いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

紅茶の美味しい淹れ方

先にミルクティーについて書いたけれど、先にこっちを書くべきだったか。
http://yukyu.seesaa.net/article/250757981.html

さて、紅茶を美味しく淹れるということは、紅茶の成分を余すところ無く抽出しつつ、余計なものは出さないということになる。
それには、お湯の中で紅茶がジャンプしているように浮き沈みする、いわゆるジャンピングを上手に起こしてやることが鍵になる。

前提として、こういうジャンピングを起こせるようなティーポットは必須です。



ジャンピングを起こさせるには、お湯の中の酸素の量が多い方が良い。
お湯を注がれた茶葉が、お湯を吸って一旦沈むが、茶葉に大量に付着した気泡によって浮力を得、対流に乗って浮上することでジャンピングが起こる。
なので、いかに多く酸素を含むお湯を沸かせるかに美味しく淹れるコツがある。


お湯を沸かすとき、水をヤカンに高い位置から注ぐことで、バシャバシャと泡立たせて酸素を含ませる。

お湯は沸騰の手前、95℃くらいで火を止める。
これは、温度が高くなるにつれて酸素濃度が下がっていく為である。
酸素濃度は、95℃では20%、沸騰すると10%以下になってしまうという。

そして、ティーポットにお湯を注ぐときも、できるだけ高い位置から注ぐことでより多く酸素を含ませる。
ジャンピングが始まり、全ての茶葉が底に沈んだ頃が飲み頃だ。



そして飲むとき、スッキリとした渋みを味わいたければ65℃くらいで。
少し渋いのがお好みであれば60℃くらいまで温度を下げて飲むと良い。
これは、温度が下がるに従って、渋みを感じさせるタンニンと苦味を感じさせるカフェインが結合して大きくなっていく。
この複合体は、唾液や舌の上にある細胞と結合しやすい性質を持っており、結果より強く、長い渋みを感じることとなる。


それにして、イギリス人のアフタヌーンティーの文化は良い。
そういうのに縁遠そうなトップ・ギアの面々も紅茶を飲んでいるシーンが結構ある。
http://www.bsfuji.tv/topgear/


一度で良いから、ファーストフラッシュでアフタヌーンティーなんてやってみたいなあ。


村松健CD「おいしいお茶の入れ方」廃...

村松健CD「おいしいお茶の入れ方」廃...
価格:2,980円(税込、送料別)



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

心理学 ブログランキングへ




水道管の凍結防止は水を無駄にするのとせめぎ合い

今年の冬は特に寒く、普段ならばそんなことはありえない南国の方でも水道管が凍結している。
地球温暖化はどこに行ったんだと思いたくなるが、温暖化すると寒い所はより寒く、暑いところとはより暑くなるそうなので、確かにその通りになっているとも言える。

北国も北国、北海道などでは、この時期は水道管の水を抜いてしまうという。
確かに北海道では水を抜いておかないと水道が出ないでは済まず、水道管が破裂してしまうだろう。
水の膨張率恐るべし。
というか、凍ると堆積が増える水の異常な性質のせいなのだけれど。

北海道では使えないけれど、水を出しっぱなしにすることで凍結防止をしているという地域の方にはこれをオススメしたい。


サーモエレメントを搭載しており、周囲の温度が低くなってくると水を流し、水が流れることで温度が上がると自動で止めてくれるという優れ物。
凍結防止で水をチョロチョロ流しているという方は試してみてはいかがだろうか。


昔工場務めをしていた時は、この時期凍結防止の為に、いたるところに設置してある工業用水と蒸気のラインの末端を開けて回ったものだ。


↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

心理学 ブログランキングへ

決着!!ミルクティー論争

ミルクティー論争と言えば、紅茶の本場、イギリスにおいて100年以上も論議されてきた問題である。
それは、ミルクティーを作る際、カップに先にミルクを注いでおくべきか、それとも紅茶かということだ。
ミルクに紅茶を混ぜるか、紅茶にミルクを混ぜるかと言い換えても良い。

長らく続いてきたこの論争、実は2003年に決着を見ている。
最も権威のある、英国王立化学協会が「ミルクが先」という結論を出している。
カップにミルクを入れておき、そこに紅茶を注ぐのが最良とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC

なぜか?

それは混ざりやすさと温度にある。
ミルクティーを作る際、普通はミルクよりも紅茶の方が多い。
少ないものに多いものを注ぐことで、速やかに混ぜることができる。

ミルクと紅茶が混ざっていない状態だと、ミルクが温度の高い紅茶に長く触れることになり、タンパク質の変性や風味の劣化が起こるという。
こうなると、ミルクの爽やかさは失われてしまう。

美味しいミルクティーはミルクが先!
お試しあれ。

ミルクティーには発酵度の高い茶葉が合うようです。




で、終われればいいのだけれど、ここで日本の持つ悲しき側面が浮かび上がる。

紅茶にミルクを注ぐと美味しくなるなくのは、タンパク質変性等によるものだと書いた。
つまり、紅茶を注がれる前はタンパク質変性が起きていないことを前提としているということ。
こと、日本でミルクティーを作るにあたっては、ミルクが先でも後でも変わらないと思う。
日本で一般的に牛乳として流通しているものは既にタンパク質変性が起きているからだ。

ご存知の方もおられると思うが、一般的に流通している牛乳には高温殺菌のものと低温殺菌のものとがある(中間くらいのものもあるが、今回は省く)。
高温殺菌では120℃で2秒、低温殺菌だと60℃前後で30分というのが一般的だ。

牛乳のタンパク質は75℃を境に変性を始めるという。
ということは、高温殺菌のものでは変性してしまっているということになる。
また、タンパク質の変性だけでなく、カルシウムなどの栄養素も身体に吸収されにくいものとなり、乳酸菌などの善玉菌も死滅してしまうという。
焦げ臭もする。
日本に流通している牛乳は、そんな言わば抜け殻のようなものがほとんだ。

このような殺菌方法が一般的になったのは「森永ヒ素ミルク事件」が発端とされている。
完全殺菌による安全神話(原発みたいですが)なのだそうだ。

高温殺菌と低温殺菌の牛乳は飲み比べてみれば瞭然。
低温殺菌のものはどこまでも爽やかで、まったくクセの無いクリームを飲んでいるかのように味とコクがある。
高温殺菌ではそれは失われてしまっている。

各社何とか製法とか、耳障りの良い言葉を並べて美味しさを謳ってはいるが、そんなもの、パッケージの裏を見て高温殺菌であれば排除だ。
大元がダメなのに外側だけ取り繕って良かった試しなんて無いからだ。

外国では、一般的に流通しているのは低温殺菌牛乳であるとのこと。
ミルクが先か、紅茶が先か、そういう論議の土台にすら乗れない日本は一体なんなのか。

タカナシ「低温殺菌牛乳」...

タカナシ「低温殺菌牛乳」...
価格:288円(税込、送料別)



そして一度は飲んでみたい特別牛乳。
どんな味がするのだろうか。


↓ こちらから知的好奇心を満たしてくれるブログへアクセスできます。

学問・科学(全般) ブログランキングへ
td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ