いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

新東名高速道路、設計は120km/hなのに制限は100km/h??

4月14日、御殿場JCTから三ヶ日JCTを結ぶ新東名高速道路が開通する。
従来の東名高速道路の渋滞緩和を狙ったものだ。


●設計速度は120km/h

新東名高速道路は旧東名高速道路と比べてカーブが少なく平坦にできている。
詳しく書くと、旧東名のカーブの最小半径が300mなのに対して新東名は3000m。
旧東名の最大勾配が5%なのに対して、新東名は2%となっている。


それもそのはず、新東名の設計速度は120km/hとなっている(当初は140km/hで設計運用が検討されていたという)。
それでも依然として制限速度は100km/hである。
そこに違和感を感じざるを得ない。



●規制速度を100km/h以上にすると事故が増加する?

設計が120km/hであるにも関わらず、制限を100km/hとする根拠は、規制を100km/h以上とすると事故が増加するというものだ。
本当にそうだろうか。


道路上で一番危ないのは、絶対的な速度よりも相対速度、つまり速度差である。
皆が一様に一定の速度で流れていれば、それほど危険はない。
しかし、一段遅い車がいると流れが乱れて危険度が増す。


その流れを一番乱しているものが実は料金所であるという。
実際料金所近辺での事故が多い。


料金所を除いて速度差を生みやすいとのトラックである。
今トラックは最大速度が90km/hに規制されている。
乗用車が120km/hで走る中でトラックは90km/hで走るのはかなり危険であるように感じる。


そういう状況であるから、100km/h規制は仕方がないだろう。
完全に車線を分ける等の対策が無い訳では無いけれど、それは無理だろう。


●居眠り運転を危惧する

速度無制限で知られるドイツのアウトバーン(実際無制限で走れる区間はかなり限られているそうだ)。
さぞや良い道なのだろうと思いきや、けっこうカーブが多い。
制限速度の看板は日本のもののように生易しいものではなく、それを守らないと本当に飛び出してしまうとか・・・。


実はアウトバーンは、居眠り防止の為にわざとカーブを設けている。
もちろん危なくないよよう、徐々に曲率がきつくなり、出口では逆に緩くなっていくクロソイド曲線を用いて設計されている。


そこで新東名に戻ると、曲率が緩くてアップダウンが少ないと聞くと良い道だと思う。
しかし、たぶん走る方にとっては退屈ではないだろうか。
特に風景の見えない夜走りなんかは。
そして100km/hという制限速度。


退屈すれば眠くなる。
ハンドル操作が少なくなれば尚更だ。


居眠り事故が起きないことを祈るばかりである。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

日本に住んでいることはラッキーなのか?

フェイスブックでやりとりしているバングラデシュ在住の方に、あなたは日本に住んでいるからラッキーです、と言われた。
私は日本が大好きでのでラッキーだと思う、と返信したが、正直窮してしまった。


●日本に住んでいることは本当にラッキー?

バングラデシュは世界でも有数の貧民国として知られている。
現在は中国から逃げ出した製造工場などが建設され、高い経済成長が成されている。
ある意味今最も注目されている国である。


そんな国の人から見れば、日本は豊かで安全、とても良い国に見えることだろう。
確かにそのとおりではある。
でも、幸せかと言われると、私の答えはノーだ。


今の日本の豊かさは、臭いものに蓋をして、見ないようにしている結果にすぎない。
歪みは封じ込め続ければそのうつ爆発する。
そんな危ない足元の上に成り立っている砂上の楼閣にすぎない。


日本を心の底から好きだと言えるようになるにはどうすれば良いのだろうか。
一人一人が誰かの意見に阿ることなく、きちんと自分自身で考える必要に迫られていいるのではないだろうか。


バングラデシュの方とやりとりし、若干苦いものが残ったが、非常に考えさせられた。
このブログがとても参考になりました。
http://www.giftstotheearth.com/reports/bangladesh/post-15.html



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

無宗教は世界では特殊なのかあ?

フェイスブックで徐々に海外の方とやり取りする機会が増えてきた。
友達になると人によるけれど、けっこうメッセージをくれたりする。
それが普通なのか、それとも神秘の国の日本人を構いたいのか分からないけれど、拙い英語をGoogle先生に補助してもらいながら何とかやり取りができている。
トルコ語からヘブライ語まで何でもござれだ(笑)


●日本人と宗教

フェイスブックでやり取りする上で、最初の方に聞かれるのが宗教は何ですか?という問いだ。
フェイスブックというと何となくアメリカやヨーロッパというイメージが強いが、アジア諸国の方も多く登録されていて、私は仏教徒ですという方が多い。
たぶん仏教徒であること(仏教だけに留まらず)に誇りを持っているのだと思う。
共通の話題をというのもあるかもしれない。
でも、遠い国の人達と同じ宗教について語るというのは、スゴイことではないのか。


日本で仏教というと、絢爛豪華な生臭坊主というイメージが強い(少なくとも自分の中では)。
もし、自分が仏教を信仰していたとして、そんなものを誇って他の国の人達に語れるだろうか。
もしかしたら、それは無宗教という立場から見た、非常に狭い見方なのかもしれないけれど。


絢爛豪華であることがいわゆる清廉潔癖であることと絶対的に相反するものではないのは確かだろう。
でも、それをなかなか受け入れることができないのは、お金が神様という意識に毒されれている結果なのかもしれない。
そうありたくないと思うのは、本当のところは自分がそうなっているからに他ならないのかもしれない。


私は無宗教です(I am no religion)と返信するとき、なんとも言えない違和感が襲う。

【送料無料】池上彰の宗教がわか...

【送料無料】池上彰の宗教がわか...
価格:840円(税込、送料別)




↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ