いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

Jアラートって案外有用じゃあないか

29日06:00前、北朝鮮がミサイルを発射した。
その後Jアラート(全国瞬時警報)が作動、避難を呼びかけた。
ミサイルは北海道上空を通過、2700キロ余りを飛行し、襟裳岬沖1180km東の太平洋上へと落下した。
高度は550kmと見られる。
発射されたミサイルは、中距離弾道ミサイル、火星12と見られている。
https://news.infoseek.co.jp/article/20170829jcast20172307067/


時系列は以下に。
05:58:北朝鮮ミサイル発射。
06:02:Jアラート作動し、避難を呼びかける。
06:06:北海道上空を通過(推定)。
06:12:襟裳岬の東方1180kmの太平洋上に落下。


ここから分かるのは、北海道の「550km上空(というか宇宙だけど)の通過4分前にはアラートが作動し、とりあえずの避難する時間は稼ぐことができたということである。
こういうと語弊があるかもしれないが、突発的な破壊的事象としては、北朝鮮のミサイル自然災害のようなものである。
もちろん国レベルでは全然話が違ってくるが、市井のレベルとして自然災害と考えて大差あるまい。
であるならば、緊急地震速報では数十秒前の警告だが、4分稼げるのであれば相当な余裕が生まれる。
それこそ近くの建物に駆け込む、物陰に隠れるくらいはできるかもしれない。
そんなの意味がない?かもしれない。
だが、広島、長崎の原爆投下時、爆心地近くの壊滅的状況であっても、奇跡的に物陰にいて助かったという人もいるそうだ。
逆に物陰にいたが為に下敷きになってしまった方もおられるだろう。
万に一つかもしれないが、無意味ではないのだと私は考えている。
ミサイルが予定の軌道に乗らなければ落ちてくる可能性だってある。


北朝鮮にミサイルを打たせてしまうのはもちろん国の失策である(日本だけではないが)。
それは別として、市井レベルとしてできるのはミサイルが飛来した時に少しでも被害が少なくできるように対処するだけであろう。
そんなもの恐怖心を煽るだけだといわれるかもしれないが、PAC3の命中精度は今ひとつと聞くし、イージスアショアの整備もまだである現在、国としても結局はそれしかできないのだろう。

IMG_8506

2009年、某所で撮影した建設途中のガメラレーダー。
弾道ミサイルの捜索、探知機能を有する。


追伸
格安スマホ(私もそうですが)の場合Jアラートを受信できないものもあるようなので、とりあえずヤフー防災速報等の防災アプリを入れておいた方がいいようです。
私もアプリでミサイル発射を知りました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011117791000.html

自動ブレーキはいらないですか?とっさにちゃんとブレーキ踏めますか?それでも自動ブレーキはいらないですか?

BO5A0853


自動ブレーキが付いた車がだんだん普及してきており、現在販売されている車の約半数に装着されているという。
政府も義務化を検討している。
これで衝突事故は減るだろうし、おおいにけっこうなことだと私は思うのだけども、世間はそうではないようなのである。


●自動ブレーキ、半数は誤解?

世間一般のウケが悪い理由として、一つは誤解があるという。
自動ブレーキは各社によって作動条件にバラツキがあり、一律でこういう条件の場合は作動しないとはいえない。
速度や天候など、各社使っているデバイスが違うので、得意不得意がある為だ(当然設定の違いもある)。
でも、それなんかはまだマシで、自動運転と勘違いして、自動でブレーキを掛けてくれる車(ブレーキを車に任せてしまっていいと勘違い)と思っている人も少なくないという。
https://trafficnews.jp/post/52660/



もう一つは誤作動の問題だ。
降雪時やピカピカしたタンクローリーのタンクなど、センサーが誤検知を起こして走行中に勝手にブレーキを掛けるというもの。
正直これは怖い。
意図しないところで急ブレーキを掛けられると、車間距離を多めに取っている場合は対処できるかもしれないが、衝突の危険がある。
これはセンサーやカメラの進化やAIの導入、によって少なくはなってくるのだと思うが、誤作動は早めに対処していただきたい。
事故を防ぐ装置で事故が起こっては元も子もない。
https://matome.naver.jp/odai/2142357519173581801


自動ブレーキが付いているとブレーキが下手になるからいらないという、誤解にしてはヒドイ意見も聞いたことがあるが、誤作動を除けばこのシステムは人間のうっかりなどのミスを救ってくれるものなので、付いていて困ることはない。
というか、エアバッグのように、できれば作動しない状況の方が望ましいものである。
それによって多少コストが上がることは否めないが、人を轢くよりはマシだろう。


新しい技術が普及してくると誤解もつきものである。
誤解を解くには地道に伝えていくしかないわけであるが、こと自動ブレーキについては現状誤作動もあり得るので、勝手に付けておくわけにもいかないのだろう。
今はとにかく技術の向上によって誤作動を少なくしていくしかないのだと思う。


とりあえず私は、次のクルマには付いているやつにしようと思う。
クルマを運転していると、ヒヤッとしたことがないわけではない。
それを救ってくれるのなら、付けない手はないではないか。

男子の劣情を煽るので禁止すべきもの

先日、どこぞのPTAが、男子中学生の劣情を煽るので女子のポニーテールを禁止するといいだした。
なんでも、うなじが男子の劣情を煽るのだとか。
https://matome.naver.jp/odai/2150155052307712501

またアホなことやってるねえと思ったのだが、そうなると恒例、ツイッターでは、「男子の劣情を煽るので禁止すべきもの」のハッシュタグで色々なものが出されていた。
https://togetter.com/li/1135900

その中に、ロボットやら戦隊やらクルマやらが入っていて、それに違和感を持った。


劣情の辞書での意味は、
いやしい心情。また、性的な欲望や好奇心をいやしんでいう語。「劣情を催す」
とある。
人間誰しもそういう感情はあるだろうが、その中でも大っぴらにするにははばかられるようなものという意味に使われる。
だから劣るという、負のイメージのある感じが使われている。
まあ、大っぴらにしない萌え~という感じだろうか。


ロボットやクルマに性的に興奮する向きもあるだろうが、それをいやしんでいうかといわれればちょっと違うように思う。
それはどちらかといえば、情熱を抱くとか、興奮するという言葉を当てるのが適切ではないだろうか。



●言葉の意味は変わるもの。だけども・・・


言葉の意味はどんどん変わるものである。
本来と違う使われ方もする。
https://blogs.yahoo.co.jp/kabachan5555/34859523.html

それで通じるのだし、本来の使われ方した方が意味が通じなくなってしまうこともある。
言葉の力は案外強いもので、間違った使われ方が定常化すると、そちらの意味にすり替わってしまうことがままある。
今回の「劣情」も、人の心の微妙な機微を表すものなので100%こうだとはいい切れないものの、「情熱」に近いものに変わりつつあるのかもしれない。
いつものことだし大して問題ではないように思えるが、これに関してはあるように思うのだ。


劣情を情熱の意味と取り違えた結果、卑しむような感情が大っぴらにしてもはばかられない、もしくは逆に、そういう感情は隠すものだと考えてしまうのではないだろうか。
そうなると、外に出していいものと悪いものがごっちゃになり、自分の感情が情熱なんだが劣情なんだかわからなくなってしまうと思うのだ。


仮にポニーテールを禁止したところで、他のものに劣情を抱くだけである。
学校でも、これを好機ととられて、言葉の使い方、心の機微なんてものを教えればいいと思う。
むしろペーパーテスト用の勉強よりも意味のある勉強ではないだろうか。

IMG_5948

余談だが、ポニーテールという言葉は絶妙だと思う。
ホーステールとかいわれてもかわいい感じがまったくしないwww
誰が考えたか分からないけども、素晴らしいネーミングだ。
劣情を誘う!!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ