員が増え、非正規でしか働く場のない人の増加ではないだろうか。
格差はますます拡大していくことだろう。


日本の明るい将来なんて全く想像できないですね・・・。

ノートパソコンのHDD交換がなんでこんなに面倒くさいんだ!!

先日、ノートパソコンのHDDを交換した。
機種はデルのInspiron 15R N5110というもの。
買ったのは2011年か12年だったと記憶しているので、もう4~5年経っていることになる。
特にHDDが異音を立てているわけではないけども、いい機会なので交換することとした。
やる前は、裏底をゴソッと外して簡単にできるんだろうと思っていたのだけども、これがなんとも面倒くさいものであった。


まず、裏底にネジはいっぱい付いているものの、それはマザーボードと固定するものであって、底自体は外れない。
HDDはマザーボードの裏側(つまり底の側)に固定されているが、アクセスするには上からいかなければならない。
つまり、付いているものを全部外さなければならない。
でも、こういうものには先駆者がいるので下のブログと、よく分からないところはマニュアルを参考させてもらいつつ作業を進めた。

参考ブログ
https://inexio.jp/20140530-228/

マニュアル
http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/product-support/product/inspiron-15r-n5110/manuals

BO5A0741


底のネジを全部取り、キーボード、パームレスト、ディスプレイをじゃんじゃん外していく。
基本的にはネジと爪で固定されているので、ネジを全部外して隙間からマイナスドライバーを突っ込んでどんどん外す。
ただ、ケーブルのコネクタが押さえで固定されているのか、はたまたそのまま引っこ抜けばいいのか分かりにくいので、そこだけ補足しておく。

BO5A0744

こういう風に黒いプラスチックのものは押さえを起こして引っこ抜く。

BO5A0750


ディスプレイのケーブルはそのまま引っこ抜ける。

BO5A0746


BO5A0748

コチラでCMOS電池は5年くらいで切れると学んだので、ついでに交換しておくことにする。

BO5A0754



ようやくHDDにアクセスできた。
後はブラケットから外して新しいものを付けるだけである。

BO5A0759

HDDは東芝のメモリ部門売却で揉めに揉めているWD(ウェスタンデジタル)である。
そして分解したのと逆の操作で全部を元に戻していく。


OSのインストール後に問題発生。
なぜかWi-Fiに繋がらない。
設定に入っていってWi-FiをONにしてもOFFになってしまうのだ。
もしかしてアンテナのケーブルを繋ぎ忘れたかと思って再度分解して確認したが問題はない。
結果的には、Fn+F2でONにできた。
ファンクションキーでのON、OFFが設定よりも上位にあるとは思わなかったので、解決に時間がかかってしまった。
まあ、これにHDD交換は終了と相成りました。
面倒ではあるものの、作業自体は難しくはない。
でも、もうちょっとなんとかならないものなのでしょうかねえ・・・。

BO5A0736

ついでにメモリも2GB+4GBで計6GBだったのを8GBの2枚刺しで計16GBにした。
メーカーは台湾の雄WINTENである(どこだって???)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1626 WT-SD1600-8GB  ノートPC用SODIMM  DDR3 1600(PC3-12800) 8GB
価格:5720円(税込、送料別) (2017/7/15時点)


たぶんあんまり変わらないのだろうなと思っていたのだけども(それでもやりたくなるのが私です)、意外や意外レスポンスがよくなった。
メモリ自体は裏底のネジを外せばアクセスできるのだけども、まあついでということで。


●もっと簡単に交換できるようにして欲しい。

先日、グリーンピースから、スマホやノートパソコンを修理しやすくして長持ちさせるようにせーやとうい趣旨のメルマガが回ってきた。
曰く、HDDやバッテリーなど、本体に接着されていて交換も容易でなく、交換部品も供給されていない為、壊れると丸取っ替えしなくてはならないのでエコではないとのこと。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/it5/blog/59726/?utm_campaign=Others&utm_source=Supporter%20Service%20e-mail&utm_medium=email&utm_term=08072017_ReThinkIT-blog

今回のHDD交換もそうだし(一応マニュアルは公開されていたけども)Zenfone5のバッテリー交換でも経験したことがけども、消耗品の交換が非常に面倒くさい。
メーカーとしては本体ごと交換してもらいたいところなのだろうけども、消費する側としては、消耗品は交換して長く使えるようにしてもらえるとありがたい。
でも、製品サイクルの長期化や、消耗品を簡単に交換できることで生じる設計の変更などによるコスト増については受け入れないといけないと思う。
資源が枯渇して作れなくなってからでは遅いのだから。






バニラ・エアの奄美空港での車椅子搭乗不可で自力で階段を登らせた事件を考える

半身不随で車椅子の男性が奄美空港から関西国際空港行きのバニラ・エアを利用した際、搭乗タラップを腕の力で自力で登らされる自体が起きた。
事のあらましはコチラ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6X2C04K6XUBQU007.html


ツイッターを見てみると、件の男性はクレーマーで以前から度々この手の事件を起こしており、事前に連絡をしないのが悪い、とか、設備を用意していなかったバニラ・エア側に落ち度がある等、意見が二分している。
バニラ・エアの規定では、車椅子で搭乗する場合は5日前までに事前連絡することになっていたが、奄美空港への車椅子用階段昇降機は7月導入予定となっており、事前通知があったら搭乗は断っていたという。
車椅子用階段昇降機は事件後前倒しで導入されたという。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/28/vanilla-air_n_17315034.html


事件が起きたのは帰りであり、行きは介添人と助けで搭乗できた。
だから、男性がこの時点で取り得た行動は、無理やり乗るか、車椅子でも搭乗できる航空会社の便に変更するかしかなかったことになる。


飛行機は電車やバスよりも厳しい安全規制が適応されている。
90秒ルールなんて、この件で調べてみて初めて知った。
http://www.weblio.jp/content/90%E7%A7%92%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB



もちろん火災だけでなく、何かあったら落ちる飛行機では、電車やバスよりも厳しい規定が適応されるの当然である。
なぜ車椅子の方は事前連絡が必要かはコチラのブログがわかりやすい。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918


確かに今回バニラ・エアにも落ち度はあったし、男性の行動も強引だった。
でも私はあえていいたい、そんなの関係ない、と。
なんで弱者(身障者)が強者(健常者)に気を使わなければいけないのか。
普通逆であろう。
上に飛行機は特別だと書いたが、車椅子でバスに乗れるようになるまでにも激しいやりとりがあったという。
https://matome.naver.jp/odai/2146175068754745101


こんなふうに自分の強く自分の主張をする人がいることで他の身障者の肩身が狭くなるというツイートもあったが、過去を見るとそういう人がいなかったら未だに車椅子でバスに乗ることもできなかったのかもしれない。
無理やり飛行機に搭乗することで他の人の安全を脅かす危険もあったわけで、男性の行動を100%肯定する気はないけども、事前連絡がなければ搭乗できないというのはやはりおかしいと思う。


それに、身障者が行動しやすい社会というのは健常者にとっても同様である。
その上こういうことは明日は我が身であり、人間事故や病気で(事故や病気じゃなくても、老化によって行動は困難になってくる)突然身障者になる可能性もある。
そうなった時に、身障者に鞭打ったことを後悔しても遅いのである。
すぐには無理でも、徐々にそういう方向に向かってほしいと思う。
パラリンピックのホスト国として、バリアフリーすら満足にできないのは悲しいことではないだろうか。

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ