いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

バニラ・エアの奄美空港での車椅子搭乗不可で自力で階段を登らせた事件を考える

半身不随で車椅子の男性が奄美空港から関西国際空港行きのバニラ・エアを利用した際、搭乗タラップを腕の力で自力で登らされる自体が起きた。
事のあらましはコチラ。
http://www.asahi.com/articles/ASK6X2C04K6XUBQU007.html


ツイッターを見てみると、件の男性はクレーマーで以前から度々この手の事件を起こしており、事前に連絡をしないのが悪い、とか、設備を用意していなかったバニラ・エア側に落ち度がある等、意見が二分している。
バニラ・エアの規定では、車椅子で搭乗する場合は5日前までに事前連絡することになっていたが、奄美空港への車椅子用階段昇降機は7月導入予定となっており、事前通知があったら搭乗は断っていたという。
車椅子用階段昇降機は事件後前倒しで導入されたという。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/28/vanilla-air_n_17315034.html


事件が起きたのは帰りであり、行きは介添人と助けで搭乗できた。
だから、男性がこの時点で取り得た行動は、無理やり乗るか、車椅子でも搭乗できる航空会社の便に変更するかしかなかったことになる。


飛行機は電車やバスよりも厳しい安全規制が適応されている。
90秒ルールなんて、この件で調べてみて初めて知った。
http://www.weblio.jp/content/90%E7%A7%92%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB



もちろん火災だけでなく、何かあったら落ちる飛行機では、電車やバスよりも厳しい規定が適応されるの当然である。
なぜ車椅子の方は事前連絡が必要かはコチラのブログがわかりやすい。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2918


確かに今回バニラ・エアにも落ち度はあったし、男性の行動も強引だった。
でも私はあえていいたい、そんなの関係ない、と。
なんで弱者(身障者)が強者(健常者)に気を使わなければいけないのか。
普通逆であろう。
上に飛行機は特別だと書いたが、車椅子でバスに乗れるようになるまでにも激しいやりとりがあったという。
https://matome.naver.jp/odai/2146175068754745101


こんなふうに自分の強く自分の主張をする人がいることで他の身障者の肩身が狭くなるというツイートもあったが、過去を見るとそういう人がいなかったら未だに車椅子でバスに乗ることもできなかったのかもしれない。
無理やり飛行機に搭乗することで他の人の安全を脅かす危険もあったわけで、男性の行動を100%肯定する気はないけども、事前連絡がなければ搭乗できないというのはやはりおかしいと思う。


それに、身障者が行動しやすい社会というのは健常者にとっても同様である。
その上こういうことは明日は我が身であり、人間事故や病気で(事故や病気じゃなくても、老化によって行動は困難になってくる)突然身障者になる可能性もある。
そうなった時に、身障者に鞭打ったことを後悔しても遅いのである。
すぐには無理でも、徐々にそういう方向に向かってほしいと思う。
パラリンピックのホスト国として、バリアフリーすら満足にできないのは悲しいことではないだろうか。

ヤフーショッピングのおすすめ順がお金を払うことで上位表示されることの何が問題なのか

ヤフーショッピングが、PRオプションという仕組みで出店者がヤフー側に広告料を払うことで実績に点数を上乗せし、おすすめの上位に表示されるように操作していたという。
おすすめの上位にくるように表示しながら広告と表示しておらず、消費者の判断を誤らせるとして問題視されているという。
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/51585352.html


まとめの一番上にあるように「おすすめ順なんかで買うもの決めたことないからどうでもいい 」と私もまさしくこれな上にヤフーショッピングを使っていないので本当に正直どうでもいいのだけども、広告料を払っておすすめの上位表示させることになんの問題があるのだろうか。
例えば実店舗であった場合、おすすめ商品というのは消費者の為というよりも店側の都合である。
売れ残りだったり利益率の高い商品だったりとその時々で変わるものの、それは店側の都合である。
お金を払って上位表示とそこまであからさまとまでは考えなかったけども、何らかの操作が入っていて普通ではないだろうか。


ヤフーショッピングだって非営利でやっているわけではないのである。
広告料を払ってくれるお店を優遇するのは当然ではないだろうか。
商品に広告料が乗って高くなってしまうのであれば、誰も買わないだけである。
今時底値なんて誰でも調べられるのだから、納得できる価格で買えばいいのではないか。
その手間を惜しむのであればおすすめ順に表示されたものを買えば良い。
多少価格に広告料が入っていてもそれは仕方のないことではないだろうか。



●グーグルの制裁金のよく分からない


EUは27日、独占禁止法違反で約24億ユーロ(約3000億円)の罰金を科すと発表した。
世界最大の検索エンジンとしての市場優位性を乱用し、傘下のショッピングサービスに不正な利益を与えたとしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000035-jij_afp-bus_all


この話もよく分からない。
グーグルも非営利団体ではないのだから、傘下の企業に有利な検索結果を表示してなにが悪いというのだろうか。
それが嫌なら政府が公明正大、その手の操作が一切ない検索エンジンでも作ればいいのではないだろうか。
私はそもそもそういうものだと思って使っている。


まあ、嫌なら使わなければいいんじゃない?というお話でした。
無料で使っててそりゃ言いっこなしじゃあないかと私は思うのだけども。

アウトプットしないとインプットが適当になることがわかった

最近ブログをあんまり更新できていなかった。
面倒くさかったというのもあるが、なんだかんだで時間がなかったのが原因だ。


そんな状態が続いた昨今、あることに気がついた。
ブログのネタ探しをしなくなり、ニュースも積極的に見ようと思わなくなった。
ちょっとおもしろいと思うことがあっても、どうせブログ書く時間ないしなあと思って適当に流してしまうのである。
だから、ニュースなんか見てても全然おもしろくない。
どうせ下らないブログなんだし、書いても書かなくてもいっしょだと思っていたのだけども、そんなところに差が出てくるとは思わなかった。


どんな下らないことでも書くという行為は、一旦自分の中に取り入れて整理しなくてはならない。
また、情報の補足の為に多少の調査は必要だ(もっとも、私の場合は主にネットだけども。たまに本を当たるが)。
重要なのは情報の整理だと思うのだけれど、私の場合、ブログに書くという目的がないとそれをやらないようだ。
整理しないから要る情報と要らない情報の仕分けもしないので、バカスカ入れるだけ入れて入る隙間がなくなって入らなくなってしまう。
と、そんなところだと思う。


不器用だとは思ってたけども、自分がそんなに面倒くさい人間だったとは思わなかった。


と、そんなことが書いてあるであろう本。
未だ積読なので中身は分からないけども。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

思考の整理学 (ちくま文庫) [ 外山滋比古 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/6/22時点)


td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ