いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

決着!!ミルクティー論争

ミルクティー論争と言えば、紅茶の本場、イギリスにおいて100年以上も論議されてきた問題である。
それは、ミルクティーを作る際、カップに先にミルクを注いでおくべきか、それとも紅茶かということだ。
ミルクに紅茶を混ぜるか、紅茶にミルクを混ぜるかと言い換えても良い。

長らく続いてきたこの論争、実は2003年に決着を見ている。
最も権威のある、英国王立化学協会が「ミルクが先」という結論を出している。
カップにミルクを入れておき、そこに紅茶を注ぐのが最良とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC

なぜか?

それは混ざりやすさと温度にある。
ミルクティーを作る際、普通はミルクよりも紅茶の方が多い。
少ないものに多いものを注ぐことで、速やかに混ぜることができる。

ミルクと紅茶が混ざっていない状態だと、ミルクが温度の高い紅茶に長く触れることになり、タンパク質の変性や風味の劣化が起こるという。
こうなると、ミルクの爽やかさは失われてしまう。

美味しいミルクティーはミルクが先!
お試しあれ。

ミルクティーには発酵度の高い茶葉が合うようです。




で、終われればいいのだけれど、ここで日本の持つ悲しき側面が浮かび上がる。

紅茶にミルクを注ぐと美味しくなるなくのは、タンパク質変性等によるものだと書いた。
つまり、紅茶を注がれる前はタンパク質変性が起きていないことを前提としているということ。
こと、日本でミルクティーを作るにあたっては、ミルクが先でも後でも変わらないと思う。
日本で一般的に牛乳として流通しているものは既にタンパク質変性が起きているからだ。

ご存知の方もおられると思うが、一般的に流通している牛乳には高温殺菌のものと低温殺菌のものとがある(中間くらいのものもあるが、今回は省く)。
高温殺菌では120℃で2秒、低温殺菌だと60℃前後で30分というのが一般的だ。

牛乳のタンパク質は75℃を境に変性を始めるという。
ということは、高温殺菌のものでは変性してしまっているということになる。
また、タンパク質の変性だけでなく、カルシウムなどの栄養素も身体に吸収されにくいものとなり、乳酸菌などの善玉菌も死滅してしまうという。
焦げ臭もする。
日本に流通している牛乳は、そんな言わば抜け殻のようなものがほとんだ。

このような殺菌方法が一般的になったのは「森永ヒ素ミルク事件」が発端とされている。
完全殺菌による安全神話(原発みたいですが)なのだそうだ。

高温殺菌と低温殺菌の牛乳は飲み比べてみれば瞭然。
低温殺菌のものはどこまでも爽やかで、まったくクセの無いクリームを飲んでいるかのように味とコクがある。
高温殺菌ではそれは失われてしまっている。

各社何とか製法とか、耳障りの良い言葉を並べて美味しさを謳ってはいるが、そんなもの、パッケージの裏を見て高温殺菌であれば排除だ。
大元がダメなのに外側だけ取り繕って良かった試しなんて無いからだ。

外国では、一般的に流通しているのは低温殺菌牛乳であるとのこと。
ミルクが先か、紅茶が先か、そういう論議の土台にすら乗れない日本は一体なんなのか。

タカナシ「低温殺菌牛乳」...

タカナシ「低温殺菌牛乳」...
価格:288円(税込、送料別)



そして一度は飲んでみたい特別牛乳。
どんな味がするのだろうか。


↓ こちらから知的好奇心を満たしてくれるブログへアクセスできます。

学問・科学(全般) ブログランキングへ

放射能とスーパーロボット大戦の意外な関係

放射線量とがんの発生リスクの話が出てくるたびに、自分はスーパーロボット大戦(略してスパロボ)を思い出す。
スーパーロボット大戦とは、歴代の様々なロボットやモビルスーツなどが出てきて、地球を攻めてくる敵を倒しているシミュレーションゲームである。

http://www.suparobo.jp/index.php

それと放射能に何の関係があるのか?


自分がスパロボをやったのはサターンが最後だったと記憶しているので今のことはよく知らないのだけれど、正直バランスが悪いといったらなかった。
ロボットはマジンガーZなどのスーパー系と、ガンダムなどのリアル系に大別され、スーパーは機動性は悪いものの、攻撃力と防御力が高く、リアルは機動性に優れるが装甲が薄い。
敵から攻撃を受けると命中率が表示されて戦闘に入る。

リアル系への命中率は低いので大概は攻撃をかわしてはくれるものの、一発食らうと致命傷となってしまう。
確率なのでどうしようもないのだが、命中率10%以下などであっても食らう時は食らう。
そして致命傷となる。
その時の絶望感と言ったらなかった。

この確率のもつ不合理さを、自分は勝手にスパロボ理論と呼んでいる。



この範囲の放射線量でしたらがんの発生確率は何%ですよとそこここに書いてはあるものの、それはならないかもしれないが、なったら致命傷を負う。
仮に発がん確率99%でもならないかもしれない。
重要なのは結果としての確率ではなく、それを導き出したデーター(裏付け)であろう。
あまり結果としての確率だけを重視していると、痛い目を見るような気がしてならない。

これは想像だけれど、3.11の震災は、想定外とは言っていても0%とはしていなかったのではないだろうか。
過去の地震を調べたという話も聞いているし、きっと数%くらいは考慮していたのではないだろうか。
でも、結果は・・・。


ちなに、何かしらのイベント(巨大地震など)が起こる前には、この確率に変動が生じるという。
例えばコイントスのように、何回も行えば裏表が出る確率は限りなく50:50に近くなるがこれにずれば生じる。

乱数発生装置をもってそれを地球規模で行なっているのが地球意識プロジェクトだ。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~metapsi/psi/3-7.htm

http://noosphere.princeton.edu/



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

心理学 ブログランキングへ

放射性セシウムを吸着するマスク!プルシアンガード

後で書くことの為に、以前のブログから転記です。


セシウムイオンを90%以上吸着できるマスクが売れている。
フタロシアニンとプルシアンブルーの不織布によってそれが可能という。
青色をしていて、ちょっとやりそうな雰囲気がある。

これから花粉の季節を迎えるが、それは放射性セシウムが付着した花粉であり、それらを吸い込まないことで体内被曝を防止できるとのこと。




だが、効果のほどは専門家でも意見が別れている。
私達が自然から受ける放射線量は、年間400マイクロシーベルトと言われる。

そして、放射性セシウムが付着した花粉を吸い込むことで新たに受ける被曝量は、年間1.68マイクロシーベルトだという。

自然に受ける放射線量に対して誤差の範囲で問題ないという意見と、それでも余計に受けることでリスクが上がるという意見とがある。
結局は自分たちでどちらかを選択するしかないわけだ。

全くもって専門家なんて役に立たないと思う。

それにしても、こういう空間線量計がこれだけ普及する国というのもどうかと思うのだけれど・・・。



結局このブログもこういう商品があるよという情報だけで何の役にも立たないのでありました。




一応参考までに載せておきます。

http://blog.livedoor.jp/darkm/archives/51326018.html



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

心理学 ブログランキングへ

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ