いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

雪に強い合掌造りの秘密

世界的な豪雪地帯である、富山県の五箇山と岐阜県は白川郷。
他に類を見ない合掌造りの集落は世界遺産に登録されている。

他に類を見ないと言いつつも、正直他の茅葺屋根の家と比べてちょっと屋根の角度が急なくらいだろうとしか思っていなかった。
でもそれは違った。


茅葺屋根の家の屋根は4面となっているが、合掌造りは2面である。

茅葺屋根
http://www.kayabuki.co.jp/

合掌造り
http://volex.biz/


合掌造りの家々は皆同じ方向へ向き、屋根には日中日が十分当たるようになっている。
雪を溶かす為の工夫だ。


雪かきは屋根に1mほど積もったら行うという。
そこまで積もると、ジャンボジェット1機分に相当する荷重がかかっているという。
普通の家なら潰れていると思うが、普通の木造住宅がなぜそんなにも強いのだろうか。

合掌造りの家は、住居部分と屋根は別々に作られている。
住居部分は大工さんがしっかりと作るが、屋根は地元の人たち、言わば素人が仕立てたものなのだそうだ。

まず、住居部分を作ったと、骨組みを立て起こすようにして屋根を作る。
その時、骨組みの先の支点となる部分を細く削っておくことで、作業がスムーズいくように工夫されている。
この尖っている部分を駒尻(こまじり)という。
http://kandahouse.web.fc2.com/2F.htm



そして起きた骨組みに茅葺屋根をかぶせていくわけだが、つまり、屋根は完全に固定されてはおらず、住居部分に乗っているだけとなっている。

そんなんで大丈夫かと思うが、それにより上から荷重は横へは逃げずに全て下へ向かうようになっている。
固定してしまうと横へ逃げてしまうそうだ。
木は上から力には強いが、横方向には弱い。

このような構造は言わば苦肉の策だということだが(屋根の骨組みを引き起こすための)、長年の経験から知っていたのではないかと思っている。


この冬は各地で記録的な豪雪となっている。
昔よりも雪に弱くてすぐにぶっ壊れてしまう家に住んでいるというのは一種の皮肉だろうか・・・。


富山県の五箇山へは一度行ったことがある。
駒尻とかを知っていれば是が非でも撮ったのに、惜しいことをした。
http://takanobu.me/?p=136

今度はぜひ雪の白川郷へ行ってみたい。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

可視光だけど目には止まらぬ可視光通信

新しい情報伝達の方法として、「可視光通信」というものがある。
可視光というくらいだから、ちゃんと目に見える光で無線通信を行うものだ。
光ファイバーを使うフレッツ光と混同しそうだけれど、両者は別物だ。
ある意味光通信には違いないのだろうけれど。


可視光通信はLEDができて可能になった技術である。
出力側は懐中電灯や普通の照明のように見えるものだが、1秒間に数百万回という目にも止まらぬ速度で明滅を繰り返している。
デジタルデータは0と1だから、光が消えた状態を0、点灯した状態を1として情報を送る。
これで100Mbps以上の速度で通信できるという。
明滅速度や受信機の性能向上によって、通信速度はもっと上げられることだろう。


用途としては、無線などの電波が使えない病院や、減衰されてしまう水中等。
また、あらぬ方向へ飛んでいく電波に対して、光の届いている範囲のみと、通信場所を限定しやすいことも挙げられる。

実際の可視光通信は大阪海遊館で見られるとのこと。
http://www.kaiyukan.com/index.html
ダイバーとお客さんとのやり取りに可視光通信を使っている。
どうみても懐中電灯を持っているようにしか見えないのだけれど(笑)


今後は受信機の小型化によって、持ち運びも可能になるだろう。




ところで、アバタール・チューナーだったかな。
太陽からの光に変な情報が入っていて、浴びると石になっちゃうって話は・・・。

【新品】PS2 ATLUS BEST COLLECTIONDIGITAL DEV...

【新品】PS2 ATLUS BEST COLLECTIONDIGITAL DEV...
価格:1,899円(税込、送料別)



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

攪拌革命。新しい形のミキサー

ミキサーなんて昔からずっとあるものにもまだ改良の余地があるとは思わなかった。
それが、通常の羽のものではない、球状のミキサーである。
http://www.eddyplus.co.jp/

球状でどうやって混ざるのかと思うかもしれないが、底と横に開けられた穴に秘密がある。
先が回転することで、遠心力により中の水がはじき出される。
と同時に、底から吸い込む力が発生する。
吸い込みながら吐き出すことで、水が効率良く混ざる仕組みだ。

今までのミキサーでは泡立ってしまった洗剤や、砂の水なのどの異物同士の攪拌も可能だという。
また、羽のミキサーでは、羽の上部にできる真空部分によってバチャバチャと跳ねる現象もこのミキサーでは起こらない。
そして非常に省電力だという。

こういう発明はスゴイ。
身近なものにも疑問を持つような柔軟な頭を持っていたいものだ。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ