いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

今は高反発の時代?マットレスに見る変遷

ちょっと前までテンピュール、枕やマットレスは猫も杓子も低反発だった。
ここに来て、今度は逆に高反発の枕やマットレスがもてはやされている。


●低反発がウケた理由

低反発の素材が体のラインに沿って自由に変形し反力を返しにくいので、圧力が一点に集中せずに血行をさまたげないとされる。
たしかに、体を柔らかく受け止めてくれる感覚は気持ちがいい。




●高反発がウケている理由

低反発素材は圧力が一点に集中しない反面、体が沈みこんでしまい寝返りがしにくい。
スムーズに寝返りがうてないことで、安眠を阻害するという。

エアウィーヴ四季布団...

エアウィーヴ四季布団...
価格:87,150円(税込、送料込)




●私の見解

低反発と高反発、どちらにも利点があり、それは相反する性質故にそうなっているのであって、両方取るということはとても難しい。
結局はその人の好みということに帰着しそうなので、私はもう一つの選択肢を提示したい。
それは「掛け布団の重さ」である。


スムーズに寝返りをうつことで安眠ができるようになるのは間違いない。
ならば、それを阻害する重い掛布団を軽いものにすることで、それは可能になるのではないだろうか。

羽毛布団とか、軽さの利点を寝返りのうちやすさでも売り込めると思うのだけれど、いかがでしょうか?


って、何だこの値段は!!?



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ




東京大空襲より67年

明日で東日本大震災から1年となる。
その影に埋もれがちだが、3月10日は東京大空襲があった日である。


私は空襲を経験したことはない。
祖母も東京にはいなかったので東京大空襲は経験してはいいないものの、戦闘機が来たら竹やぶに隠れた等、当時の話を聞かされた。


東日本大震災による、原発事故も東京大空襲も、人が引き起こしたということについてはどちらも人災だ。
戦争が終わり、便利にしたいと原発を作った結果がこれだ。
人間はどこへ向かおうとしているのか、最近つとに考える。
たぶん、どこへ向かいたいのかは分かっているのだ。
だけれどその方法が分からない。


先日のにほん風景遺産では薩摩半島の開聞岳を周遊する旅を紹介していた。
http://www.bs-asahi.co.jp/fukeiisan/prg_047.html

この地、知覧には特攻隊の基地があった。
特攻隊員の残した句がある。
「帰るなき機をあやつりて征きしはや 開聞よ母よ さらばさらばと」
涙が出た。


震災も戦争も原発ももうたくさんだ。


↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

フタバスズキリュウはどんな泳ぎ方をしたのか

日本で発見された水棲の首長竜に「フタバスズキリュウ」というものがある。
双葉層群玉山層入間沢部層から鈴木さんが発見したから、フタバスズキリュウというわけだ。


前回のぶらぶら美術・博物館で、国立科学博物館に展示してあるフタバスズキリュウの骨格標本を紹介していた。
その時、どんな風に泳ぐんだろうなあと考えていた。


思い出してもらえると、ああ、そうだなと思ってもらえるかと思うが、一般的に魚類やワニなどの爬虫類は尾を横にくねらせて泳ぐ。
例えば海蛇なんかもそうだ。


対して、イルカやジュゴン、マナティーなどの哺乳類は尾を縦に動かして泳ぐ。
人間だって例外ではない。


そこで世界で目撃される水棲のUMA(未確認動物:Unidentified Mysterious Animal)には縦にくねらせて泳いでいたという例が少なくない。
http://nsmysteryconnection.com/blog/2012/01/post-76.html


最近の研究では、恐竜には羽毛があり、爬虫類ではなく哺乳類だったという説もある。


というわけで、フタバスズキリュウがどんな泳ぎ方をしていたのか興味があるわです。





↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ